ソフトバンクのインターンシップ体験談

ソフトバンク株式会社の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

ソフトバンク
目次
  • ソフトバンクのインターンシップ体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

ソフトバンクのインターンシップ体験談

インターン、学生情報

企業名 ソフトバンク株式会社
参加期間 約10日間
参加時期 大学3年の8月
大学名、学部名 慶應義塾大学商学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

通信業界でベンチャー志向の高い企業であることに魅力を感じて応募しました。加えて、選考直結型のインターンシップであることが興味を持つきっかけになりました。そして、通信業界、ソフトバンクの営業の体感が出来るという基準でインターンシップを選びました。中でもこのような大企業に興味があったのでインターンシップに参加しました。他には8月時点で金融業界を中心にメーカー、IT等幅広い業界を自分の目で見たいと思っていました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にありません。

ES、面接の内容

エントリーシートでは、ソフトバンクバリューを1つ挙げて自己の強みを教えてくださいという設問がありました。もう1つの設問はインターンシップの参加理由です。そして面接では自分のマインドを問うような質問がありました。

インターンシップで体験した仕事内容

前半の1週間は講義形式です。まず、ビジネスマナーや商品知識についての座学やプレゼンテーションの研修がありました。そして、グループワークではペッパーとワトソンを用いた新規事業を立案することがテーマでした。最終日にはプレゼンテーションをします。 後半の1週間は営業同行です。私は法人営業に配属されて、法人の営業現場に先輩社員と行きました。同行において不安なことは質問すれば答えてくれますここが見られているポイントです。そして前半の1週間は社員座談会があり、様々な部署の社員のお話を聞ける機会を提供して頂けます。また、後半の1週間は配属された部署内の人との交流がありました。ここでは様々なコミュニケーションを取ることができます。しかし、他部署の社員との交流はできませんでした。グループワークのフィードバックなどはいただけます。このようなプログラムを通じてソフトバンクを学生に知って欲しいという意図の感じられるインターンシップでした。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ