就活でピアスの穴があると悪印象?目立たなくするコツ

大学生になり、ピアスの穴をあけてオシャレを楽しんでいた方は多いと思います。しかし、就職活動の時期になると気になるのがピアスの穴をどうするかという問題です。ピアスの穴が開いていると就職活動の際、面接や証明写真等で印象が悪くなってしまったり、選考結果に影響が出てしまったりするのでしょうか。また、ピアスの穴を隠したり目立たなくするための方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

ピアス
目次

ピアスの穴が開いている=印象が悪いとは限らない

複数の企業の人事担当者にヒアリングをしてみたところ、必ずしもピアスの穴が開いているからといって印象が悪いとは限らないとの回答がありました。今時ピアスが開いている=不良、というイメージを持つ人はいません。それよりも、面接での受け答えや態度などを重視しているため、わざわざ耳たぶにピアスの穴が開いているかどうかを気にすることはなく、注目しないことが多いようです。

さらに、インターネット関連やエンタメ系やアパレル関係の企業など、仕事中にもピアスをつけることができたり、服装や髪型に規則のない企業も多くあります。そういった企業ではむしろ面接官が面接時に大きなピアスを付けていることさえあります。

職種によっては配慮が必要

しかし、受ける職種によっては配慮が必要です。公務員や金融関連では昔ながらのお堅い風習が依然残っており、ピアスの穴を気にする場合もありますし、年齢層の高い方がメインの客層の接客業などではお客様が嫌がるとして敬遠される場合もあります。こういった職種を受ける場合には出来るだけ早い段階からピアスの穴がふさがるように、ピアスを控えることも必要です。

ほかにも、例えば飲食店で接客を行う業務のある企業などでは、ピアスを仕事中にすることが禁じられていることがほとんどです。そのため、ピアスの穴があると「仕事中にピアスをつけてくる可能性がないか」と少し懸念を持たれてしまう可能性があります。さらに、飲食に限らず、穴の大きさが針程度ではなく、向こう側が見えてしまうほど大きな直径のものである場合や、あまりにもピアスの穴の数が多い場合には、たとえ業務中はピアスを付けないとしても、印象が悪くなってしまう可能性はあります。

ピアスの穴の隠し方のコツ

ご紹介してきたようなピアスの穴を気にする職種を受ける方や、気にしない職種であっても自身の印象の受け取られ方に不安のある方は、面接時や証明写真の撮影ではピアスの穴は隠しておいた方が安心して選考に臨むことができるでしょう。しばらくピアスをつけていなければ自然とふさがることもありますが、その期間には個人差があります。ふさがるまで待つ時間がない場合や、休日はピアスを楽しみたいという方のために、就職活動の面接時のみピアスの穴を隠す方法のコツをお伝えします。

無理に隠すほうが違和感のある印象を与える

ピアスの穴が開いているのを隠すために、耳たぶにばんそうこうやファンデーションテープを貼る方がいますが、これはばんそうこうにより耳が目立ってしまい逆効果です。無理に隠そうとすることにより、「ピアスの穴を隠そうとしているんだな」とバレバレであったり、違和感のある印象を与えてしまうことになりかねません。また、透明のピアスであれば問題ないと考える方もいますが、これも「なぜ敢えて面接時に透明のピアスをつけてくるのだろう」と違和感や不信感を与えてしまうことがありますのでおすすめできません。

髪型でさりげなく目立たなくしよう

そこで、髪形でさりげなく目立たなくすることをおすすめします。女性であれば少しサイドの髪を降ろし耳の手前を隠すことで自然と耳たぶを見せないことが可能です。また、コンシーラーなどの化粧品で、ピアスの穴と周囲の耳たぶをなじませることで目立たなくなることもあります。

男性の場合も、サイドの髪が耳にかかるようであれば隠すことができますが、あまりにもサイドの髪が長くおじぎをした際に前に垂れることがあれば「だらしがない」「清潔感がない」という印象を持たれてしまう可能性もあります。男性は髪型でヘタに隠そうとするよりも、あくまで受け答えや態度などで真面目さをアピールすることに注力することをおすすめします。

最後に

近年では、ピアスの穴が開いていることで就職活動の選考に不利になることはほとんどありません。穴の数が左右1~2個程度であったり、穴の大きさが針の穴程度であれば問題はありません。しかし、可能な限り面接では目立たないように、ピアスは付けずに穴も目立たないようにする配慮は必要です。ピアスの穴が目立たなくなる配慮をした上で、面接で話す内容やマナーに注力することが大切です。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ