ゼンショーホールディングス【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

株式会社ゼンショーホールディングス内定者のエントリーシート

ゼンショーホールディングス 2021卒,研究開発職内定者エントリーシート

得意科目、または力を入れた科目(500文字)

生命科学部で遺伝子やタンパク質、人の病気に関する授業を履修していました。その中で、病気と病気の治療に興味を持ち、力を入れて取り組みました。現在は〇〇研究室に所属し、心臓の再生医療分野の研究に取り組んでおり、iPS細胞から作られた心筋細胞を成熟させる研究を行っています。 iPS細胞はすべての細胞になることができる細胞であり、治療困難な病気に対する新しい治療法や病気の研究のためのモデル細胞としての応用が期待されています。しかし、iPS細胞から作られた細胞は細胞の成熟度が低く、胎仔の細胞のような未熟細胞であるため、治療の際に十分な治療効果が得られないことやiPS細胞を用いて病気を再現できないことにつながってしまうことが課題とされています。私は〇〇という新しい技術を応用し、〇〇が生じる特殊なiPS細胞を作り、心筋細胞を成熟させる方法を試みています。心臓が子供から大人へと成熟する過程では〇〇が重要であると言われていることに着目し、〇〇が生じるiPS細胞から心筋細胞を作り、〇〇させることによる細胞の成熟効果について検証しています。

自己PR・私の特徴(200文字)

私の強みは問題点を把握し解決に向けて行動する課題解決力です。 学部時代に生協店舗の新商品提案に挑戦しました。長年売れ続ける商品を提案するため、生協店舗の抱える課題の把握と解決につながる商品の考案に注力しました。そして店舗に〇〇のような食品が存在しないことから、〇〇の導入を提案し、商品の導入および三年以上の継続的な販売を達成しました。目標のために必要な戦略を考え、目標達成に導く力を身につけました。

学生時代に力を注いだこと、またそこから学んだこと(300文字)

学生時代に研究活動、特に新しい実験系を確立することに力を注ぎました。私の研究は新しいテーマであり、実験を行い、結果を出すためにやるべきことが人一倍多く、効率的に、素早く行う必要がありました。そのため、

ゼンショーホールディングス 2020卒,総合職内定者エントリーシート

得意な科目は何か

英語です。小学生の頃から英語を学んでおり、幼いころから外国人との会話に挑戦することが好きでした。高校では英語科に所属し、授業以外でも自主的に毎日英語に触れていました。資格取得や留学を通じ、英語力やコミュニケーション力を高めてきました。

あなたの強みは何か

私は、一度取り掛かったことはとことんやり遂げます。小学生の頃から約10年間剣道を続けました。その間、剣道を辞めたくなる要因にたくさんぶつかってきました。しかし、それらを乗り越えてきたからこそ今の自分は、困難が立ちはだかっても動じません。剣道で培った「最後まで続ける力」があったからこそ成果を出してきました。この強みがあるからこそ、揺るがない気持ちで根気強く仕事に取り組むことができると考えています。

大学生時代に頑張ったこと

新入生が大学生協を通じて新生活の準備をする新入生サポートセンターで学生リーダーとしての役割に注力しました。課題は総勢21人の学生スタッフの疲れでした。サポートセンター業務は準備、研修を含め半年以上にわたるため、


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加


小売・外食・サービス業界のES(エントリーシート)の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ