隠れ優良企業ってどんな企業のことなの?特徴や探し方を解説

ブラック企業やパワハラなどのニュースなどを見ると、これから社会に出ていこうとしている大学生のみなさんは「どうやって自分の就職先を決めればいいのか」と迷ってしまったり、怖くなってしまったりしますよね。

しかし「ブラック企業」と「優良企業」は外からはなかなかわからないものです。そこで今回は、有名ではないけれど実は「優良企業」と言うことができる、「隠れ優良企業」の探し方や見分け方を解説します!

隠れ優良企業ってどんな企業のことなの?特徴や探し方を解説
目次
  • 就職するなら「隠れ優良企業」がおすすめ
  • ├優良企業とは
  • ├就職するなら「隠れ優良企業」が狙い目!
  • └自分にとっての「優良企業」の条件は?
  • 隠れ優良企業を外から判断するには
  • ├時代の流れに合わせてルールや働き方の変更を行なっているか
  • ├業界内のシェア率や世界的な売上が高いかどうか
  • ├女性が結婚・出産を経ても働きやすい制度があるか
  • └残業自体を無くす効率化のための仕組みが整っているか
  • 「隠れ優良企業」を見極める方法
  • ├OB訪問などで内部の人に話を聞く
  • ├離職率、社員の平均年齢をチェック
  • └インターンシップに参加するのが最も確実に内部を知る近道!
  • 最後に

就職するなら「隠れ優良企業」がおすすめ

優良企業とは

「優良企業」とはどんな企業なのでしょう?ブラック企業か優良企業かどうかは一概には言えず、働く人によって優良企業の条件も異なるものですが、一般的には次のような特徴があります。

・離職率が低い
・平均勤続年数が長い
・有給休暇の取得率が高い
・ワークライフバランスがとりやすい

優良企業とは、「社員が働きやすく、長く勤めることができる会社」といえるでしょう。

就職するなら「隠れ優良企業」が狙い目!

社員が働きやすいことで有名な企業はたくさんありますが、もちろん入社を希望する就活生も多くなります。そのため有名な優良企業は倍率が高くなってしまうのです。

そこで選択肢に入れたいのが、「隠れ優良企業」です。企業の規模が小さかったり知名度が低かったりして一般的には知られていなくても、「社員が働きやすく、長く勤めることができる会社」はたくさんあります。
有名な優良企業に比べて倍率がグッと低くなるので、就活生はぜひ「隠れ優良企業」に注目してみてください。

自分にとっての「優良企業」の条件は?

「優良企業」の条件は、人それぞれ違います。プライベートの時間を充実させたい人にとっては、ワークライフバランスの取りやすい働き方ができる会社がいいでしょう。

しかし「とにかくたくさん働いて成長したい!」という人には、多くの経験ができる企業が向いているはずです。

労働環境や福利厚生、教育制度、働き方など、自分にとっての「優良企業」の条件を明確にすることが大切です。

隠れ優良企業を外から判断するには

とはいえ、なかなか外部から判断できることには限りがあると思います。入社前に「隠れ優良企業」かどうかを判断するには、どんなポイントに注目すればよいのでしょうか?

時代の流れに合わせてルールや働き方の変更を行なっているか

昔からある大手企業であったとしても、最近できたばかりのベンチャー企業であったとしても、考え方や方針をチェックしてみることです。

時代の流れに沿って柔軟にルールを修正したり働き方を随時見直しをしている企業は、「隠れ優良企業」の可能性が高いと言えるでしょう。

たとえば「ZOZOタウン」で有名な「ZOZO」は働き方改革が叫ばれる何年も前から、社員の「6時間労働(休憩なしだが9時~15時の勤務)」を取り入れ、就業時間後のプライベートを充実させることを重視していました。

業界内のシェア率や世界的な売上が高いかどうか

「ブラック企業」は人の出入りが激しく、本業に集中できずに業界内での地位を築くことが難しいことがほとんどです。

業界内のシェアや世界的な売上が高い企業は多くの場合、比較的社員の満足度も高い企業であるといえます。

女性が結婚・出産を経ても働きやすい制度があるか

たとえば、求人欄の募集要項の「手当」の欄に、女性が結婚や出産を経ても働きやすい制度が明記されていれば、社員が長く働くための制度や仕組みを考えている企業だと判断できます。

多くの「ブラック」と呼ばれる企業では、数十人・数百人単位で新卒や中途の社員を入社させ、同時に大量に辞めていくといった「使い捨て」思考をするところも少なくありません。入社した社員ができるだけ長く働くための制度が用意されているかは大切なポイントです。

残業自体を無くす効率化のための仕組みが整っているか

「残業を減らそう」「毎週水曜日はノー残業デー」と謳っている企業は近年どんどん増えてきています。しかし、ただ「ノー残業デー」を設定するだけであればどの会社も明日からできます。

「ノー残業デー」を徹底させ、結局社員が仕事を家に持ち帰っている、といったことのないような仕組みづくりをしているかどうかもチェックしておきたいポイントです。

たとえばムダな業務を削減したり、上位者の承認フローを減らすなど、「残業削減」と「業務効率化の仕組み」がセットで行われているかを確認してみましょう。

「隠れ優良企業」を見極める方法

どうしても外部からだけではその企業の「真の姿」を捉えることは難しいものです。可能であれば、次のような方法でより確実に「隠れ優良企業かどうか」をチェックするようにしましょう。

OB訪問などで内部の人に話を聞く

大学の先輩がその企業に就職している、知り合いが働いているなど、OB訪問が可能なのであれば、実際にその企業で働いている内部の人に話を聞くのが最も確実です。

ネットの口コミサイトだけでは、どうしても匿名かつ無責任であるがゆえにその真偽をはかりかねます。できるだけ顔を合わせて正直な感想を教えてくれる人から話を聞きましょう。

離職率、社員の平均年齢をチェック

四季報などをチェックすれば、離職率や社員の平均年齢が載っています。たとえば離職率が業界平均と比べ異常に高すぎる場合や、社員の平均年齢が若すぎる(=新入社員がすぐに辞めている)場合などは注意が必要です。

インターンシップに参加するのが最も確実に内部を知る近道!

ネットや口コミなどの情報だけでは、わからないことも多いでしょう。最も確実かつ自分がどう感じるかどうかを知る近道は、インターンシップに参加してみることです。

社内の文化や仕事内容は、実際に働いてみないとわからないことが多いです。数日もしくは数ヶ月社内に身を置くことで内部の雰囲気を身を持って感じることができます。

「ブラック企業」と感じるのか「優良企業」と感じるかどうかは個人差があります。実際に自分の目で見て働いてみて、自分に合っているかどうかを見極めるようにしましょう。

インターンシップを探す

最後に

せっかく就職するのであれば「ブラック企業」よりも「優良企業」に就職したいですよね。そのためには事前の下調べやOBへのヒアリング、もしくは自ら体験しその企業が自分にとっての「隠れ優良企業」なのか、そうではないのかをチェックすることが大切です。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ