【就活】志望動機で社員の人柄に惹かれたと答えるのはアリ?

社員の人柄に惹かれて企業を選択する人多いですが、志望動機を社員の人柄に惹かれたと答えるのはありなのでしょうか。実はあまり社員の人柄メインの志望動機はあまり説得力がありません。ここではその理由や上手く伝えるためのポイントを解説します!

目次

「社員の人柄に惹かれた」は志望動機としては弱い!

志望動機で社員の人柄がよかったという理由を答えるのはありなのでしょうか。結論から言うと説得力がなく、志望動機としては弱いのであまりお勧めはしません。なぜ志望動機として弱いのか、理由をいくつかご紹介します。

仕事への意欲が分からない

1つ目の理由は仕事への意欲や将来やりたいことについて何もわからないからです。企業は志望動機を通じて「なぜこの業界・会社を選んだのか」ということに加えて、「入社して何をやりたいのか」を見たいと思っています。
志望動機を社員の人柄に絞ってしまうと、肝心な仕事に対する興味や意欲が面接官に伝わりません。将来やりたいことや仕事について言及していないと学生を評価しづらいので、社員の人柄という理由は志望動機に向いていません。

どの業界・企業でも当てはまってしまう

2つ目の理由はどの業界や企業でも当てはまってしまうので説得力がないからです。社員の人柄がよければその業界・企業にこだわる理由が無いような印象を与えてしまいます。企業へのこだわりや熱意が伝わらないと選考は通過しにくくなります。

また社員と一度でも関わったことがある人なら同じようなことが言えてしまいます。他の学生との差別化ができなくなるので志望動機としては弱いといえます。

深掘りする質問に答えづらい

3つ目の理由は面接で深掘りされたときに答えづらいからです。学生が1つの会社の中で直接社員の人に会える機会は限られています。もし面接官に「数人にしか会ってないのに、社風が分かったのですか」と聞かれてしまえば答えようがありません。  

社員の人柄に惹かれたことを志望動機に入れるには?上手く伝えるポイント!

実際に働くとなると社員がどんな人なのか、自分とマッチするのかは重要なポイントの1つです。社員の人柄について言及したいとき、どのように志望動機に組み込めばいいのでしょうか。志望動機で上手く伝えるポイントをご紹介します。

OB訪問の経験など理由を具体的に伝える

どこで、どの社員に会ったのか、どのようなところに惹かれたのか具体的な話を伝えるようにしましょう。会社説明会やOB訪問、インターンシップなどで出会った社員と話したことなどを整理してまとめておきましょう。

また学生に好印象を与えやすい人事だけでなく、社員の目線で良いところも悪いところもリアルに語ってくれる、人事部以外の社員に積極的に会いに行くことをお勧めします。面接で「数人にしか会ってないのに、社風が分かったのですか」と突っ込まれたときに対応できるよう、より多くの社員の人と会うことで会社全体の風土や企業理念に通じてる人と話せると良いですね。

志望動機の1つとして語る

どのように工夫しても社員の人柄を志望動機のメインにするのは難しいです。最も入れやすいのは志望動機の1つとして付け加える形です。メインとして他の志望動機を語り、その後に決め手として社員の人柄について話すと説得力がぐんと増します。   

質の高い志望動機を作成するために準備すべきこと!

説得力のあるクオリティの高い志望動機を作成するには、1社1社の徹底した企業研究が必須です。選考までにやっておくべき就活対策をご紹介します。  

OB訪問で目標とするキャリアモデルを見つける

OB訪問ではどんな企業なのか、実際の仕事はどのようなものなのかよりリアルな情報を得ることができます。併せて訪問する社員の仕事経験やキャリアについて知ることもでき、入社後どのようなことがしたいのかキャリアモデルを見つけるきっかけになります。入社してからの目標やキャリアモデルがいると、働いたときのイメージがつきやすくなり志望動機も練りやすくなります。

インターンシップで仕事・企業研究を進める

インターンシップは仕事内容や職場の雰囲気を実際に体感することができる場です。インターンシップを通じて自分がやりたい仕事を見つけたり、自分に適性があるかを知ることで志望動機の内容も濃くなります。選考までに積極的にインターンシップに参加しましょう。

最後に

企業を選ぶうえで社員の人柄など、人に関する軸はとても重要です。しかし選考で社員の人柄に惹かれたことを主な志望理由とするのは、志望動機としては説得力がないのでお勧めしません。志望動機の一部としてまた仕事と絡めて伝えるなど工夫が必要です。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


志望動機の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ