大阪ガスのインターンシップ体験談

大阪ガスの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • 大阪ガスのインターンシップ(2019卒,1月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

大阪ガスのインターンシップ(2019卒,1月)体験談

インターン、学生情報

企業名大阪ガス株式会社
参加期間2日間
参加時期3年生の1月
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

1)インフラ系の会社に興味があったため、2)他のインフラ企業と比較し、少し違う雰囲気の(がんがんビジネスをやっているような)イメージを持っていて興味があったため、参加しました。1)に関して、全国転勤がなく、ワークライフバランスも良いというイメージがあり、「特に何かをしたい!」という希望がない自分に向いていると考えていたためです。2)に関して、仕事への面白さは、こういった雰囲気のある企業の方があり、長く続けられるのではないかと考えていたためです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

エネルギー(電力・ガス)業界の特徴と、その中での大阪ガスの特徴を、インターネットや本で調べました。また、選考ステップにグループディスカッションがあったので、GD対策セミナーに何度か参加し、対策しました。

ES、面接の内容

ESと面接はありませんでした。選考は、グループディスカッションのみです。選考では、約3時間かけてグループで3回のグループディスカッションが行われます。そして、その3回の総合評価で社員の方に認められれば、インターンに参加できるというものでした。

インターンシップで体験した仕事内容

インターンシップでは、2日間に3つのグループワークが行われました。その内容は、「今後、大阪ガスがLNGを輸入するべき国を選定せよ。」、「2025年に向けて、大阪ガスが始めるべき新規事業を立案せよ。」といったテーマでした。インターンシップ中は、6グループほどに約50人の学生が分けられ、そのグループごとに順位を競う形式で行われました。職場に入って実業務に携わるタイプのインターンシップではないため、実際の仕事を体験というわけではないですが、いわゆる「花形」と言われるような仕事のイメージをグループワークで模擬体験したという形です。
グループワーク中は、時折社員の方に相談する時間も設けられており、実際に入社した際もこのように上司の方と報連相をしていくのだということを体験できました。
また、インフラ系の企業では、よく「チームワークを重視している」ということを聞くのですが、このインターンシップでの3回のグループワークを通じて、チームワークを用いて仕事を進めていく大変さを少しは経験し、学ぶことができたと思っています。具体的な仕事内容ではないですが、抽象的ながらも仕事に必要な能力を使う経験を得ることができました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。★★
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ