IDC大塚家具のインターンシップ体験談

IDC大塚家具の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

IDC大塚家具
目次
  • IDC大塚家具のインターンシップ(2017卒)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

IDC大塚家具のインターンシップ(2017卒)体験談

インターン、学生情報

企業名 IDC大塚家具
参加期間 5日間
参加時期 大学4年の8月
大学名、学部名 明治大学、経済学部
卒業予定年 2017年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

説明会で会社と仕事について社員が、詳しく説明してくれました。
インターンするときに、どこの企業を選ぶか迷いましたが、
決め手はやはり、誰もが知っているブランド力と、
大学生活で始めて一人暮らしした頃、家具が安くて今でも使っている事でした。
自分が商品を使ってるから信頼できるし、単純に良い商品を作り出している
企業なので、人と人とのコミュニケーションはどうなのかとか、
物はどのように作られているのか等、
好きな企業なので選びました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

まずは企業リサーチです。 社員数、社内規則、雰囲気などはインターネットで調べました。
身だしなみも大事だと、考えたので、髪を切ったり、靴なども買いました。

ES、面接の内容

面接内容はシンプルでしたが、何故弊社を選んだかの志望動機。
自分の長所と短所も聞かれました。
弊社に入社したとしたらやり遂げたい事。
人生の中で一番、後悔した事。
人生の中で一番、嬉しかった事。
などシンプルな内容でしたが、しっかり話を聞いてくれて、頷いてくれてのが良かったです。

インターンシップで体験した仕事内容

会社の創業時から現在までに至ってどのように、変化し、成長してきたの会社の歴史など。
そして企業の経営方針、今ぶつかっている問題点を非常に細かい内容の講義を受けました。
とても細かい講義だったので、教育力にも徹底している良い印象を受けました。
そして次は、扱っている商品の種類、値段などもの講義です。
時期によって扱う種類や配置場所も変わってくるので、どのような思考を持ち、お客様目線で(お値段以上に満足してもらう)という 会社の方針を生かせるかの講義を受けました。
ただ、売り上げを上げるのではなく、いかにして、満足してもらえるか、リピーターを増やして、 会社のファンを増やすのが一番重要だと、教えてくれました。
自分は会社は利益最優先だと考えていたので、衝撃を受けまして、目先の利益よりも、
もっと先を見据ええて、ファンを増やし、満足してもらえば、将来的に最も利益にも繋がるという考え方に 人生観が変わったのを感じました。
そして、お待ちかねの実際の店舗に行き、商品陳列方法等を学びました。
各グループでそれぞれ、商品位置などを考え、発表形式で発表して、その中で優秀だと選ばれたら 実際に採用さます。
そして、それぞれインターンシップ中考えてきたて、わからない疑問点などを質問します。
普段味わえない、会社の経営面を学べる素晴らしいインターンシップでした。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ