フューチャーアーキテクト【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

フューチャーアーキテクト

フューチャーアーキテクト 2020卒,ITコンサルタント内定者エントリーシート

ご自身が注力した作品について教えてください。 (研究内容、自主制作物、ハッカソン成果物、Githubなどのソースなどなんでも可)

研究内容を書いた

インターンシップの経験や実績について企業名、業務内容、期間などをご記入ください。

企業名を具体的に挙げて経験を書いた

興味のある分野について教えてください。

クラウド分野に興味があります。「しゃべるバス停」の開発経験から、

フューチャーアーキテクト 2020卒,アーキテクトタイプ内定者エントリーシート

研究内容 800字

タイトル:DNN(Deep Neural Network)によるHDR画像生成 HDR画像は、Dynamic Rangeという画素における明るさの幅の値が大き(High)な黒潰れや白飛びが少ない人間の見たように表現できる高品質な画像である。しかし、複数枚の撮影には手ブレや手間が生じ、被写体が動くといった撮影の難しさがある。DNNを用いて、HDR画像の生成を行うことできれば、それらの問題を解消し、手軽に画像を取得できる。HDR画像は、医用画像や車載カメラ、芸術作品など多岐に渡り撮影され、普及することでより画像コンテンツを充実できると考えている。 私は、このような背景から、DNNを用いて複数枚から生成されるHDR画像を一枚のLDR画像(L:Low)から生成する手法を行った。一枚のLDR画像からHDR画像を生成するには、従来手法として、少し暗く撮影されたLDR画像を暗部のノイズ除去を行いながらコントラスト強調を行うことで得られる。この際に、暗い画像を無理やり明るくする操作を行うため、HDR画像とは異なる色味やノイズが生じる。DNNの学習を行うため、入力データを一枚のLDR画像、正解データを複数枚からなるHDR画像とし、入力が正解に近づく学習(DNNのパラメータを調整する)を行う。学習として、出力画像を正解画像に近づけるようなパラメータを計算するだけでなく、中間の層において正解画像の特徴に近づく学習を行うことで、HDRの特徴(色味や黒潰れ白飛びが少ない)を持った出力画像が得られた。 HDR画像:高ダイナミックレンジ(High Dynamic Range) の略である。画像におけるダイナミックレンジとは、1 画素における値の幅のことで最高輝度と最小輝度の比で表せられる。通常のJPEG やPNG などのカラー画像では、8 ビットでRGB 各256 階調(0~255) のダイナミックレンジを持つが、HDRI ははるかに大きい。ディスプレイやカメラが持つ輝度情報は、このHDR よりも低いためその輝度を超えた場合には白飛び、下回った場合には黒潰れが生じる。 DNN:人間のように音声・物体認識などのタスクをコンピュータに学習させる機械学習手法の一つである。機械学習はデータから反復学習を行い、学習結果を法則化し、特徴を分析することで結果を得る。DNNは、その学習をより高性能に行える技術である。仕組みとして、人間の脳内にある神経細胞構造を数式的なモデルにしたシステムを多層にすることで、特徴を段階的に学習できる。

参加したインターンシップの内容と会社

某印刷株式会社:ブロックチェーンを用いたサービス案検討・開発 サービス案として①フリーマーケット②勤怠管理にブロックチェーンを用いることでサービスを提供する案を製作した。 ①フリーマーケットは、不要になった商品などを個人間で売買することで具体例としてメルカリなどが挙げられる。このような仕組みには、商品を送るまたは受け取りの虚偽や場の提供・個人情報管理を管理するための手数料が発生する課題があり、発送商品の追跡や代金の支払いにブロックチェーンを用いることで商品追跡とセキュリティー能力の向上というメリットが得られると考えた。 ②勤怠管理は、勤怠を管理する人による労働時間の改ざんの可能性があり、ブロックチェーンを用いることで労働者の勤務時間を一個人(経営者等)に改ざんされなくなる。このシステムを仮に導入するにあたり適切な労働時間の管理が行われるようになるため、

フューチャーアーキテクト 2018卒,SE内定者エントリーシート

貴方らしさが最も現れた出来事を小学校、中学校、高校生、大学生の各年代順に簡潔に書いてください。(800文字以下)

小学生の頃、私は水泳、空手、柔道、英会話、体操を習っていました。少しでも興味を持ったらとりあえず突っ込んでみるといった小学生時代でした。 中学に入学してからはソフトテニス部に入部し、部活中心の生活を送りました。また、遊戯王というカードゲームにも熱を注いでいました。遊戯王は大人の遊びと言われる程、奥が深くとても頭を使うゲームです。私は大人も参加するカードショップの大会に3回出場し、2回優勝した経験があります。この頃から頭を使うことは好きでした。そして、「共学、ソフトテニス部が強い、家から近い、大学附属」といった条件で、母校である中大杉並高校を目標とし、AKBの動画を息抜きに受験勉強に精を出しました。目標を明確にし、リラックスしながら取り組めました。
高校に入学してすぐ、私はソフトテニス部でレギュラーになりました。しかし、公式戦で結果を出せず、2年の時にレギュラー落ちを経験しました。録画した自分の試合を観ると、プレイ中のフォームの軸がぶれていることに気づき、自主練として体幹トレーニングを毎日続けました。基礎を固めたことでプレイに迷いが生じなくなり、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ