東洋製罐の就活本選考体験記(2022年卒,総合職)

東洋製罐株式会社の就活本選考体験記(2022年卒,総合職)です。先輩の体験記を参考にして、就活を有利に進めましょう!

就活本選考体験記一覧

会社名東洋製罐株式会社
部門(職種)総合職
卒業予定年/卒業年2022年
内定(内々定)が出た時期大学3年生の3月(2021年3月)
就活本選考体験記

選考フロー

座談会→エントリーシート・webテスト→面接2回

説明会

参加時期

2020年12月

形式、選考への影響、感想など

参加すると早期選考に乗ることができ、面接も2回のみ。

エントリーシート

提出時期

3年生の2月

提出方法

マイページから提出 回答を入力

設問、文字数

ゼミに入っている方:ゼミで学んでいることのテーマ(字数制限なし)
ゼミに入っている方:ゼミで学んでいるテーマについて(字数制限なし)
学生時代に力を注いだこと(全角400文字以内)/自己PR(全角400文字以内)/志望動機(全角400字以内)

結果連絡の方法、日数

2週間以内

留意したポイント、アドバイスなど

企業のHPを見て商材等をよく理解した。その上でどのような働き方や業務になるかをイメージをつけながら書いた。

筆記試験

受験方法

自宅でWebテスト受験

内容や難易度

SPI(能力検査と性格検査)

結果連絡の方法、日数

メールで1週間以内

一次面接

同時に面接を受けた学生の人数

1人

面接官の人数、役職など

3人。グループ会社の部長等。

時間

30分

質問内容や進め方

最初に人事社員と軽く雑談し、

その後部長の方々がいらっしゃるブレイクアウトルームに一緒に入る。人事からの質問はなく、部長の方々から順番に質問される。質問内容はガクチカや志望動機といったオーソドックスなものから、海洋プラスチック問題についてどう考えるかやあったら良いと思う容器について等、様々な質問があった。

雰囲気

終始和やかだった。環境問題についての質問は少し戸惑ったが、あまり詰められることはなかった。

留意したポイント、アドバイスなど

最初の面接からいきなり部長なので緊張したが、自信を持ってハキハキ話した。

結果連絡の方法、日数

4.5日以内

二次面接(最終面接)

同時に面接を受けた学生の人数

1人

面接官の人数、役職など

4人。役員。

時間

30分

質問内容や進め方

1次面接と同様で、まず最初に人事と軽く雑談し、その後人事社員と一緒にブレイクアウトルームに入る。その後、役員から順番に質問を受ける。内容はコロナ禍で生活がどのように変わったか、人と衝突した際にどのように対処するか、あったら良いと思う容器について、アルバイトで大変だったこと、なぜ部活動に入っているのか、他社選考状況等である。

雰囲気

和やか

留意したポイント、アドバイスなど

志望度の高さをアピールした。また、聞かれるであろう質問に対して事前にプレゼン資料を用意し、実際にそれを使って説明した。

結果連絡の方法、日数

3日以内

内定後

同じ部門の内定者数は何人くらいか

辞退したので不明

内定後の拘束状況

納得のいくまで就活を続けて良いと言われた。

OB訪問

内定先企業にOB訪問したか

しなかった

インターンシップ

内定先企業のインターンに参加したか

参加しなかった

この企業の選考全体を通して

企業研究をどのように行いましたか?

日経電子版やNewsNewspicksを元に企業研究を行いました。

選考で重視していたと思われる点は何ですか?

社風にあっているかどうか(人柄)と企業理解だと考える。

この内定先の社員や内定者にはどんな人が多いと思いますか?

かなり穏やかな人が多いと思う。

おすすめの選考対策、アドバイスがあれば教えてください。

興味があれば説明会や座談会に参加した方が選考を有利に進めることができると思います。ニッチな業界ではありますが、日常生活に不可欠なので日頃から意識して身の回りの商材に目を向けてみると良いかもしれません。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
東洋製罐株式会社に関する情報


メーカー業界の就活本選考体験記の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ