大学生にオススメの暇な時間の使い方

大学生になってから時間を持て余すようになってはいませんか?大学生は必修科目などの制約はありますが、自由に時間割を組むことができます。授業を午前中だけにしたり、授業が一つも入っていない日を作ったりと様々なパターンがあります。
自分で時間割を組むことで、自由に使える時間が増えます。サークル活動をしたり、友人と遊んだりなど時間の使い方は人それぞれですが、それでも暇だという人もいると思います。
今回は、そんな暇な大学生におすすめな時間の使い方をご紹介します。

目次

アルバイト

「時間はあるけどお金がない」という大学生は多いと思います。友人と遊んだり、サークルや飲み会、旅行にいったりと様々なイベントでお金を消費して金欠になる大学生が多いです。親からお小遣いをもらえる人もいますが、それだけでは足りないという人もいますし、大学生になるともらえなくなる人も多いでしょう。
そんな大学生は、まずはアルバイトをしてみましょう。定番の飲食店やコンビニでも新しい経験ができますし、塾講師や模試の試験監督など高校生では出来なかったアルバイトもできるようになります。
バイト仲間と仲良くなって遊んだり飲みに行ったり、そこから恋に発展して恋人が出来れば、新たな時間の使い方が見つかるかもしれません。
ぜひ自分に合ったアルバイトを探してみてください。

読書、映画・ドラマ鑑賞

高校生活は部活動で忙しく、部活を引退しても受験勉強で忙しかった人が多いでしょう。中には見たかったドラマや映画などを録画はしたけども、忙しさを理由に見るのを断念した人もいると思います。
大学生活の4年間は多くの人にとって、就職前にまとまった自由時間が取れる最後の機会です。見たかったドラマのシリーズや映画を一気に見たり、好きなドラマの原作の本を読んだりなどしても面白いと思います。

旅行

大学生になるまでは、修学旅行や家族旅行でしか旅行に行ったことがない人もいます。大学生は約2ヶ月もの春休みと夏休みがあるので、その期間に友人と国内・国外旅行に行ってみてはいかがでしょうか。
旅行会社が斡旋しているツアーに参加するのも一つの手段ですが、時間に余裕のある大学生ならばツアーに参加せずに自分で行先などの計画を立てるバックパッカーをしても面白いです。ガイドがいないため、地元の人と自分の力で会話をする必要があり、その経験が英語などの語学のスキル向上に役立つこともあります。ただし、場所によっては治安や感染症などに注意する必要があるので、入念に下調べをすることをお忘れなく。

食巡り

高校生までは、弁当を持って行くか学食・コンビニなどで昼食を済ませ、部活や塾が終わり次第帰宅して夕食を取ることが多いため、外食する機会が少なかったと思います。
活動範囲も広がった大学生ならば、暇な時間に食巡りでグルメ探求するのも時間の活用方法の一つです。
長時間並ぶような人気店に行くだけでなく、地元や大学の最寄り駅周辺の飲食店を開拓するのも面白いと思います。お気に入りのお店を見つけたら友人と共有したり、通ってお店の人と仲良くなったりしてみてもいいでしょう。

運動

適度な運動は健康な生活を送るうえで大切なことです。体育が必修科目でなくなるため、部活動や運動系のサークルに入らない限り、ほとんどの人が運動の機会が減ります。食生活も乱れがちになる人が多く、そのまま太ってしまうケースもあります。そうならないためにも運動することは非常に重要です。
大学の運動系サークルにはスカッシュやカバディなど高校の部活動にはなかったスポーツがあり新しいスポーツに挑戦するいい機会です。また、スポーツだけでなく登山やダイビングなどの新しい趣味を開拓したり、ジムで筋トレして肉体美を追求してみてもいいと思います。

勉強

大学の授業で勉強をするから、暇な時間に勉強することに対して抵抗を覚える人もいると思いますが、自分の趣味の分野の勉強や、将来に役立つ資格の勉強をしてみるのもオススメです。

趣味の勉強

自由な時間に大学では学べないような趣味の勉強をしてみるのも一つの手だと思います。趣味の勉強の一例としては、料理や釣りなどがあります。調理方法や釣り方などを勉強すれば、趣味に活かせたり、新しいものに挑戦する楽しさを味わったりすることができます。暇な時間を自分の趣味の知識を蓄える機会に利用してみてはいかがでしょうか。

資格の勉強

大学によっては、資格試験の受験料を助成してくれるところもあります。無料で受験できるものもあるのでこれを機に資格の勉強をしてみてもいいと思います。
また、TOEICやTOEFLなど就活や留学に有利になる資格の勉強をして自身のスキルアップを図ることも可能です。

インターンシップ

インターンシップは大学生が就職前に企業で就業体験をすることです。インターンは就活や勉強のために3、4年生がするというイメージがある人もいますが、給料が出るところもあるので、バイト代わりにインターンをする人もいます。初心者歓迎のところや特別な知識やスキルを必要としないところもあります。お金を稼ぎながら社会勉強できるインターンに挑戦するのもいいと思います。

インターンシップを探す

最後に

いかがでしたでしょうか。暇な時間の使い方の参考になれば幸いです。
大学で過ごす4年間は長いようで短いです。悔いのないように様々なことに挑戦してみてください。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ