不二家のインターンシップ体験談

不二家の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

不二家
目次
  • 不二家のインターンシップ(2016卒,8月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

不二家のインターンシップ(2016卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名 株式会社不二家
参加期間 3日
参加時期 大学3年生の8月
インターンシップ職種 営業企画(総合職)
卒業予定年 2016年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

もともと大学でもイベントを企画したりすることが大好きだった私は、自分の知っている商品を取り扱っているメーカーで企画販売などをしてみたいなと思っていました。特にお菓子や食品はかなり生活の中でも自分にとって「幸せ」の象徴のような存在だったので関心が高かったです。そこで、3日間という期間も長すぎずちょうどよく、インターンはエントリーシートだけで選考が決まる不二家のインターンに応募してみることにしました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

初めて地方から東京にいくインターンだったので、宿泊施設を探したり交通手段の予約をしたりしました。

ES、面接の内容

当時はESのみの選考でした。内容は、「なぜ不二家でのインターンを希望するか」「大学時代頑張ったこと」「お菓子のイメージ」「不二家の中でおすすめの商品」という3~4個の質問のみでした。エントリーフォームに書いて送信するだけの簡単な選考でした。

インターンシップで体験した仕事内容

3日間のインターンでは①お菓子業界について知る②自分について知る③工場見学④企画プレゼンの4つの構成に分かれていました。インターンの選考に通っていたのは、各都道府県で有名な国立・私立大学のメンバーが5人。男女比は男:女=2:3でした。また、インターン中は日報のような形で毎日自分の学んだことや気づいたことを提出する決まりがありました。一日目は、主に業界の説明と自己分析ワーク。人事部長の方から直々にご説明をいただき、様々な社員さんとお話しする機会を設けていただきました。お昼ご飯も社員さんと一緒に食べることができたのが印象に残っています。自分がなぜこの業界に関心を抱いたのかも思考整理したり言語化する時間をたくさんもらえたので、選考段階で不明瞭だったものも明確になっていきました。二日目の工場見学では、不二家が作っているチョコレートの工場に見学に行き、実際にチョコレートができるまでの工程を社員さんに詳しく教えていただきました。出来立てのチョコレートの試食もさせていただきました。最終日は「不二家とほかの企業のタイアップ企画を考える」というグループディスカッションがメインで、タイアップ企画を考えた後写真さんへプレゼンを行いフィードバックを行うという流れでした。インターンが終わるまでにチームはかなり仲良くなっていたので、そのあと社員さんと一緒にご飯にいき楽しい時間を過ごしたことを覚えています。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ