会社説明会で履歴書を提出する時のマナーと注意点

ペーパーレス化を進めている企業が多い今、ほとんどの企業は就職活動のエントリーシートや履歴書などもインターネット上で管理することが増えました。しかし、いまだ老舗企業などでは紙で持参するよう指示されることもあります。会社説明会や面接時に履歴書を持参することを求められた場合、どのように提出すれば良いのでしょうか。

会社説明会で履歴書を提出する時のマナーと注意点
目次

持参方法は?

まずは、自宅や大学で印刷した履歴書をどのように持参するかを見ていきましょう。普通に学校のプリントや資料などをカバンに入れる時同様、シワになったり汚れてしまったりしないように心がける必要があります。

まずはクリアファイルに入れ、その後封筒に入れる

まずは雨などで濡れてしまうことの無いように、履歴書をクリアファイルに入れましょう。この時のクリアファイルは、ロゴマークや絵柄などが入っていない無地のものを選びます。さらに、そのクリアファイルに入れた履歴書を封筒に入れて持参しましょう。この時の封筒も真っ白で印字などがされていないものを選びます。履歴書を購入すると同封されている封筒を利用しても良いのですが、折りたたまないと入らない大きさの場合は、A4サイズのものを用意することをおすすめします。郵送しなければならないなどの場合でなければ、クリアファイルに入れて折りたたまずに封筒に入れましょう。このとき、封筒の封はせずに開けたままにしておきます。さらに、封筒やクリアファイルは折れ曲がったりしていない綺麗なものを選んでください。

封筒には何を書く?

無地の白い封筒でとお伝えしましたが、封筒には何か記載したほうがいいのでしょうか。基本的には、会社説明会や面接時に手渡しをする場合、宛先などを記載する必要はありません。しかし、封筒の表面に「履歴書在中」と赤字で記入し、裏面に名前と住所を記入しておくと万が一他の就活生の履歴書と混ざってしまった場合でも安心です。履歴書を購入した際に同封されていた封筒がA4サイズ対応のもので「履歴書在住」と印字されている封筒があれば、それを使用してもOKです。

渡す際のマナーとは

それでは、会社説明会や面接で人事担当者などに履歴書を手渡す際のマナーを見ていきましょう。就活生のみなさんにとって、履歴書は自分の分身でもあります。もう一人の自分だと思って大切に扱いましょう。

相手から見て正しい方向で両手で

まずは、手渡す際に封筒の向きは相手から見て正しい向きで手渡します。「履歴書在住」の文字が相手から読みやすい方向ですね。さらに、渡す際は両手で封筒を持って渡すことを心がけましょう。

説明会などであれば封筒のまま、面接などの場合は封筒から出そう

また、渡す場面が会社説明会なのか面接なのかによってもマナーが異なります。もしも会社説明会で履歴書を提出する場合や、「帰る際にこの箱に履歴書を入れていってください」といった「投かんスタイル」の場合には履歴書は封筒に入れたままでOKです。
しかし、面接などが始まるタイミングで面接官に履歴書を提出する場合には、かばんから封筒のまま出して、面接官の前で封筒から出し、クリアファイルに入った状態で面接官に手渡しましょう。これは、説明会などで履歴書を集める場合にはその後見られるためですが、面接の場合にはその場で履歴書に目を通しながら面接を行なうためです。封筒のまま手渡してしまうと面接官に手間をかけさせてしまうため、封筒からは出して手渡すのがマナーです。

履歴書を持参する際の注意点

最後に、履歴書を持参する場合の注意点をいくつか見ていきましょう。

封筒にのりづけはしない

封筒に封はしないと前述しましたが、これはなぜでしょうか。きっちりとのりづけしたほうが丁寧な印象に思えるかもしれませんが、これは人事担当者に手間をかけないためです。たくさんの就活生の履歴書を1つ1つ見ていくのに、封筒がのりづけされてしまっていては、開けるのに時間がかかってしまします。また、面接などのようにその場で履歴書を見たい場合にも同様です。封筒に入れることで丁重さを表現することが大切ですが、一方で手間をかけさせない心遣いも必要です。

持参するのを忘れた場合

万が一、履歴書を持参しなければならないことを忘れてしまっていたり、履歴書を持ってくるのを忘れてしまった場合にはどうすればいいのでしょうか。コンビニなどで履歴書を購入して急いでその場で作ることも不可能ではありませんが、その場で作成したものは人事担当者が見ればすぐにバレてしまいます。どうしても焦って字が汚くなってしまったり、内容に不備が合ったりしてしまうからです。そんな時には、素直に担当者に忘れてしまったことを伝え、指示をあおぎましょう。

最後に

履歴書は就活生にとって自分を売り込むための大切なアイテムです。今回ご紹介したマナーを踏まえ、あらかじめいくつか作成し就活カバンにいれておくのもおすすめです。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ