エンジニアとプログラマーの違いって何?仕事内容や年収などを徹底比較!

「IT業界で働きたい」と考えた時に出会うのが「エンジニア」と「プログラマー」という職種。これらの違いは、IT業界に詳しくない人にとって分かりにくく、「結局、何が違うの?」と戸惑ってしまうことも。

そこで今回は、エンジニアとプログラマーの違いを徹底比較!仕事内容や年収などに注目しながら、2つの違いを分かりやすく解説していきます。

エンジニアとプログラマーの違いって何?仕事内容や年収などを徹底比較!
目次

仕事内容から見るエンジニアとプログラマーの違い

エンジニアの仕事内容

エンジニアは「システムの設計」がメインの仕事です。クライアントから「どのようなシステムを作りたいのか」を聴き取った上で、システムの要件定義や仕様書作成、システム全体の動作テストといった仕事に取り組みます。

このような作業は「上流工程」と呼ばれています。エンジニアは、システム開発におけるマネージャー的な役割を担っていると言えるでしょう。

プログラマーの仕事内容

プログラマーはエンジニアが作成した仕様書に基づき、様々なプログラム言語を用いて「実際にプログラムを書く」のが仕事です。このような作業は「下流工程」と呼ばれています。

多くの場合、部分ごとのプログラム動作確認もプログラマーが行います。企業やプロジェクトによっては、エンジニアの役割もプログラマーの役割も1人で担当することもあります。

一緒に仕事をする相手から見るエンジニアとプログラマーの違い

エンジニアはクライアントとプログラマーの窓口

エンジニアが一緒に仕事をするのは「クライアント」と「プログラマー」です。エンジニアはクライアントから要望を聴き取り、その上で提案を行っていきます。

クライアントからの要望やシステム開発に必要な指示をプログラマーに伝えるのもエンジニアの仕事です。そのため、クライアントとプログラマーを仲介する窓口として、社会的に適切なコミュニケーションを取れる力が求められます。

プログラマーは仲間とのコミュニケーションが大事

プログラマーは主に「プロジェクトメンバー」とコミュニケーションを取りながら、仕事に取り組んでいく必要があります。

よく知った相手とのコミュニケーションが多いため、エンジニアより容易だと思われがちですが、親しいからこそ「分かってくれるだろう」と言葉が足りずに、トラブルが発生することも。必要なことはしっかり言葉にして伝えることを心掛けましょう。

求められるスキルから見るエンジニアとプログラマーの違い

エンジニアに求められるスキル

ここまでエンジニアの仕事内容や一緒に仕事をする相手について解説してきました。エンジニアに求められるスキルは次のようなものです。

・プログラミングに関する知識や経験
・相手のニーズを聴き取るヒアリング能力
・提案や指示を的確に伝える能力
・プロジェクト全体を管理するマネジメント能力

プログラマーに求められるスキル

一方、プログラマーには次のような能力が求められます

・プログラミング言語に関する知識
・コードを組み立てる際の論理的な思考力
・行いたい動作を実現するためのアイデア力
・ミスなくコーディングを仕上げる集中力

プログラマーはキャリアアップしてエンジニアになるケースも少なくありません。そのため、「ゆくゆくはエンジニアになりたい」と思っている方は、エンジニアに求められるスキルも同時に高めておく必要があります。

年収から見るエンジニアとプログラマーの違い

エンジニアの平均年収

厚生労働省による平成30年度の「賃金構造基本統計調査」における、システムエンジニアの「きまって支給する現金給与額」と「年間賞与その他特別給与額」から算出された平均年収は500~600万円程度となっています。

エンジニアは専門的な知識が評価される世界であるため、実力主義の外資系企業やフリーランスで働く人の中には、大手企業で勤めるよりも年収を増やすことに成功したケースもあります。

プログラマーの平均年収

先ほどと同じく、厚生労働所の平成30年度版「賃金構造基本統計調査」でプログラマーの平均年収を算出してみると400~500万程度であることが分かります。

扱えるプログラム言語によっても得られる年収には差が生まれます。例えば、Googleによって作られたGo言語を扱える場合には、平均年収は約600万円となります。クライアントのニーズに幅広く対応できるよう、プログラム言語をマスターしておくのが年収アップのポイントと言えるでしょう。

エンジニアとプログラマーの就職対策の違い

エンジニアの就職対策

コミュニケーション能力やマネージメント能力をアピール
エンジニアのとして就職するなら、プログラミングの知識と合わせてコミュニケーション能力やマネージメント能力が重視されます。

サークルや部活のリーダーとしてチームをまとめた経験などがあると、就活で使えるいいアピール材料になります。アルバイトや趣味などでもいいので、コミュニケーション能力やマネージメント能力が示せるような経験を学生のうちに増やしておきましょう。

ベンチャーやプログラマー就職も視野に入れ選択肢を増やす
新卒では希望通りのエンジニアとしての就職先が見つからない場合は、プログラマーとして就職してキャリアアップを目指すという方法もあります。

大手企業や有名企業は学生の人気が高く競争率も高いので、中小企業やベンチャーなども視野に入れてみてください。中小企業やベンチャーは人手不足の企業が多く、新卒で入社した直後から幅広い仕事に携われることが多いです。

プログラマーの就職対策

ポートフォリオを用意する
プログラマーとしての就職を目指すならプログラミングの基礎知識を身につけておくのはもちろんですが、できればポートフォリオを用意しておくのがおすすめです。

簡単なものでもいいので実際に成果物を見せることができれば、プログラミングの知識や技術がどれくらいのレベルなのか示すことができます。行動力があることもアピールできるので、就活の選考で有利になるでしょう。

インターンシップに参加する
プログラマーを目指すなら、企業のインターンシップに参加するのもおすすめです。インターンをしながらプログラミングについて学べますし、仕事の流れなどもわかります。

ベンチャー企業のインターンシップでは実際のサービス開発に関わることも多いので、プログラマーとして実践的な経験を積むこともできます。プログラミングの知識を身につけたり、実践的な経験を積みたいなら、長期インターンシップがいいでしょう。

最後に

「エンジニアとプログラマーでは、エンジニアの方が偉い」と思われることがありますが、実際にはどちらが欠けてもシステムを構築することはできません。マネージャー的な役割が期待されるからこそ、エンジニアを志す方は、お互いを尊重し合い、協力する姿勢を身に着けておく必要があります。

エンジニア・プログラマーのどちらも、プログラミングに関する知識はもちろん、コミュニケーション能力も非常に重要です。日頃から人とのコミュニケーションの機会も大切にするようにしましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
記事と関係する「エンジニア系」の新着インターン!


大学生おすすめコンテンツ