三井住友銀行のインターンシップ体験談

三井住友銀行のサマーインターン、短期インターンシップ体験談です。
サマーインターン、短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

三井住友銀行
目次
  • 三井住友銀行のインターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

三井住友銀行のインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名 三井住友銀行
インターンシップ名 SMBC summer school
参加期間 5日
参加時期 三年の8月
職種 法人営業
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

SMBCのインターンシップは選考に有利に働くことで有名だったため、応募した。 金融をしっかりと知ることで、今後のどの業界の選考を受けていても、ためになることを知っていたからだ。企業の血液である「カネ」を動かしている銀行を就職活動の序盤で知ることは、その後の就職活動で、非常に強い武器なる。 特にこのインターンシップは優秀な学生が志望業界問わず集まるため、ネットーワークの構築には最適のインターンシップだ。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

日々のニュースや銀行業務のことをしっかりと学んだ。少なくとも銀行は「カネを貸す」ことが仕事だと思っているとまずいので、銀行は過去にどのような経営再建やMAをやってきたのか?その中で、自分は何をしたいのかを明確に言えるようにしていた。 選考では具体的な部署をあげ、「そこで働きたい」と銀行のことをしっかり調べてるアピールをした。 SMBCのインターンシップは参加人数が多いため、選考の時間も少ない。そのため、結論をすぐに言えるようにしていた。

インターンシップで体験した仕事内容

法人営業のケーススタディを行なった。 1日目は講演的なものが主流だった。 そのあとこのインターンシップで達成したいことなどを書かされる。 夕方ごろ、自分が事業提案する企業が発表され、その財務諸表が渡される。去年は、楽天、サントリー、東急、カネカ、ダイワハウス、オムロン、ユニクロなどがあった。 2日目からはひたすらその企業のことを調べ、どのような提案をしたら良いかをグループで考え続ける。 3日目にメンターから助言をもらえる。どのグループも企業のことを知らなすぎると怒られる。 その途中で、個人面談が入り、最初に書いた目標を達成できそうかや、進路相談をしてくれる。メンターによってはとても気合を入れてダメ出しをしてくれるため、非常にためになる。 4日目は部長級面談があり、自分たちが考えた事業提案を部長級の人に大阪支店(旧住友銀行本店)まで行き、助言をもらう。 この時ほとんどのグループがダメ出しをくらい、一から作り直す。この日の夜はどのグループも寝ていない。 最終日、人事部長と営業の偉い人の前で発表する。質疑応答が数分あり、終了。 皆疲れ切って、懇親会の話は覚えていない。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
有給インターンと無給インターンの違い

インターンシップには様々な形態があります。長期なのか、それとも短期なのか。有給なのか、それとも無給なのか。 今回は有給と無給の違いについて考えたいと思います。有給と無給なら学生の皆さんはど...

続きを読む
就活の面接やインターンに私服で来るように言われたら何を着る?

就職活動で説明会や選考会、面接に参加する際に意外と言われて困ることが多いのは、「特段の理由がなければ、ぜひ私服でお越しください」という一言。 私服と言われてもスーツで行った方が良いのか、...

続きを読む
インターンシップとアルバイトの違いは?

大学生が仕事をして職場での経験を積んだり、お金を稼いだりする方法として一般的なものにインターンシップとアルバイトがあります。 かなりの割合の大学生がアルバイトをしていますが、それに比べると...

続きを読む