ファイナンシャルプランナーってどんな仕事?向いてる人やなり方を紹介!

ファイナンシャルプランナーの仕事にどのようなイメージをお持ちでしょうか。
「お金にまつわる知識を駆使して、アドバイスする仕事...?」という理解でとどまる方も多いかもしれません。 本記事ではファイナンシャルプランナーの概要から、具体的な仕事内容・就職先、なるために必要な資格、向いている人の特徴まで、詳しく解説します!

ファイナンシャルプランナーってどんな仕事?向いてる人やなり方を紹介!
目次

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ファイナンシャルプランナーとは、家計や企業経営に関わる税金、資産運用・投資、住宅ローン、保険、不動産、教育、老後、相続といった分野を手がけるお金の専門家です。相談者の家計収支や、企業の資産収支のデータを分析し、知識を用いて、資産設計のサポートを行います。いわば未来を見据えた、お金のアドバイザーです。

FPの仕事内容

ファイナンシャルプランナーの仕事の大枠は、「相談者の夢や目標を実現するために、ライフイベントや経済状況、価値観を踏まえ、長期的な資産計画やアドバイスをする」ことです。この一連の流れを「ファイナンシャル・プランニング」と言います。相談者つまりクライアントは、個人あるいは中小企業になります。
顧客の大半を占める“企業”を相手にした場合、企業の経済状況を把握して資金の運用計画に携わったりと、コンサルタントのような役割を担います。

FPになるための資格

ファイナンシャルプランナーを名乗るには、国家資格である「FP技能士」、民間資格である「AFP」または「CFP」のいずれかの資格を取得する必要があります。それぞれ期限やレベルが異なるため、注意しましょう。

FP技能士

FP技能士は易しい順に、3級、2級、1級と3段階にレベル分けがされています。FP技能士の資格には期限がなく、一度合格すれば、生涯有効です。AFPやCFPの資格取得にも利用できるため、手始めの勉強として向いているでしょう。

AFP

AFP資格は、2級FP技能士と同等のレベル付けがされています。そのため2級FP技能士を取得しており、日本FP協会が認定する研修を修了しさえすれば、AFPの資格が取れるようになっています。ただ、FP技能士とは違い、有効期限の規定があります。更新のためにも、実務に生かすためにも、勉強し続けられる人におすすめします。

CFP

CFP資格はファイナンシャルプランナー資格の中で最も権威があり、世界水準の資格になっています。CFP資格に取得には、2級FP技能士とAFPの試験に合格しなければなりません。また、AFPと同じく有効期限があり、継続教育期間という2年間のうちに定められた単位を取得する必要があります。

FPの就職先・働き方

ファイナンシャルプランナーの働き方には、企業内で会社員として働く、または独立するという2つの方法があります。現在、ファイナンシャルプランナーの内、約9割が企業に勤めています。ここでは、企業で働く場合の就職先と、具体的な業務内容について見ていきましょう。

金融業界

証券会社、保険会社、銀行では、ファイナンシャルプランナーは重宝されると言えます。証券会社では株式売買や投資信託を請け負うため、直接的に知識を活用できます。保険会社の営業職として働く場合、FP資格を保持していない人の方が多いため、非常に頼もしい存在になり得るでしょう。

不動業界

不動産会社、不動産仲介業者、住宅メーカーの就職も有力です。不動産を訪れる人の多くが、マイホームの取得・賃貸契約か不動産投資を目的としています。ファイナンシャルプランナー資格の科目内には「不動産」「タックスプランニング」「相続・事情継承」が含まれており、契約業務において生かすことができます。

会計事務所、税理士事務所

会計事務所と税理士事務所は簡単に言うと、「顧客である企業の経理を代わりに行う場所」です。大抵、税理士資格を持っている従業員が、主な仕事内容である顧客企業の決算や税金の計算などを執り行います。事務員の業務は社内の経理補助や来客対応、資料管理などになりますが、会計の知識に富んでいることは強みになります。

向いている人の特徴

様々な業界で活躍するファイナンシャルプランナーですが、どのような人が向いているのでしょうか。

お金の仕組みを考えられる

基本的にお金に関わる業務であるため、お金が世の中でどのような使われ方をしているのか、その仕組みに関心を持てる人にはぴったりの仕事です。既に個人的な投資を行なっていたり、緻密に貯蓄の計画を立てていたり、保険の見通しを立てるのが好きな人には向いているかもしれません。また統計データを読み込んだり、目的の金額から逆算したりするため、数字に強いことも大切な素質です。

コミュニケーション能力が高い

机に向かうというよりは、人と対面して成り立つ仕事だからです。例えば保険会社で働く場合、業務の一つとして、個人のお客様に保険加入や保険見直しの営業にいきます。困っていることはないか、どんな生涯設計を視野に入れているのかを的確にヒアリングして、最適な提案をできる力が求められます。他方、証券取引所では株価の動きを見極めて社内で検討するなど、情報を間違いなく伝えられる几帳面な人は適性があるでしょう。

口が堅いひと

ライフプランナーの中心業務は、お客様のライフプランニングの相談やサポートになります。したがって、家計・資産状況を知ることはもちろん、家族構成や家庭の内情なども聞き入れることになると考えられます。自分の情報を仕事以外に持ち出されたり、周りの知人に気やすく話されては堪りませんよね。ファイナンシャルプランナーは信頼の置ける、口の堅さが不可欠です。

最後に

ファイナンシャルプランナーは専攻する学部・学科に捉われず目指せる職業です。資格を取得した場合、将来の仕事に大いに役立てることができるでしょう。
金融業界や不動産業界に就職せずとも、住宅ローンや年金の問題など自分の生活にも活用できるため、興味のある人は挑戦してみてはいかがでしょうか。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ