就活中のネイルの注意点と好印象を与えるおススメネイル紹介

「就職活動中やインターン中であっても指先のオシャレに手を抜きたくない!」「いつでもおしゃれをして女子力を高めていたい!」と思っている就活中の女子は多いでしょう。

就活中にネイルをしていると、「印象が悪くなるんじゃないか」「選考にひびくのではないか」と、不安に思うこともあると思います。でも、デザインや色などの注意点を踏まえていれば就活中やインターンの間もネイルを楽しむことが可能なんですよ。

ここでは、就職活動やインターンに参加する際にネイルはどこまで許されるのか、どのようなネイルであれば好印象になるのかをご紹介します。

ネイル
目次

企業によってはネイルがNGのところも

金融・公務員

公務員や金融などのお堅い職種の場合、インターン中はもちろん、就職活動の面接であってもネイルをしていることで印象が悪くなってしまうことがあります。就職後も、ネイルはNGな職場が多いので、説明会や面接時もネイルはしないようにしましょう。

飲食・医療系

飲食関係の企業の場合店頭に立つ可能性のある職種であれば、どんなに清潔感のあるネイルでも禁止されていることが多いです。飲食の接客では、ほとんどがネイルはNGで、短く清潔感のある爪が鉄則。医療系など衛生面に気を使う職場でも、ネイルは禁止されていることが多いようです。

企業風土や文化をチェック

ネイルを禁止していなくても、社員の年齢層が高い企業ではネイルをすること自体に疑問を感じる方が多いのも現実です。面接官やインターン先で接する方に年齢が高めの方が多そうだと感じたらしないでおいたほうが無難でしょう。

ネイルOKな業界であっても注意すべきこととは?

前述以外のネイルがOKな業界の場合であっても、就職活動中やインターンに参加する場合のネイルは注意が必要です。自分ではおとなしめのネイルにしたつもりでも、相手には「派手だ」「不潔だ」という印象を与えることもあります。具体的にどのような点に注意をしなければならないのか見ていきましょう。

爪の長さは短め

まずは爪の長さです。爪の長さについては就職活動中やインターンに参加する際には、ネイルをしていない場合であっても共通して気を付けなければならないことです。特にジェルネイルなどで長さを出すことのある方は注意をしましょう。

爪が長すぎると不衛生に見えてしまいます。年代によっては、「爪が長い=ギャル」というように不真面目な印象を与えてしまいかねません。具体的なチェック方法としては、手のひらの側から見て、爪の先が指先からはみ出て見えない長さが理想です。

ネイルの色はナチュラルが基本

次にネイルの色についてです。自然な爪の色に見えるような、ベージュに近いピンクや薄い桜色程度のピンクを選びましょう。ネイルの種類によってはツヤツヤとし過ぎてしまうものもありますが、目立ちすぎてしまうのでおすすめできません。

マットな質感に近いもので素爪から浮きすぎないものを選びましょう。流行のベージュやグレージュ系も目立ちにくい色味ではありますが、大学生にはあまり似合いません。疲れて見えてしまったり、老けている印象を与えてしまう可能性があります。

ストーンやラメなどは避けよう

どんなに地味なものでも、ストーンやラメをネイルに乗せることは避けましょう。一見ラメ入りに見えないタイプのネイルであっても、よく見ると細かなラメが入っていることがあるので注意が必要です。

目立たないようで、実は太陽の光などで反射したり、近くで見るとキラキラすることもあるので、全くラメの入っていないものを選ぶことをおすすめします。店頭で購入する場合には蛍光灯などに透かしてみて、細かいラメが入っていないかを確認してから購入しましょう。

就活中のネイルはどこまでOK?

就活やインターン中のネイル、色やデザインなどどこまでなら大丈夫なのでしょうか?

クリアネイル

トップコートやクリアジェルなどをうすく塗るのはOKです。ツヤが出て、爪の表面もきれいに見えますし、爪の保護にもなるので手元をきれいにキープすることができますよ。しかし、長さを出したり、透明のスカルプなどをつけるのはおすすめしません。

OKなデザインは?

個性的なデザインや、スタッズなどをつけるのはやめておきましょう。フレンチも就活にはふさわしくありません。ネイルがOKな業界・企業であれば、薄いピンク系のグラデーションなどがいいでしょう。

ジェルネイルやスカルプネイルはNG

ボリュームがあり、派手な印象を与えるジェルネイルは就活ではNGです。ジェルネイルは1度つけると、オフにも時間と手間がかかり簡単にはとれません。無理やり剥がすと、自爪が傷ついて見た目も悪くなってしまいます。就活中やインターン中は、長さを出すスカルプネイルなども避けるようにしましょう。

フットネイルは?

ネイル好きな女子は、足元のネイルも欠かしたくないことでしょう。ハンドと違って、フットネイルは靴を履いてしまえば見えないので問題ありません。ネイルが好きな方は、就活中はハンドネイルができない分、フットネイルを楽しむようにするのがいいでしょう。

おすすめネイルの紹介

それでは具体的に、就職活動中の面接やインターンなどでも使用可能なおすすめのネイルをご紹介します。

Parado(パラドゥ)『ネイルファンデーション ピンクオークル』

なんとコンビニでも買える商品で、540円と安価なのも嬉しいネイルです。色味は2種類ありますが、特にピンクオークルはほんのりと清潔感のある色でおすすめ。日本人の肌になじみやすい色味なので、就職活動中にも目立つことはありません。

インターンなど手元を見られる機会の多い場でも好印象を与えることができるネイルです。
ひと塗りでしっかりと色味がつくので、「何度も重ね塗りしているうちに目立つ濃さになってしまった……」ということもありません。

ettusais(エテュセ)『ジェルカラーコート PK1(桜貝ピンク)』

素爪っぽさを残しつつも綺麗な指先を叶えてくれるネイルです。特にPK1(桜貝ピンク)はラメも入っていないうえにほんのりと目立たない程度の桃色に色づくので可愛らしさを演出してくれます。

あまりツヤツヤしすぎないのも魅力です。トップコートがいらないタイプなので、これ1本でOK。手間いらずなのも嬉しいポイントです。

最後に

「就職活動やインターンの最中であっても女子力を忘れたくない!」という方は、あくまで控えめに仕事最優先であるという印象を与える、清潔感のある素爪っぽさを残したネイルを楽しみましょう。

社会人になった後も、オフィスでは清潔感のあるシンプルなネイルであることが求められます。今からどのような年齢・立場の相手であっても好印象を与えられる、ネイルのコツをつかんでおきましょう!


この記事を書いた人
るーこ画像
るーこ
大阪の大学を卒業した後、営業と人事部を経験。個人で就活相談に乗る活動もしている。
facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ