ティー・ワイ・オーのインターンシップ体験談

ティー・ワイ・オーの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

インターンシップ体験談
目次
  • ティー・ワイ・オーのインターンシップ(2019卒,3月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

ティー・ワイ・オーのインターンシップ(2019卒,3月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社ティー・ワイ・オー
参加期間2日
参加時期2018年3月大学3年生
大学名、学部名法政大学
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

映像が人の心を動かすということに興味がり、短編の映像制作に強いTYOのインターンシップに参加することで、映像を作るイロハを学ぶことができると考えました。また、短編の映像制作のスペシャリスト達がどのように行動し、どのような発想で何を使って仕事を行なっているかについて、少しでも触れてみたいという好奇心と、そもそも制作会社がどのようなタイムスケジュールで生活しているのかなどが気になったので応募しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

その会社の制作している映像をとにかく見てから臨みました。

ES、面接の内容

ESは志望動機と志望理由、自分が将来作りたい作品について、最近すごいと思った映像作品とその理由、と至ってシンプルで将来作りたいものについては、TYOの企業理念を参考に自分の作りたいものと企業の目標の同意点を探して記述しました。

インターンシップで体験した仕事内容

実際の過去の業務で利用して動画とその動画できるまでの資料を提示され、それについて詳しい経緯や説明が初日の午前中に行われ、その後課題として30秒CMの商品とイメージとシナリオを渡され6グループでコンペを行った。1班5人〜6人でプロデュース部2人撮影シュケジュールやロケ場所の決定、俳優・スタッフのキャスティングや人件費など予算の算出などを行い、翌日の夕方までに制作部2人の絵コンテと一緒に提出という課題で、残りの1人ないし2人はその他の資料作りやタイムキーパー・リーダーなどの役割を担い、最終的に発表まで持っていくという内容でした。発表では、現役のプロデューサー・監督など合わせて5名の社員の方の前でプレゼンを行い、同じ課題を渡された他6グループのグループ優勝とMVPをかけて争います。プレゼン時間は20分で、20分の中で何を利用しも構わないということで、パワーポイントを利用して発表する半もあれば、映像を即席で作成し映像をもとに8両するや、アニメーションを使って発表する班など班ごとの工夫が最も問われる点でもありました。最後MVPの発表と各班にフィードバックが行われ、その際座談会形式で社員の方に仕事の内容やワークライフバランスなどについての質疑応答を行いインターンシップが終了しました。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。★★
ログイン会員登録
ログインbox背景

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ