就活生は「合同説明会」をどう活用すべきか

就活を始める際、多くの人が参加する「合同説明会」。マイナビやリクナビなどの大手が開催しているため参加する人が多いこのイベントですが、最近ではインターンの参加者向けの合同説明会も行われています。
この合同説明会ですが、多くの人は実は参加しながらメリットを活かしきれていないのが現実です。ではどのようにすればしっかり活用できるのでしょうか。

合同説明会
目次

合同説明会に行くメリット

企業の実際の仕事内容を理解することができる

合同説明会では、自分自身では知らなかった企業も出展しています。特にBtoBの企業やベンチャー企業は知名度が大手やBtoCの企業に比べあまり一般では知られていません。そのため、自分自身では調べることができないものや調べないものが多いのが現実です。特に近年では、職種や仕事内容が細分化しているためどのような仕事をしているのかは一言では表せないのが現状ではないでしょうか。

合同説明会では、セミナー形式の場合はどのような仕事や会社なのかをプレゼンを聞くことができたり、イベント形式ではブースで説明を聞くことができるので実際にどのような分野でどのような仕事をしているか詳しく聞くことができます。そのため、実際に就職した場合にミスマッチを起こす可能性が大きく減ることになります。

また、同職種の企業の話を短時間で聞けるため企業ごとにどのような違いがあるかなどを比べることができ、職種や業界の知識が身に付き、より自分の希望を絞ることが可能です。

時間を効率的に使える

大きな合同説明会では、同じ会場に数百社の企業が出展します。
会場内の好きな企業の話を聴くことができるため、効率よくたくさんの自分の分野に関係のある話だけをスムーズに取得可能です。気になる業界の企業の話をまとめて聴けるのは、合同説明会の大きなメリットです。
まずは、どんな企業が合同説明会に出展するのか、事前にインターネットなどで確認し、当日どの企業の話を聴きたいのか、考えておくことでより時間を有効に使えるでしょう。

企業によっては予約しないと話を聴けない場合もあるので、しっかり確認しておきたいですね。当日は、込み具合などで予定の時間を過ぎてしまう場合がありますので優先順位の高い企業から話を聴いていくと、本当に聴きたい企業の話を聴き逃す恐れがなくなります。

人事に個別の質問ができる

個別の企業説明会に比べて、人事の方と個別に話すことができるのも、合同説明会のメリットです。
個別の企業説明会では、決められた時間に会場に行き、話を聴いて帰るという流れなので、人事の方と直接会話することがなかなか難しいです。
しかし合同説明会ならば、1日中人事の方が会場にいて、個別に対応してくれるため仕事内容や条件・キャリアモデルなど自分の知りたいインターネットや書籍ではわからない情報を聞くことが可能です。

一人一人が人事の方と話せる時間は限られているので企業ごとに聞きたい内容を事前にしっかりまとめておいて、時間内にしっかり聞けるようにしておきましょう。
なお合同説明会では、よっぽどの人気企業でなければ、閉場時間の30分前くらいからは比較的会場が空いてきますので、そのタイミングで人事の方に話しかけるのも良いでしょう。

合同説明会でも、人事にアピールはできる!

あなたは、説明会=話を聴く場、と思っていませんか?もちろんそうなのですが、実は説明会=自分をアピールする場、でもあるのです。
ここでは、企業に対してどのように自分をアピールすればいいか、お伝えしていきます。

前の方に座って、うなずきながらメモを取る!

説明会では、人事の方はただ会社の説明をしに来ているわけではありません。
学生のみなさんをしっかり観察し、「ぜひ応募してほしい」と思う学生を見極めている場合も多いです。

企業の説明を聴くときには、しっかりとリアクションをしながら真剣に話を聴きましょう。
例えば、うなずきながら聴く、メモを取りながら聴く、説明している方と目を合わせながら聴く、などです。
そんな普通のことができていない学生の方が意外と多いので、それだけでも人事の印象に残る可能性は高いです。

誰に話しかけるか、がポイント

企業ブースでよく高齢の社員と若手社員の両方の姿をよく見ます。そして話しかけるとき、どうしても年が近い社員のほうが話しやすいため、ついそちらに行ってしまうのではないでしょうか。でもそれが大きな落とし穴だったりします。

若手社員は実は、人事ではなく会社に親しみやすいように配置された社員の場合があったり、人事だったとしても採用権が低い可能性が高いです。せっかく聞く内容をまとめても内容を深く知らなかったり、鋭い質問ができてもアピール性が低かったりしてしまうので、まずはしっかりブースを見て社員の力関係を観察しましょう。

緊張するかもしれませんが、年輩の方に話しかけた方が、その企業の中で発言権のある方にアプローチできる可能性が高いということ。
自分を印象付けたかったら、より年輩の方に話しかけてみましょう。

好印象を残す質問をしよう

よく、「合同説明会では企業に質問して、自分をアピールしよう」と言われます。
ただ、質問の内容によっては、アピールにならないどころか、「この学生はちょっと…」と思われてしまう可能性もあります。
例えば、「残業はたくさんありますか?」「有給休暇は取りやすいですか?」などの質問は、「この学生は、待遇や自分のメリットばかり気にしているな」という印象に繋がりますし、ホームページなどで調べればわかるようなことを質問するのも悪印象です。

逆に、事前にその企業のホームページを見ておき、調べたことに対して「もっとここを詳しく聴きたいです」といった質問は印象が良いです。
もしも志望度の高い企業が合同説明会に出展しているなら、企業ホームページには目を通してから、参加すると良いでしょう。
また、「どうしてこの企業に入られたのですか?」「仕事のやりがいや大変なことを教えて下さい」「入社する後輩に期待することは何ですか?」など実際に企業で働いている人への質問は、エントリーシートや面接の受け答えの参考になるので、聞いておくとよいかもしれませんね。

合同説明会で得た情報を整理しよう

合同説明会では、多くの情報を取得できます。それをどのように整理するかが非常に重要なファクトになります。
・その企業の採用で重視している点は何か
・同じ分野の企業でも業界の立ち位置や実際の業務の差異は何か
・一緒に働く人はどのような人か、入社後の重要点は何か
など企業で聞けた情報と自分で考えて区分けしていく情報をしっかりまとめて自分の今後の対策に生かしてみましょう。

最後に

合同説明会へなんとなく行き、企業の説明を聞いて終わっていませんか。合同説明会を企業と接触できる機会ととらえ、しっかりと準備して生かすことで就活を有利に進めることができます。就活の始まりといわれる合同説明会、今からしっかり対策していきましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、250社以上の内...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 19卒の就活ももう早い企業は始まっています! 就活の採用選考への最初のステップには、WEBでのエント...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2018年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや就活内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめインター...

続きを読む
就活イベントまとめ【合同説明会、就職セミナー】

全国の就活イベントを日付順にまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方、必見で...

続きを読む