東レ【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

東レの内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!

東レ株式会社はグループでの炭素繊維の世界シェア1位で約35%を占める大手炭素繊維販売企業です。
航空機用複合機の素材や風力発電の風車など、さまざまな分野で炭素繊維を供給しています。また、ファーストリテイリングと開発提携をしており、ユニクロに機能性肌着を供給しています。
設立は1926年で、従業員数は単独7,220名、連結46,248名(2017年3月末現在)です。

内定者のES一覧

東レ

東レ 2019卒,研究開発内定者エントリーシート

学生時代に最も力を入れて取り組んだこと(400字)

テニスサークルの部長を務めたことです。部長就任後の最初の仕事は、新入生の勧誘を取り仕切ることで、これが部長の仕事の中で最も苦労しました。理由は仕事内容が多岐にわたっていたためで、具体的には歓迎会や歓迎合宿、ビラ配りの準備や全体的な統率などがありました。新米部長でリーダー経験もなかった私にとって、この多大なタスク量をこなしつつ、部員をまとめることは大変で、最初はサークルを効率よく動かせませんでした。しかし、部長を務める内に、部員の個性や適性、モチベーションを考えずに仕事を割り振っていたことに気づき、それからは部員の能力を最大限に引き出すことを考えるようになりました。この点を意識しつつ、部員と力を合わせて勧誘を行うことで、最終的に前年比の約1.5倍もの新入生を獲得することができました。この経験から、リーダーとして大事なことは、他人を巻き込みつつ、人の良い部分を引き出すことだと学びました。

あなたが東レというフィールドで成し遂げたいこと(400字)

私には短期的な目標と長期的な目標があります。短期的な目標は、革新的な材料を開発することです。貴社には、古くから繊維業界を牽引しながら構築してきた強いコア技術があります。この技術に加え、私の長所である「集中力と粘り強さ」や大学で培ってきた高分子科学に関する技術や知識を活かすことで、これまでにない新素材を開発し、

東レ 2018卒,技術系内定者エントリーシート

研究テーマタイトル(50字以内)

マレーシアの森林における養分量の変化

研究テーマの概要(300字以内)

マレーシアではコーヒーが換金作物として多く栽培されており、栽培時は最初に森林を伐採する。森林伐採の直後は土壌中の養分の多くが下方へ溶脱する。養分が溶脱すると植物の生長に悪影響となり、森林劣化も促進するため環境負荷となる。しかし、伐採地でコーヒーを栽培するとその成長と共に落葉による土壌への養分投入、植物根による下方からの養分の吸い上げが起こり、徐々に土の養分量が回復する。この際、森林伐採後何年で元の森林と同程度に養分動態が回復するかを量的評価した。他の作物との比較も行い、コーヒー栽培による環境負荷の大きさを測った。この結果により、休閑を何年挟めば持続的栽培が可能かを解明する。

あなたなりのオリジナリティを発揮した点,画期的な点などを3つあげてください(それぞれ40字以内)

現地で栽培される他の主要作物と比較し、コーヒー栽培の利点を明らかにした点
コーヒー栽培に関して実際に何年の休閑を行うべきか、という量的研究を初めて行った点
養分量だけでなく、

東レ 2018卒,研究職・開発職内定者エントリーシート

研究テーマの概要(全半角300文字以内)
※研究テーマが未決定の場合は、これまでに力を入れた勉強テーマの内容を記入して下さい。

超音波を用いた微粒子分散液中の微粒子の物性評価を行っている。インクや化粧品に応用される分散液の粒子径分布や分散性といった物性は、発色や色むらに影響し、品質保証などの観点から解明が望まれている。その反面、分散液は濃厚であれば懸濁し、光学的手法では多重散乱などの要因で物性評価は困難を極める。そのため懸濁を避けるべく、希釈を経ての評価が現在の主流である。しかし、希釈により試料の元の状態と異なる恐れがある。そこで私は試料の懸濁に左右されない超音波を測定に用いて分散液の評価を行った。照射した超音波の透過測定から微粒子の弾性率や粒子径分布が、散乱波の時間依存性解析から運動性や分散性の評価に成功している。(299)

上記テーマで、あなたなりのオリジナリティを発揮した点、画期的な点など特に主張したい点を3つあげて下さい。(全半角40文字以)

従来の解析法では行えなかったナノ粒子計測の為の新解析法の提案をした。(34)

主張したい点(2つ目)(全半角40文字以内)

ナノ粒子計測の為に信号の伝達ロスを最小限にする為の測定法の開発を行った。(35)

主張したい点(3つ目)(全半角40文字以内)

研究スピードの促進をはかるために、

東レ 2017卒,総合職内定者エントリーシート

・あなたが自覚している自分自身の強みに近いものを以下から2つ選択し、それぞれについて学生時代の取り組みや経験から説明してください。(各全角350字以内)
キーワード:『バイタリティ』『粘り強さ』『チャレンジ精神』『リーダーシップ』『チームワーク』『極限追求』

■選択したキーワードについて、学生時代の取り組みや経験から説明してください。(全角350字以内)リーダーシップ

私は責任者としてテニスサークルの新歓活動に取り組みました。私のサークルではどの新入生に入って欲しいかについて話し合う「新歓会議」を毎晩行っていました。しかし、女子大部員が議論に参加せず、結果的に男子部員の意見だけで意思決定が行われるという問題がありました。その原因は、彼女達の当事者意識が欠けていたことにあると考えました。そこで当事者意識を根付かせるため、会議内外で彼女達に積極的に意見を求めるようにしました。チームの一員だと思ってもらうために意見を聞き、それを積極的に採用するようにしました。この結果、彼女達は主体的に意見をしてくれるようになり、よりサークルにあった新入生を入れることができました。この経験から、主体性を引き出すためにはメンバーの意見を尊重することが大切だと学びました。

■選択したキーワードについて、学生時代の取り組みや経験から説明してください。(全角350字以内)チャレンジ精神

初心者ながらテニスでレギュラーを目指しました。私の所属していたテニスサークルはその半分をテニス経験者が占め、初心者がレギュラーになることはほとんどありませんでした。しかし、同期に負けたくないという思いからレギュラーを目指しました。そのために練習の主軸としていたのは、課題の発見と克服を繰り返すことです。定期的に格上の相手と試合をして自分の課題を発見し、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ