大学院に進学したときの就職への影響を徹底解説!

大学院への進学を検討している学生の方は、就職への悪影響が気になりますよね。特定の学問や分野を極めたいなど心が決まっていれば迷いは少ないかもしれませんが、就職先に迷っていたり、「もう少し学生期間でいたい!」「就職を先延ばしにしたい!」なんて考えていたりする場合などは迷いも大きいはず。そこで今回は大学院進学は就職に影響するかどうかを解説します。

大学院に進学したときの就職への影響を徹底解説!
目次

大学院に行くことで得られるメリットとデメリットとは?

まずは、なぜ大学院に行こうと思っているのか、大学院に行くことで得られるメリットとデメリットについて考えてみましょう。

研究分野への知識が深まり就職後に役に立つ場合も

就職を希望している企業や業界の分野の大学院に行く場合、大学院で学び、専門性を高めることが、より就職に有利になったり、就職後にも役立ったりする場合があります。「自分はこの業界でこの分野に携わりたい」としっかりと定めたうえで、その分野の学問を極めるために大学院に進学するのであれば、メリットしかないと考えられるでしょう。

学部卒よりも初任給が高いことが多い

大学院卒の学生は、学部卒の学生よりも初任給が高く設定されていることが多くあります。その企業の分野とは異なる学問を大学院で学んでいたとしても基本的には関係なく、「大学院卒かどうか」で初任給が変わってきますので、その分同じスタートで同じ業務をしている同期と給与面で少しだけ差をつけることができるのはメリットと言えるかもしれません。

就職先と無関係な院に行く場合はお金と時間がかかってしまうだけのことも

とはいえ、就職先が大学院進学に対し給与待遇を変えているわけではなかったり、専門性を求めていなかったりする場合は、大学院で学んだことを就職後に活かすことができず、大学院に進学した分のお金と時間が無駄になってしまうこともあります。大学院に進学する時点でどの企業を受けるか、どの業界に進みたいか決めていないことも多いとは思いますが、大学院進学は「なんとなく」なのか、自分にとってはお金と時間を費やしてでも必要なことなのかはしっかりと見極めておくことで後悔しないはずです。

院に行くべき場合、そうでない場合の違いは?

それでは、大学院に行くべきかどうでないかはどのように見極めるのが良いのでしょうか。自分の状況や希望・意思に合わせて考えてみましょう。

希望する就職先と進みたい院の研究内容が合致しているなら院に進むのが◎

もしもすでに就職を希望する業界や企業、分野などを決めている場合で、大学院で研究する内容がその就職を希望する先と合致しているのであれば大学院に進むことで得られるメリットが大きいので進学するのが良いでしょう。 もしそうでない場合であっても、自分の興味や関心として「この分野を極めておきたい」「この研究は学生生活の締めくくりとして行っておきたい」と考えているのであればもちろん大学院進学はアリです。

ただ就職から逃げるための「モラトリアム」期間としての院進学はNG

では大学院進学をしない方がいいのはどのような場合でしょうか。強い意志として自分の興味や関心としての「この分野を極めておきたい」の気持ちがなく、なんとなく「就職を先延ばししたい」「もっと学生として遊んでいたい」というモラトリアム期間を求めての大学院進学は避けた方がいいでしょう。時間とお金を無駄にしてしまうだけでなく、同級生よりも社会人経験が減ってしまうことは人生全体では大きな損失です。

目的をはっきりさせよう!

そのため、大学院に進学するかどうか迷っている場合は目的をはっきりとさせることが大切です。もしも自分がどうしたいのかわからない、就職と進学で迷ってしまうようであれば、一度就活してみるのもありかもしれません。就活の途中で、「やっぱり大学院で極めたい」と思えば戻ることも可能です。また、インターンに行ってみて、社会人経験を体験してみるのも良いでしょう。

面接で「なぜ大学院に進学したのですか」と聞かれても堂々と答えられるように

大学院に進学した場合、就職活動中に「なぜ大学院に進学したのですか」と聞かれることが多くあります。そのときに「なんとなく……」と回答しては印象が良くありません。明確に、なぜ自分は敢えて時間とお金をかけてまで進学したのかを堂々と答えることができるようにしておくことは必要です。

最後に

大学院進学には自分ひとりだけでなく、親やゼミの教授との相談も欠かせません。特に、親が進学のための学費を出してくれる場合などは、その親が納得する理由が必要です。「なんとなく」では学費を出してもらうことも難しいですし、なにより大学院進学のための試験に合格することは難しいでしょう。自分だけでなく周囲も説得できるだけの進学理由を明確にしておくことで、より自信を持って大学院に進むことができ、そして研究に没頭できるはずです。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ