二次面接は一次面接とどう違う?どういった対策をするべきか

「一次面接は通過できるけれどいつも二次面接で落とされてしまう…」、と悩む就活生も多い、通過率の低い二次面接。二次面接では一次面接とは見られているポイント、アピールすべきポイントが違ってきます。そこを理解して、二次面接を通過するための対策をとりましょう。

二次面接は一次面接とどう違う?どういった対策をするべきか
目次

一次面接と二次面接の違い

多くの企業では、一次面接と二次面接では目的や見ている部分が異なります。面接を担当する社員の立場や、面接でチェックされているポイントを知っておきましょう。

採用担当者の立場が違う

一般的に一次面接は、人事部の若手社員や現場の若手社員が担当することが多いです。一方、二次面接では、現場責任者(管理職や責任者の地位にある社員)や、人事部の中堅以上の社員が担当するケースが多くなります。

チェックされているポイントが違う

一次面接では、社会人にふさわしい立ち振る舞いができているか、受け答えなどのコミュニケーションがとれるかなど、会社で働く上での基本的な資質を備えているかどうかをチェックされている場合が多いです。

対して、二次面接では、この企業の社員となるべくふさわしい人間であるか、ということがチェックされます。それを確かめるために「志望度は高いか」「企業のことを深く理解しているか」などを探る質問が多くなります。

二次面接で企業が知りたいと思っていること

二次面接では企業がどんな点に注目しているのか解説していきます。

企業とのマッチングはどうか

面接で大事なのは、企業と学生との相性を見極めることです。どんなに優秀な学生でも企業や職種にマッチしなければ、入社後に活躍できる可能性は低いでしょう。

企業が知りたいのは「優秀かどうか」「どれだけ素晴らしい実績があるか」ということではありません。二次面接では自分を必要以上によく見せようとするよりも、ありのままのあなたを表現するのが一番です。

企業をよく理解しているか

二次面接では、企業のことをよく理解しているかどうかも重要なポイントとなります。企業の強み・弱み、力を入れている分野などしっかりと調べておきましょう。

できれば、志望企業だけでなくライバル企業についても調べておきます。企業の特徴や強みがより明確になり、説得力のある自己PRにつなげることができるはずです。

入社の意欲が高いか

二次面接では「どれだけ熱意があるか」「入社意欲が高いか」ということをアピールする必要があります。入社後のキャリアプランが具体的に答えられると、入社意欲が高いイメージを与えることができるでしょう。

「どんな仕事がしたいか」は、企業の事業内容や仕事内容をしっかりとわかっていなければ答えられないことなので、企業理解の深さもアピールすることができます。

二次面接ではどんなことを聞かれる?

以上をふまえ、二次面接では具体的にどんな質問をされるのか、解説します。

企業とのマッチ度を測る質問

・志望動機を教えてください。
・学生時代にはどんなことに力を入れてきましたか。

どちらも定番ですが、重要な質問です。志望動機ではこの企業でなければならないという説得力を持たせます。学生時代に力を入れたことは、企業が求める人材にマッチするような結論に持っていくようにしましょう。

企業や業務に対する理解度を測る質問

・当社の強みは、どんなところだと思いますか?
・他社との違いは、どんなところにあると思いますか?

面接では、同業他社ではなくなぜ当社なのか、ということをよく聞かれます。業界研究、企業研究の成果が問われる質問なので、しっかり対策しましょう。

入社意欲を問われる質問

・当社は第一志望ですか?
・他社の選考状況を教えてください

二次面接では、入社意欲を問われる質問をされることが多いです。ストレートで答えづらいような質問をされることもあるので、回答を準備しておくといいでしょう。

将来のビジョンに関する質問

・入社後、どんな仕事をしたいと思っていますか?
・10年後のあなたは、どんな風に働いていると思いますか?

まず、希望職種とその理由について、きちんと答えられるようにしておきましょう。企業が求めているのは、入社後、活躍して会社に貢献してくれる人材です。その資質や想いが自分にあることを、将来のビジョンから伝えます。

二次面接に向けてとるべき対策は?

二次面接で上記のような質問をされると想定した場合、それに向けてどのような対策をとっておいたらよいでしょうか?

一次面接で話した内容を再確認する

二次面接では、一次面接で受け答えした内容などを含む資料が引き継がれています。一次面接での回答をふまえて質問されることがあるので、一次面接の回答と矛盾があったり、言っていることが違ったりしていると、本心で回答していないのでは、と疑われてしまいます。

整合性のある回答をするために、一次面接で話した内容を思い出して、書き出すなど整理しておきましょう。

志望動機や自己PRを掘り下げる

一次面接で聞かれることも多い志望動機や自己PRですが、二次面接で初めて聞かれることがありますし、一次面接と二次面接、重複して聞かれる場合もあります。

またかと思わずに、一次面接を経てさらに志望動機に加えたいと思ったこと、自己PRとして加えたほうがよいことがあったら付け加え、ブラッシュアップさせておきましょう。

志望動機では他社との違いや該当企業だからこその話を盛り込み、どうしても御社がいいという強い想いを伝えます。自己PRでは、企業が求める人物像を明確にし、それに見合ったアピールポイントを伝えられるとよいでしょう。

入社後のビジョン、自分が貢献できることを明確にする

入社後、自分が実際に働く姿をイメージし、どんな仕事をしたいのか、そう思った理由は何か?、5年後、10年後、どんな人物になってどんな役割を果たしているか?、そのためにどんなことができるのか?など、一つの回答に対し、さらに質問を掘り下げていきましょう。 そうすることで自分のビジョンややりたいことが明確になり、面接でもよどみなく回答できます。

企業の業務内容についての理解を深める

二次面接以降はより掘り下げた質問を受けることを考えると、業務内容について理解を深めておくことは欠かせません。業務内容についてはもちろん、各職種の仕事内容まで可能な限り確認しておきましょう。

併せて、企業の経営理念や社是なども確認しておくと、企業の方向性や求める人物像などが明確になり、回答の手がかりになります。

逆質問を用意しておく

二次面接の逆質問では、入社意欲が伝わるような質問をするようにします。企業についての基本的な質問でなく、仕事に関する具体的な質問を考えておきましょう。

【逆質問の例】
・配属先はどのように決定されるのでしょうか?
・入社までに学んでおくべきことや準備しておくことはありますでしょうか?

最後に

二次面接では、企業にマッチした能力や資質を持ち合わせているか、この企業で働くための将来的なビジョンを持っているかなどを見られていることが分かりました。

今一度、自分の長所や短所、アピールポイントなどを掘り下げ、企業研究も行っておきましょう。しっかり準備して臨めば、きっと自信をもって面接に挑めるはずです。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ