就活で使うネクタイの色って何がおすすめ?色や柄の選び方

スーツの次に就活での印象を左右すると言っても過言ではないほどに存在感がある「ネクタイ」。これから就職活動を始めるにあたって、ネクタイの購入を検討しているのであれば、まずはどのような色や柄がいいのか、自分の受ける企業にはどの色が適しているのかをチェックしてからが購入するようにしましょう!見せたい自分のイメージと、志望業界別のおすすめカラーをご紹介します!

就活で使うネクタイの色って何がおすすめ?色や柄の選び方
目次

基本は「フレッシュさ」と「清潔感」を意識して

まずは、共通した基本的なネクタイの選び方です。よほど個性を求められるアパレル関連やデザイナーなどの業界でない限り、基本は「フレッシュさ」と「清潔感」を意識してネクタイを選ぶようにしましょう。面接での印象を良いものにするだけでなく、新入社員になってからも使えるものを選ぶことで経済的であるというメリットもあります。また、オシャレに見せたいと柄入りを選びたくなってしまうかもしれませんが、就活中に着用するネクタイは極力「無地」のものを選ぶのが安心です。

どういう企業や業界か?どう見せたいかで変わる柄や色

さらに、自分が受ける企業や業界、自分自身をどのように見せたいかによって色や柄を考えましょう。色というのは不思議なもので、ネクタイ程度の面積だとしても顔の近くにある色でかなり相手に与える印象を左右します。これを踏まえて、自分の印象を受ける企業ごとに変えることもできます。セルフマネジメントするようなつもりでネクタイ選びを楽しんでみましょう。

スマートさをアピールしたい時は「青」か「紺」

スマートさをアピールしたい時は「青」か「紺」がおすすめです。青は知的・勤勉・真面目さ相手に印象付ける色です。さらに、「日本人に好まれる色ナンバーワン」とも言われています。「紺」などの濃い色であればよりスマートな印象になり、「青」であればフレッシュさを印象付けます。金融系など、冷静沈着な仕事ぶりが求められる業界ではスマートな印象を与えることでより内定に近づくことができるかもしれませんね。

熱意をアピールしたい時は「赤」や「エンジ」

熱意をアピールしたい時は「赤」や「エンジ」がおすすめです。心理学的にも「赤」は闘志の色です。赤系のネクタイを着用することで、「やる気があります!」といった印象を相手に与えることができます。とはいえ、「真紅」に近色は就活用には目立ちすぎることもありますので、「エンジ」がちょうどよいでしょう。
特に、営業職など数字を意識した動きを求められる職種や、情熱をもって仕事に取り組むことを社風として掲げている会社などでは効果的です。

明るさや元気さアピールなら「黄色」

明るさや元気さアピールをしたい場合には「黄色」がおすすめです。顔がぱっと明るくなり、親近感を与えてくれます。接客業や営業など、明るく元気な印象を相手に与えたいときに着用しましょう。あるいは、自分の「ウリ」として「明るく元気」「コミュニケーションが得意」「人と話すのが好きです!」などとアピールする場合にもより印象付けることになりますので効果的です。

フレッシュさを出すなら「水色」

よりフレッシュさを出したいときには「水色」がおすすめです。「青」や「紺」と同じく日本人に好まれる色です。若々しくフレッシュで溌剌とした印象を相手に与えます。業界を問わず好印象を相手に与えることができるので、1本は持っておきたいカラーです。

就活に不向きな色・柄は?

逆に、就活で着用するネクタイに不向きな色や柄にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、派手なピンク色・紫色などはビジネスの場では好まれず、紫色も神秘的で怪しい印象を与えてしまう可能性があります。怪しいということは部下としてコントロールしづらい、扱いづらいという印象になってしまうことも。
さらに、柄が目立ちすぎるものも不向きです。太すぎるストライプ模様や、水玉などはチャラく派手な印象を与えてしまい、「ビジネスマナーが守れない」と思われてしまいます。基本的には就活では無地が無難ですが、柄入りのものを選ぶ際には細かいドット柄や、ワンポイント程度にとどめておく方が良いでしょう。

最後に

ネクタイは顔のすぐ近くにあるため、自分の印象を大きく左右します。面積が小さいにも関わらず、色や柄によってその人の性格や仕事ぶりまでイメージさせてしまうと考えると慎重に選びたいものですよね。
もちろん、色や柄だけでなく、「シワがよっていないか」「汚れなどがなく清潔か」なども見られていますので、面接前には鏡を見て問題ないかチェックしましょう。シワが寄っている場合には当て布をして軽くアイロンをかければOK。汚れが気になる場合にはクリーニングに出すようにしましょう。また、面接前にうっかり汚してしまうことも考え、カバンに予備のネクタイを入れておけば不測の事態に備えることができて安心です。ぜひ覚えておいてくださいね。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ