みずほフィナンシャルグループのインターンシップ体験談

みずほフィナンシャルグループの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループ(みずほ情報総研)のインターンシップ(2020卒,2月①)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほフィナンシャルグループ(みずほ情報総研)
インターンシップ名
参加期間3日間
参加時期修士1年の2月
職種システムエンジニア
大学名、学部名東京工業大学 工学院
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

大学の研究室の先輩の中に就職した方がいて興味を持ったから。また、企業の説明会に参加した際に社員の方とお話しして、雰囲気が自分に合っていると感じたから。企業が掲げている積極的にチャレンジする理念にも共感することができた。業績の安定性や事業内容、社員の働き方などの観点から企業を選定していた。ITはどの業界にとっても今後不可欠なものとなると考えていたので、広く社会と関わることができるという点で魅力を感じていたから。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特になし

ES、面接の内容

比較的オードドックな質問が多かったように感じた(志望動機、大学入学後に乗り越えた困難・挑戦して何かを成し遂げたこと経験・最も力を入れている研究内容などの具体的な説明など。特に、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2020卒,2月②)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほフィナンシャルグループ
インターンシップ名winter internship
参加期間1日間
参加時期大学3年生の2月
職種総合職
大学名、学部名早稲田大学教育学部
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

8歳上の兄がみずほフィナンシャルグループに勤めているので、就職活動を始めた頃から金融業界や特にみずほフィナンシャルグループに興味を持っていたからです。しかし実際にはどのような業務があるのか全く分からなかったので、自分でできる研究をした上でインターンシップに参加することで、より理解を深めたいと思いました。さらに、ほかのメガバンクも視野に入れていたため、その比較をするためにも参加したいと思い、応募しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

みずほの歴史について調べました

ES、面接の内容

エントリーシートの質問内容は、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2020卒,2月③)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほフィナンシャルグループ
インターンシップ名winter internship
参加期間1日間
参加時期大学3年生の2月
職種OPコース
大学名、学部名早稲田大学文学部
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

兄がみずほフィナンシャルグループに勤めているので、就職活動を始めた頃から金融業界や特にみずほフィナンシャルグループに興味を持っていたからです。しかし実際にはどのような業務があるのか全く分からなかったので、自分でできる研究をした上でインターンシップに参加することで、より理解を深めたいと思いました。さらに、ほかのメガバンクも視野に入れていたため、その比較をするためにも参加したいと思い、応募しました。また、募集日数や時間が多かったので予定を合わせやすかったことも理由の1つです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

兄にたくさんの業務の種類を教えてもらい、インターンシップの限られた時間の中でどの業務の説明やワークに参加したら良いかを決めました。

ES、面接の内容

エントリーシートの質問内容は、

みずほフィナンシャルグループ(みずほ情報総研)のインターンシップ(2020卒,2月④)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほフィナンシャルグループ(みずほ情報総研)
インターンシップ名
参加期間3日間
参加時期修士1年の2月
職種システムエンジニア
大学名、学部名東京工業大学 工学院
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

大学の研究室の先輩の中に就職した方がいて興味を持ったから。また、企業の説明会に参加した際に社員の方とお話しして、雰囲気が自分に合っていると感じたから。企業が掲げている積極的にチャレンジする理念にも共感することができた。業績の安定性や事業内容、社員の働き方などの観点から企業を選定していた。ITはどの業界にとっても今後不可欠なものとなると考えていたので、広く社会と関わることができるという点で魅力を感じていたから。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特になし

ES、面接の内容

・何を専門にどのような研究をしていますか。または、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2020卒,8月①)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほフィナンシャルグループ
インターンシップ名ホールセールビジネスインターンシップ
参加期間1日
参加時期大学3年生の8月
職種
大学名、学部名早稲田大学社会科学部
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

当時はインターンシップを、経験や知見を深めるために、ベンチャー企業を中心に多くエントリーしていた時期であった。その中で、ベンチャー企業だけでなく日系大手企業のインターンシップにも参加しておきたいと考え、メガバンクであるここの銀行のインターンシップにエントリーしようと考えた。また、1日で完結する内容であるため、知見がまだない業界ではあったが、効率的に業界研究としての勉強ができると考えたのも、大きな要因であった。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特に準備はしていない。

ES、面接の内容

基本的に参加は抽選で決められるとしていたが、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2020卒,8月②)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほフィナンシャルグループ
インターンシップ名ホールセールビジネス
参加期間1日
参加時期大学院1年生の8月
職種
大学名、学部名京都大学、農学研究科
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

仲の良い先輩に銀行で働いているひとがおり、その先輩に銀行のインターンシップに参加することを勧められたからです。また、身近なお金を扱う銀行が普段どのようなことをしているかの知識が全くなく、メガバンクのインターンシップに参加すれば仕事の一部を知ることができると考えたためです。更に、大人数を募集していた上に、たった半日で終わるインターンシップであったため、体力的にも精神的にも気軽に参加できると感じたことも参加したきっかけのひとつです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

HPで企業研究をしました。

ES、面接の内容

選考はESのみでした。 質問内容は

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2020卒,9月)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほフィナンシャルグループ
インターンシップ名理系コース
参加期間1日
参加時期大学院1年生9月
職種総合職
大学名、学部名筑波大学 生命環境科学研究科
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

金融業界で自分がどう活躍できるか知りたかった。私は研究に全力で取り組み、論理的思考力や課題解決力を磨いてきた。私はこの能力を活かし、人の生活に役立つ仕事をしたいと考えており、個人・法人の活動の根底を支える金融業界に魅力を感じた。しかし、やりがいや業務内容について具体的に見えない状況であったため、日本を代表し、最高水準のサービスを提供しているみずほフィナンシャルグループのインターンを通じ、金融業界で働く自分をイメージしたいと思った。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

金融業界について業界分析をした

ES、面接の内容

ESの合否のみであった。 質問内容は志望動機(200字)のみであった。インターンシップに参加したい理由を述べて、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2019卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほフィナンシャルグループ
参加期間5日間
参加時期大学3年生の2月
大学名、学部名早稲田大学、政治経済学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私はもともと金融に関心があり、メガバンクのインターンには行きたいとは思っていました。特にみずほは、メガバンクの中でも「One MIZUHO」戦略を掲げており、銀行・証券・信託間の人材交流が盛んという事を説明会で聞き、将来的なキャリアプランも面白そうだと考え、参加を決意しました。また、説明会の後に社員さんに個人的に話しかけに行ったさい、社員さんの雰囲気がメガバンクの中で一番穏やかであったこともきっかけだと思います。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ガクチカの掘り下げ

ES、面接の内容

面接では「学生時代に頑張ったこと」を聞かれました。自分がしたことに対する成果ではなく、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2018卒,冬)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社みずほフィナンシャルグループ
インターンシップ名REAL BANKER'S INTERNSHIP
参加期間5日間
参加時期大学三年生の冬
職種法人営業
大学名、学部名早稲田大学
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

インターネット上でインターンシップ参加により選考が有利になるという情報を見たのがきっかけ。その後調べていくうちに、銀行の法人営業が総合的な金融コンサルであることを理解した。そして実際にその現場に触れてみたいと思ったのが実際に話した志望理由だった。また、私自身の就活の軸としてあった大企業や知名度、福利厚生などが担保されている大企業であったため志望度があった。銀行以外でも業種に限らず多くのインターンシップを見ていた。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

自己分析、業界分析、志望理由

ES、面接の内容

基本的な学生時代頑張ったことなどが聞かれた。目を見てはきはきと話せれば良いと思う。業界研究を深堀というよりかは、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2018卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社みずほフィナンシャルグループ
参加期間5日間
参加時期大学3年生の2月
大学名、学部名慶應義塾大学商学部
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

銀行業界の業務の体感が出来るという基準でインターンシップを選びました。中でもメガバンクに関心があったのでインターンシップに参加しました。他には金融業界を中心にメーカーを受けました。
エントリーシートについては端的に分かりやすく書くことが必要で、グループディスカッションや個人面接では論理的な思考力が求められました。参加者は60人ほどのため、金融業界や特にメガバンクに興味のある学生は参加して欲しいと思います。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

エントリーシートの添削をしました。

ES、面接の内容

エントリーシートの設問は4つで、インターンシップに応募した動機について、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2018卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社みずほフィナンシャルグループ
参加期間5日
参加時期大学3年生の2月
インターンシップ職種総合職
大学名、学部名早稲田大学社会科学部
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

就職活動が本格化するまえに、多くの学生が受けるという銀行業界への理解を深めたいと思いました。また、ほとんど面接やグループディスカッションをしたことがなかったため、練習にと思い受けました。実際、インターンシップに参加している学生の多くは金融業界を幅広く検討していて、そのなかの一つとして銀行にも興味がある人が多かったように思います。銀行業のなかでは、三菱は選考に有利にならない事、三井住友は冬のインターンを行っていなかった事からみずほのインターンシップへの参加を志望しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

自己分析を行い、なぜ銀行業界・みずほに興味があるのかを理由づけました。

ES、面接の内容

ESの内容は志望動機・みずほに対する印象・みずほについて知っている事・力をいれてとりくんだ事、の4項目でした。みずほについて知っている事に何を書くかで悩みましたが、HPを見てあたりさわりのない事を書きました。 選考はGDと面接が行われます。GDは飲食店へのM&A提案を行えというものでした。学生5名程に対して社員は1名でした。資料の内容がかなり細かいので、重要なデーターに如何に気づき、質の良い発言をするかが大切だったように感じます。 面接は学生1名に対して社員1名で、雑談のような雰囲気で行われました。最後に質問時間を与えられたのですが、その際にはフィードバックをお願いする事もできました。

インターンシップで体験した仕事内容

実際にあるメガベンチャーに対して、経営戦略の提案を行うというのがインターンシップの内容でした。6人で一班、1名の社員が付く形式です。1日の何時間かはみずほについての説明が行われました。 特徴としては①実際の財務諸表等細かなデータを与えられる事②提案先の企業に複数回ヒアリング&提案を行いに行く事③最終発表は提案先企業の取締役に対して行う事の3つが挙げられるかと思います。自分の班には財務諸表が読める学生がいなかったため、メンターに指導をお願いしながら読み進めていきました。インターンシップ中はあくまでも銀行員として提案先の企業からみられるため、提案が不十分な内容だとかなり厳しく棄却されます。3度ほど提案と棄却を繰り返しながら、よりよい提案を練っていきます。最終的には全メンター、学生、そして先方の取締役の前でパワーポイントを用いて発表を行います。ただ、この発表用パワーポイントの提出時間も決められた時間から1秒でもすぎると受け取ってもらえないなど、全体的に銀行員としての厳しさを体感させる点もありました。 インターンシップのなかで、何度かメンターの社員との面談があり、グループワークのフィードバックや逆質問を行う事ができます。

インターンシップで得たものや成長できた点

一つ目は論理的に課題を分析し、提案を行うという経験です。ここまでデーターを読み込み提案をするという事はなかなか経験できないものであったので、5日間という時間を割いてでも得る価値のあるものだと思います。 二つ目は同じような業界を志望する学生とのコネクションが出来る事です。同じ班の5名とは5日間を共にするので、かなり親密になりました。他業界含め様々な情報交換をする相手が出来た事は大きなメリットだと思います。 三つ目はメンターとのコネクションが出来る事です。実際、インターンシップの後もメンターから連絡があり何度か面談に近い事を行いました。ESの添削等も行ってもらえたため、非常に役だちました。

インターンシップの報酬

無し

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

銀行員という仕事に対して、興味をかなり持ちました。私は最終的には違う業界へ就職する事になりましたが、銀行は最後まで悩む業界になりました。自分の練った提案が評価され相手の企業に対して大きな影響を与えられるという点で、かなり魅力がある業界のように感じました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

就職活動を本格化していない学生とてもおすすめです。実際の選考で行われるGDよりもかなり難易度が高いグループワークを経験する事が出来るので、苦手意識がある学生にはぜひ勧めたいです。また銀行業界に興味がある学生には、選考前までにメンターからかなり実際の業務に関しての知識が得られるという点でおすす

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ