ソフトブレーンのインターンシップ体験談

営業支援ソフトの運用とコンサルティングを行っている、ソフトブレーン株式会社のインターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

ソフトブレーン
目次
  • ソフトブレーン短期インターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点、感想など
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の業界、職種とその理由について
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

ソフトブレーン短期インターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名 ソフトブレーン株式会社
参加期間 1日間
参加時期 大学3年生の1月
職種 総合職
大学名、学部名 明治大学 経営学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

「営業を科学する」という言葉にひかれたから

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特になし

インターンシップで体験した仕事内容

〇全体の流れ
講義→グループワーク→適性検査受験

〇講義
ソフトブレーンの考える“営業”について聞き営業に対する考え方をすり合わせた上でその問題点について考えさせるものであった。講義とは言うが一方的に話されるわけではなく、周りの学生も巻き込んで進めていった。

〇グループワーク
ソフトブレーンのコンサルタントになりきって架空の営業データをもとにどのように営業改善をして顧客の課題を解決していくのか考えてみようというもの。
チーム編成は5名の班が5つありました。

〇適性検査受験
これは本選考に関するテストではなく、単に今の自分の姿を再認識してみようというもので自己分析の1つの方法として提示されたものである。

インターンシップで得たものや成長できた点、感想など

営業コンサルティングというものを取り扱っている会社に初めて会ったので新鮮でした。 また、ソフトブレーンが実際にコンサルティングを行う上で用いる自己分析を受けることができるのは非常に大きな強みであると言えます。

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の業界、職種とその理由について

現在興味のある業界はとくにまだ定まっていません。職種だと営業職には一度はついておきたいと考えていますが将来は経営企画的なことがやれたらいいなと思います。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

このインターンシップは迷ったら取り敢えず受けたほうがいいでしょう。 「自己分析に不安があるよ」とか「営業ってどんなものか知りたい!」と思う学生にはとてもオススメできます。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
インターンシップへのエントリー後の1週間にやるべきこと

インターンシップにエントリーした後にあなたは何をしますか? 今回は、エントリー後の1週間にやるべきことを伝授します。 選考の結果連絡の確認 インターンシップのエント...

続きを読む
ホリエモンという成功者を形作る3つの習慣

皆さんは堀江貴文さん(以下ホリエモン)の「ゼロ」という本をご存知でしょうか。ホリエモンの働くという行為についての考えが凝縮された一冊です。 このコラムでは「ゼロ」の中で述べられている...

続きを読む
INCLUSIVEのインターンシップ体験談

デジタルマーケティング会社で特にメディアの構築・運用に定評のあるINCLUSIVE株式会社のインターンシップ体験談です。 短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみ...

続きを読む