ソフトバンクグループのインターンシップ体験談

ソフトバンクグループの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

ソフトバンク

ソフトバンクのインターンシップ(2018卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名ソフトバンク株式会社
インターンシップ名冬季就業型インターン
参加期間2週間
参加時期大学院1年の2月
大学名、学部名早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 情報理工情報通信専攻
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

エンジニアという職業に就くことを考え、色々なエンジニアインターンに参加していました。ソフトバンクもその1つです。ソフトバンクはAIに力を入れようとしていて、私の研究室もAIに近いことをやっていたので興味がわき、参加しました。加えて、エンジニアとして開発を行う会社はベンチャーのような小さいところが比較的多いと思っている中、大きい会社でかつ開発を自分の会社で行なっている職場がどういうものかを体験したかったのもあります。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にないです

ES、面接の内容

ESは至極普通で、アピールポイントや志望理由を適切に書いたくらいです。面接は、自分の作ったプロダクトや研究内容・エンジニアとしての開発経験について聞かれました。面接は2回ほど行われ、各30分程度と短めです

インターンシップで体験した仕事内容

ソフトバンクのインターンはたくさんのコースがあり、それぞれ異なってくるのですが、私の参加したインターンのコースはAIを用いたプロダクト・システムの開発でした。最初の二日間で自分が何を作り、そのためになんの技術やどんな種類のAIを使うのか?またどう行ったスケジュールでどこまで作りこむのか?まで決めます。社員の1人がでエルダーとして着いてくださるのでエルダーの方と話し合いながら一緒に考えます。私はIBMのWatsonの文書分類AIのAPIを用いて、チャットボットの開発を行うと決め、取り組みました。
開発自体は比較的自由にさせていただきましたが、セキュリティの問題でライブラリのインストール等が手間取りました。一方大手なだけ合って経済的に余裕があることが多いため、必要なマシン等は揃っておりました。
また、意外と課長や部長といった上司の方々と関わりがあることも多く、いろんな話を聞かせていただけました。
最後に成果発表として、自分の作ったプロダクト・システムのプレゼンを行います。このプレゼンの資料もエルダーの方と相談しながら作りました。プレゼン内容は、作ったシステムの経緯・有用性・必要性・システムの説明や今後拡張するとすればどうするか?のようなところを中心にプレゼンを行います。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ