ディベロッパーって何をやるの?仕事内容や就職活動対策を紹介!

ディベロッパーはその多くが大手企業ということもあり、就活生から人気の職種です。しかし、その具体的な仕事内容についてはなかなか学生ではイメージづらいかもしれません。

就職先としてディベロッパーも検討している、希望しているという方はディベロッパーがどのような仕事内容なのか、どのような種類があるのかをしっかりと理解することからはじめましょう。

ここでは、ディベロッパーの仕事内容や就職対策としてやっておきたいことなどについて解説していきます。

ディベロッパーって何をやるの?仕事内容や就職活動対策を紹介!
目次
  • ディベロッパーとは
  • ├一言でいえば、不動産関連の仕事
  • ├土地開発を通じエリア開発を行なう
  • └仕事が街として残るやりがいが人気
  • デベロッパーにはいくつかの種類がある
  • ├総合デベロッパー
  • ├マンションディベロッパー
  • ├オフィスデベロッパー
  • └電鉄系デベロッパー
  • デベロッパーの仕事内容は?
  • ├デベロッパーの仕事は開発だけではない
  • ├どんな人が向いてる?求められる能力は?
  • └ディベロッパー企業の社風は?
  • 就職活動対策は?
  • ├グローバル化が進むデベロッパー業界では英語力が必要
  • ├コミュニケーション能力の高さをアピールしよう
  • ├宅地建物取引士資格を持っていると有利に
  • └インターンシップに参加しておこう
  • 最後に

ディベロッパーとは

一言でいえば、不動産関連の仕事

ディベロッパーというと難しく聞こえますが、ひとことで言えば「不動産関連」の仕事がメインとなります。土地や建物、街づくりの仕事を行うイメージです。

それぞれの企業ごとに土地の売買をメインで行う会社や、マンションを中心に扱う会社、オフィスビルを専門で取り扱う企業もあります。

土地開発を通じエリア開発を行なう

多くの就活生が憧れるのは「総合ディベロッパー」と呼ばれる企業でしょう。まだ何もない土地を取得し、建物を建て街づくりを行なうのが主な仕事です。

近年でイメージしやすいものといえば、「越谷レイクタウン」などがそうです。何もない広大な土地にショッピングセンターやアウトレットモールをたて、集客を行ないマンションなども建設することで、土地開発を行ないます。

仕事が街として残るやりがいが人気

街づくりや土地開発を行なうためには、その土地やエリアにどのようなニーズがあるのか、あるいはどのような商業施設もしくはマンションを建てることで集客につながるのかを読み解く力が求められます。

難しい仕事であり、正解もありませんが、自分の仕事が「街」としてずっと残ることは大きな達成感であり、やりがいにつながります。

デベロッパーにはいくつかの種類がある

ディベロッパーにはいくつかの種類があります。自分がどのような土地開発に携わりたいのかにより志望する企業も異なってきます。まずはおおまかな種類と仕事内容を把握しておきましょう。

総合デベロッパー

総合ディベロッパーは、文化施設や商業施設などを建設し、土地に付加価値を与え街づくりやエリア開発を行なう仕事です。

総合ディベロッパーとして有名な企業としては、三井不動産、三菱地所、住友不動産などがありますね。

ビルやオフィスを建設するだけでなく、そのエリアや商業施設を魅力的にするために企画を考え開発していきます。何もないところからにぎわいを作り出すことはとても難しいものですが、大きな達成感を味わうことができます。

マンションディベロッパー

マンションディベロッパーはマンションの企画開発を行なうものです。よく新築マンションの広告に書かれている企業名を目にしたことがあると思います。

多くのマンションディベロッパーは建築会社とは別に、どのようなマンションをたてればマンション購入を検討している人のニーズに応えることができるか、また該当の土地にはどのようなタイプのマンションが適しているかを設計します。

オフィスデベロッパー

オフィスディベロッパーはオフィスビルを専門で取り扱う企業です。オフィスビルの企画開発から建設までを行なうことがあります。

オフィスディベロッパーを志望する場合には、近年浸透しつつあるシェアオフィスの動向についても把握しておくことが望ましいでしょう。

電鉄系デベロッパー

普段生活しているとなかなかイメージしづらいかもしれませんが、電鉄系のディベロッパーというのもあります。たとえば東急電鉄系列のディベロッパーは、東急沿線の都市開発や街づくりをおこなっています。

そのエリアに魅力を感じ、住んでくれる人が増えればそれだけ沿線の電車を利用する人が増えます。そのため、駅構内や駅近くに保育所を設置し共働き夫婦への訴求を行なったり、魅力的なマンションを建設し住みたいと思ってもらえるための工夫を凝らします。

デベロッパーの仕事内容は?

デベロッパーとは、具体的にどんな仕事をするのでしょうか?

デベロッパーの仕事は開発だけではない

デベロッパーの仕事は、企画や開発だけではありません。主に次の4つの段階に分けることができます。

①企画
②開発
③営業・販売
④管理・運営

デベロッパーの役目は、街や商業施設を開発して終わりではありません。営業して販売したり、その後の運営やアフターフォローまで行います。

どんな人が向いてる?求められる能力は?

ひとつの地域や商業施設を開発するとなると、建設会社や管理会社など多くの関連企業と協力してプロジェクトを進めていく必要があります。

大規模なプロジェクトになることが多いので、関わる人やプロジェクトの進捗管理ができる高いマネジメント能力やコミュニケーション能力が求められます。

ディベロッパー企業の社風は?

不動産業界というと、「体育会系」というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、社風は企業によって異なります。

ノルマが厳しい体育会系の企業もあれば、落ち着いた社風のディベロッパー企業もあります。

インターンなどに参加すると、その会社の雰囲気を知ることが可能です。OB・OG訪問をしたり、インターンシップに参加してみて、自分に合った企業を見極めるのがいいでしょう。

就職活動対策は?

それでは、そんなディベロッパーへの就職を希望する場合にはどのような対策をすべきなのでしょうか。人気の業種であることもあり、競争率はかなり高めです。そのため、第一志望群であるならばそれなりの対策が必要とされます。

グローバル化が進むデベロッパー業界では英語力が必要

多くのディベロッパー企業ではグローバル化が進んでいます。そのため、就活では英語力が大きな武器となるでしょう。国内での配属だったとしても、商談相手に外国企業がいることも多く、英語力が求められることは多くあります。

語学留学の経験やTOEICスコアで高得点を取得しておくと、就活で英語力をアピールするのに役立つでしょう。

コミュニケーション能力の高さをアピールしよう

土地開発にはたくさんの人が関わっているため、プロジェクトの指揮官、監督として統率力が必要とされることが多くあります。それぞれの開発計画に合わせて人を動かす機会も多く、どのような立場の人にも通用するコミュニケーション能力は必須と言えるでしょう。

そのため、面接などでも学生のコミュニケーション能力を見られていることがあります。特にグループディスカッションでは、初対面でも臆せずに話しかけ、相手の意見を引き出す姿勢をアピールすると良いでしょう。

宅地建物取引士資格を持っていると有利に

さらに、もしまだ就職活動までに時間の余裕があるのであれば、宅地建物取引士資格を取得しておくと就活で有利になります。

ディベロッパーとして業務を行う上では宅地建物取引士資格の知識は欠かせないうえに、業務上資格を保有していなければできないこともあります。

多くの社員は入社後に取得しますが、就活の時点で持っていればやる気のアピールにつながるだけでなく、必要な知識を有していることも大きなプラスとなるでしょう。

インターンシップに参加しておこう

ディベロッパーは華やかな印象があり、「楽しそう」「かっこいい」といったイメージを持っている就活生も多いでしょう。しかし具体的にどんな仕事をするのか、理解できていない学生も多いと思います。

ディベロッパー業界をよく知り、仕事内容への理解を深めるために、ぜひ企業が実施しているインターンシップに参加してみましょう。

実際に仕事を体験できるのはもちろん、先輩社員などに話を聞くこともできます。インターンの経験は企業選びや志望動機の作成にも役立ちます。

インターンシップを探す

最後に

人気の業種であるディベロッパーは大手の安定感だけでなく仕事上のやりがいもひとしおです。本気で目指すのであれば、大学1~2年生から知識と資格を身に着けておくことをおすすめします!


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ