ソフトバンクグループのインターンシップ体験談

ソフトバンクグループの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

ソフトバンク

ソフトバンクのインターンシップ(2020卒,8、9月①)体験談

インターン、学生情報

企業名ソフトバンク
インターンシップ名サマーインターンシップ
参加期間1ヶ月
参加時期大学三年の8,9月
職種総合職
大学名、学部名早稲田大学基幹理工学部
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

秋冬に始まる就活を前にして、職種の理解がまだまだ足りないと感じたため。また、私は理系だが、エンジニアではなく総合職を目指していた。文系職に進んで本当に良いのか、大学院に進むべきかを自分自身考える時間が欲しかったから。ソフトバンクのインターンは、よくある人事主催のワークショップではなく、実務体験型のものだったため、実際に働いている現場社員と多く関わることができ非常に良かった。自分の配属された部署だけでなく、他部署の社員とも関われたので、営業やマーケティングへの理解が深まった。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ソフトバンクの現在の事業内容の理解をはじめ、創設からの歴史などを事前学習した。

ES、面接の内容

ESは、研究内容やサークル活動の他に、

ソフトバンクのインターンシップ(2020卒,8、9月②)体験談

インターン、学生情報

企業名ソフトバンク株式会社
参加期間約1か月
参加時期大学3年生の8~9月
職種総合職/サービス企画、プロモーション企画
大学名、学部名大阪大学、法学部
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

<私は将来、IT技術によって社会をより楽しく便利な場所にしたいと考えています。他方、ソフトバンクは「情報革命で人々を幸せに」という大きなビジョンのもと、ソフトバンク・ビジョン・ファンド等を通してIT技術を通したイノベーションを起こし続けている企業です。この点で私にとって非常にマッチする企業だと考えたので、まずはインターンシップを通して自分に合っているかどうかを体感的に知ることを目的として参加しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

面接に向けて、なぜ自分がソフトバンクのインターンシップに参加したいのか、自分の強みや学生時代に力を入れたことを論理的に言えるように分析し、話す練習をしました。

ES、面接の内容

エントリーシートでの質問
Q1:ソフトバンクバリューの5つの項目の中で、

ソフトバンクのインターンシップ(2019卒,8月①)体験談

インターン、学生情報

企業名ソフトバンク株式会社
参加期間短期コース12日間
参加時期大学3年生の8月
大学名、学部名奈良大学文学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

参加へのきっかけは大学3年生時に卒業後の進路で悩んでいた際に、大学の先輩からインターンシップを通して様々な企業を見てみるのが良いと勧められたからです。ネットで資料を集めたり、キャリアセンターで企業相談するよりも、実際に現場を見てから考えた方が早いと考えインターンシップに参加しようと決めました。実際に調べてみると多くの企業がインターンシップを実施しており、その中でも一番興味のあったソフトバンクグループの”企画・営業コース”にしました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

インターンシップ参加に向けて、企業理念や会社概要などすべて頭に入れました。また、営業関係の仕事をしている大学のOBから話を聞きました。

ES、面接の内容

面接ではなぜ数多くあるインターンシップ制度の中でソフトバンクグループの企業を選んだのかを聞かれました。他にも、

ソフトバンクグループのインターンシップ(2019卒,8月②)体験談

インターン、学生情報

企業名ソフトバンクグループ株式会社
インターンシップ名就活インターン
参加期間4週間
参加時期大学院1年の8~9月
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

インターンシップに参加した理由は2つあります。1つは実際に企業の中で働いてみることで、その社風や雰囲気などを感じとれるのではないかと考えたためです。2つ目の理由は、大学院の研究活動でテーマとしている分野と、インターンシップの募集テーマの業務内容の関連度が高いため、自分がいま持っている知識が社会でどれだけ使え、逆にどれだけ足りないかを知ることができるという点です。そうすることで、研究の本質を見定められるようになるのではないかと考えました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

1つは面接のために、自己分析と企業分析を徹底的に行いました。また、インターンシップの業務内容に対応できるよう、知識の拡充にも勤めました。

ES、面接の内容

ESは研究の内容と、インターンシップへの参加目的が主でした。また、

ソフトバンクのインターンシップ(2018卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名ソフトバンク株式会社
インターンシップ名冬季就業型インターン
参加期間2週間
参加時期大学院1年の2月
大学名、学部名早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 情報理工情報通信専攻
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

エンジニアという職業に就くことを考え、色々なエンジニアインターンに参加していました。ソフトバンクもその1つです。ソフトバンクはAIに力を入れようとしていて、私の研究室もAIに近いことをやっていたので興味がわき、参加しました。加えて、エンジニアとして開発を行う会社はベンチャーのような小さいところが比較的多いと思っている中、大きい会社でかつ開発を自分の会社で行なっている職場がどういうものかを体験したかったのもあります。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にないです

ES、面接の内容

ESは至極普通で、アピールポイントや志望理由を適切に書いたくらいです。面接は、

ソフトバンクのインターンシップ(2018卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名ソフトバンク株式会社
参加期間約10日間
参加時期大学3年の8月
大学名、学部名慶應義塾大学商学部
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

通信業界でベンチャー志向の高い企業であることに魅力を感じて応募しました。加えて、選考直結型のインターンシップであることが興味を持つきっかけになりました。そして、通信業界、ソフトバンクの営業の体感が出来るという基準でインターンシップを選びました。中でもこのような大企業に興味があったのでインターンシップに参加しました。他には8月時点で金融業界を中心にメーカー、IT等幅広い業界を自分の目で見たいと思っていました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にありません。

ES、面接の内容

エントリーシートでは、ソフトバンクバリューを1つ挙げて自己の強みを教えてくださいという設問がありました。もう1つの設問はインターンシップの参加理由です。そして面接では


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ