横浜銀行のインターンシップ体験談

横浜銀行の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

横浜銀行
目次
  • 横浜銀行のインターンシップ(2022卒,11月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • 横浜銀行のインターンシップ(2018卒,8月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

横浜銀行のインターンシップ(2022卒,11月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社横浜銀行
インターンシップ名秋季インターンシップ
参加期間3日間
参加時期大学3年生の11月
職種総合職
大学名、学部名慶應義塾大学経済学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

経済学部に所属しているということで、経済学部で学んだ知識を活かしたり経済の動きを常に感じていることができる仕事に就きたいという想いから金融業界を志望しており、金融業界をについてとにかく業界理解、企業理解を深めたかったからです。そのため、金融業界の複数日程のインターンシップには積極的に申し込んでおり、証券や保険、メガバンク等のインターンシップも併願する中でこの横浜銀行のインターンシップにも参加しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ESに関して、就活サイト等を活用して過去に通過したESを読み込み、それを参考にして読みやすい文章を書けるように準備しておきました。

ES、面接の内容

エントリーシートに関しては「横浜銀行のインターンシップに応募する理由をご記入ください。」と

「学生時代に注力したこと、またその経験によって学んだことをご記入ください。」という設問の2つでした。また、書類選考に通過すると4~5人で行われる集団面接があります。

インターンシップで体験した仕事内容

3日間開催で1日目と2日目は9時半から16時半、3日目は9時半から12時半の時間帯に行われました。内容としては、横浜銀行そのものや横浜銀行が行っている事業についての理解を深めることを目的としたものでした。具体的なタームスケジュールとしては、まず初日には地方銀行全般や横浜銀行についての講義とグループディスカッション、法人営業業務や個人営業業務についての講義、地方創生グループワークを行いました。2日目には個人業務に関する講義、個人業務のロールプレイング、法人業務に関する講義、法人業務のグループワークを行いました。そして、3日目には支店長や若手行員、採用担当者の方へ質問することができる社員座談会、クロージング、クロージング後希望者のみの質疑応答が行われました。参加前は地方銀行に将来性はなくお先真っ暗な業界だという認識しかありませんでしたが、横浜銀行が持つ将来性や地方銀行だからこその強みなどを深く学ぶことができるインターンシップでした。

インターンシップで得たものや成長できた点

地方銀行はメガバンク等とは異なって地域の特性が色濃く反映されるため、インターネットにある記事などだけで企業研究をすることが少し難く、本インターンシップに参加して横浜銀行の事業に対する理解を深めることができた点が良かったです。また、地方銀行が現在置かれている状況や、その中で横浜銀行がどのような強みや弱みを持っているのか、どのような行風なのかについて、本インターンシップを通して深く学ぶことができたと考えています。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

参加前は地方銀行については漠然と、将来性はなくお先真っ暗な業界だという認識があり、志望度もそれほど高くありませんでしたが、本インターンシップを通して横浜銀行が持つ将来性や地方銀行だからこその強みなどを深く学ぶことができ、志望度が上がりました。しかし、他社のインターンシップなどを通して金融業界について広く検討した結果、最終的には金融の他業界の企業に就職することを決めました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

金融業界を志望しており、中でも信託銀行の業務について理解を深めたい方は参加した方がいいと思います。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

まず、インターンシップに参加すると業界理解・企業理解が非常に深まるのみならず、人によっては優遇ルートにも乗れるという噂なので、参加することを強くお勧めします。また、インターンシップ選考について、まずESに関しては、就活サイト等を活用して過去に通過したESを読み込み、それを参考にして読みやすい文章を書くことが大切だと思います。webテストに関しては、他社選考において出題形式に慣れておくことが重要だと思いました。また、集団面接に関しては他の学生よりも簡潔に話す必要があると思います。

横浜銀行のインターンシップ(2018卒,8月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社横浜銀行
参加期間5日間
参加時期大学3年生の8月
大学名、学部名慶應義塾大学商学部
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

地方銀行業界のリテール営業の体感が出来るという基準でインターンシップを選びました。中でも銀行に興味があったためインターンシップに参加しました。他には金融業界を中心にメーカー、IT等幅広い業界を自分の目で見たいと思っていました。また、全てのタームを終了した後には立食形式の懇親会の場を用意して下さることを知っていたので興味をもちました。実際、二時間程度ざっくばらんに話すことができたことは良かったです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

面接練習をしました。

ES、面接の内容

エントリーシートでは2つの質問がありました。1つ目はあなたが学生時代に1番注力したことは何かについてでした。また、

その経験によって学んだことは何かについても記入します。2つ目は横浜銀行のインターンシップに応募する理由は何かについてです。

インターンシップで体験した仕事内容

5日間のインターンシップです。あらかじめ班は決められていました。法人営業、個人営業など銀行業務に対する講義や座談会に加え、その都度、短時間のグループワークによる発表やお客様対応のロールプレイングをおこないました。また、4日目には支店見学として、何班かに分かれて横浜銀行の各支店を見学できました。最終日には、初日から与えられている疑似紙幣を用いた札勘トーナメントがおこなわれました。内容は銀行業務の体験のようなものが多いです。また、銀行志望の似たような学生が集まった中で自分がどのように振る舞うかを考えながら協力して取り組むことが求められます。このような意味で非常にためになるものであった。流れとしては、基本的には30分ほどで議論し、模造紙1枚にまとめて発表、という手順のワークが4、5回設けられていました。実際には時間が非常に短く、話し合いもろくに深められないまま発表に突入というワークも多かったと思います。

インターンシップで得たものや成長できた点

業界について、そして横浜銀行について1から丁寧に教えていただくことができました。そのため、金融や地方銀行業界に少し興味があるくらいのレベル感の人にはとてもためになるインターンシップだと思います。逆に他社のインターンシップに既に参加している学生にとっては物足りない内容かも知れません。しかし、横浜銀行の行員と話す機会はかなり多くあるので、そこから生の声をとる場としては有意義だと感じます。グループワークも多く、学生同士も仲良くなれます。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

就職先は金融業界です。お金を通じて個人や会社の成長に貢献することが出来ることに魅力を感じました。また、業務において知識が必要な会社ではありますが、採用後の研修などで丁寧なフォローもあり成長できる環境だと感じたためです。

このインターンはどんな学生にオススメ?

金融に興味がある学生

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

インターンシップに参加した学生には説明会を優先的に招待するなどの優遇はございません。業務内容やインターンシップに参加して成長したいという気持ち以上に、行員の方と話して雰囲気などを掴みたいという気持ちのある学生の方がインターンシップに向いていると思います。そういう意味では他のインターンシップと比較して少し物足りないようにも感じてしまいました。ただ少しでもエントリーや選考に参加することを悩んでいるのであれば、絶対に参加した方がよいと思います。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


金融業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ