就活がつらい時にできること、対処法を解説

ほとんどの大学生が3年生・4年生の時期に就職活動をすると思いますが、就活がつらいという意見はよくあります。本記事では就活がつらいといわれる原因とその対処法について紹介します。就活に対して少しでも前向きに取り組めるようにしましょう。

就活がつらい時にできること、対処法を解説
目次
  • 就活がつらい原因
  • ├結果が出ない
  • ├慣れないことをするのがストレス
  • ├うまくいっている人と比べてしまう
  • └体力的にしんどい
  • 原因別の対処法
  • ├自分の適性を再確認してみる
  • ├就活を一旦忘れて他のことをやってみる
  • └キャリアセンターなどに相談してみる
  • 最後に

就活がつらい原因

就活はなぜつらいと言われるのでしょうか。就活は人生においてターニングポイントの一つであり、そのため失敗してしまうことを恐れたり、プレッシャーを感じたりする人も多いです。
そこで就活がつらいと言われる主な原因を紹介するので、自分にも当てはまるものがないか確認してみてください。

結果が出ない

何十社もの企業にエントリーしてもその半分以上に落とされる、というのはよくあることです。しかし選考に何度も落とされてしまうと、自分に自信を持てなくなり、「自分は社会に必要とされていない」などと悪い方向にどんどん思考がいってしまいます。
そのネガティブな気持ちなまま次の選考に行き、落ちて再びマイナス思考になるという悪循環に陥ってしまうこともあります。

慣れないことをするのがストレス

慣れないことをするのもまたストレスが溜まる要因の一つです。文章を書くのが苦手な人は何十枚ものESを書くのを苦痛に感じたり、人とコミュニケーションするのが得意ではなく、グループディスカッションや面接に苦手意識があったりすることがあります。
また、首都圏に就職するために上京した人が、慣れない環境での生活にストレスを感じることもあります。

うまくいっている人と比べてしまう

自分が内定をもらっていない時に周りの人が内定をもらい始めると、自分だけが取り残されているような気がして、焦りや不安を感じる人もいます。また普段は仲のいい友達でも、大手に内定が決まったことでその人に対し、劣等感を感じてしまうこともあるでしょう。

体力的にしんどい

志望企業によっては過密な日程になり、毎日ES作成や、Webテスト受験、面接に追われて体力的につらいと感じる人もいると思います。それで結果が出ない、という事態に陥ってしまうと体力面だけでなく精神面でも就活がつらく感じてしまうことがあります。

原因別の対処法

次に就活がつらい時にできることを紹介します。暗い気持ちのまま面接に臨んで上手くいかないことが多いので、自分なりに気分転換をしてフレッシュな気持ちで挑めるようにしましょう。

自分の適性を再確認してみる

自分が好きな業界だから、大手企業だから、などの理由で企業を選んだりしていませんか?
自分の好きなことを仕事にしたい気持ちも大切ですが、自分がどんな仕事に向いているのかなどから企業を選ぶことも大切です。もう一度自己分析をして新しい発見があれば、そこから自分と相性の良い業界や職種が見えてくることがあります。
大手企業は人気企業でもあるので、多くの優秀な学生と競うことになり、志望した全ての大手に落とされる、なんてこともあります。中小企業やベンチャー企業などにも優良企業があるので、大手を志望するだけでなく、中小企業やベンチャー企業も検討してみてはいかがでしょうか。

就活を一旦忘れて他のことをやってみる

就活とは無縁なことをして気持ちを切り替えるのも有効な対処法です。一日中映画を見て過ごしたり、スポーツで汗を流したり、自分が夢中になれることをすれば気持ちが晴れてくると思います。
またしっかり寝ることで精神的な疲れを取ることができます。面接やESの作成などに追われて忙しくても、しっかり休養を取ることは大切です。ただ寝るといっても休日に寝だめをするのではなく、日頃から睡眠時間を確保することを意識しておきましょう。

キャリアセンターなどに相談してみる

自分でES作成や面接対策をするにしても限界があると思います。その時は大学のキャリアセンターや無料の就活サポートサービスに相談してみてはいかがでしょうか。第三者目線でES作成のコツや面接対策のアドバイスをもらえるので、より採用担当に響くESを書けたり、面接が出来たりすると思います。
選考対策だけでなく企業や業界情報の収集も手伝ってくれるので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか。就活がつらい気持ちを解消する参考になれば幸いです。
気分転換をして少しでも前向きに就活に臨めるようにしましょう!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ