グループディスカッションでのNG行動

グループディスカッションでのNG行動まとめ

グループディスカッション(GD)でNGな行動まとめ

グループディスカッション(以下GD)は、ビジネスに必要不可欠な、コミュニケーション能力や論理性、協調性をみることができるため、選考試験に採用する企業は少なくありません。そこで、GDで落とされがちな人
5パターンをまとめてみました。

1.役職につきたがる人
選考で有利になりたいと思うあまり、自己紹介が終わらないうちに「司会やります」と目立ちたがる人がいます。後先考えないような行動は、かえって低評価になる事もあります。役職につかなければGDを突破できないということはありません。自分に適した役割・その場で必要な役割を冷静に判断することをおすすめします。

2. 論破してくる人、否定口調な人
ディベートの場と勘違いして、論破したり人の意見を否定したりする人がいます。自分の意見とたとえ違っていても、議論を進めるうえで大切な意見かもしれません。また、せっかく良い意見が出ても、そのたびに否定されては気持ちよく話し合いはできません。グループで議論する場、という根本を忘れないようにしましょう。

3. 話しまくる人
目立ちたいためか、やたらと知識を語りだす人がいます。緊張している中、自分の詳しい領域のトピックが出てくると、嬉しくなる気持ちはわかります。しかし時間の無駄になることがほとんどです。心の中で喜んで、議論に必要なことだけ発言する冷静さを失わないようにしましょう。

4. いるだけな人
うなずいているだけで、意見を出さずメモもとらない人がたまにいます。GDに限らず、就活において消極的なことは不利になることが多いです。極度に目立ちたがる人も嫌厭されますが、自分の意見をきちんと言うことも大切です。セミナー等で練習し、積極性を持つ努力をしましょう。

5. 最後にひらめく人
先に断わっておくと、アイディアを出せること・ひらめくことはとても良いことです。しかし、時間をかけて話し合いまとめてきたものを、残り時間3分の時に前提から覆す意見が出た場合、そのGDは失敗となることがほとんどです。GDクラッシャーと呼ばれるこの行為は、見落としていたチーム全体の責任となり、チームメイト全員が選考に不利となることもあります。GDにおいて大事なのはアイディアマンになることではなく、論理的に協調性をもって意見をまとめることです。

以上の5パターンにならないためには、「チームメイト全員で突破」という意識で臨むことが大切です。
そのためにも、普段から上記のような人にならないよう心掛け、GDを突破できるようにしましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます

お役立ち情報

その一言が命取り?就活生が企業担当者との電話で知っておくべき3つの鉄則

自己分析はばっちり、ESの書き方の研究もした。模擬面接も受けた!・・・でも、そもそも別のところで、NGを出されていませんか? 就活生が大し...続きを読む>>

お役立ち情報

「やりたいことが見つからない」そんな時に考えたい4つのこと。

将来の夢、野望…そんなこと聞かれてもよく分からない。 私のしたいことってなんなのだろう。 「いつか」見つかるはず! ...続きを読む>>

お役立ち情報

インターンシップの応募は複数出しても大丈夫?

あなたは、インターンシップにいくつ応募しましたか?よくある質問として「インターンシップの応募、複数企業に出しても大丈夫!?」というものが...続きを読む>>

まだ会員登録していない方
長期インターンエントリー相談会
オイシイ就活
インターンお役立ち情報
内定者のES
インターンシップ締切カレンダー
インターンシップ締切カレンダー
大学1、2年生もインターンシップに行こう!