就活生は企業の「平均勤続年数」をどう読むべきか

企業研究を行う上で、長く働ける会社かどうかの指標の1つとして「平均勤続年数」というものが使われます。
一般的には平均勤続年数が長ければホワイト、短ければブラック、などと言われることがありますが、一概にそうとは言えません。他に併せて見るべき指標がありますし、自分がどういう働き方をしたいのかによっても平均勤続年数の解釈は変わってきます。

今回は、就活生向けに「平均勤続年数」の読み取り方について徹底解説します!

目次

平均勤続年数とは何か

平均勤続年数とは、現在その会社に在籍している社員の勤続年数の平均のことです。その会社に入社した人が退社するまでの期間の平均ではないので注意が必要です。
例えば、大半の社員が新卒で入社して定年まで勤める会社であったとしても、最近拡大していて若手社員の割合が多ければ平均勤続年数は短くなり得ます。

(具体例)
簡略化のために、社員数が3人(3年目、6年目、12年目)という会社を想定すると、平均勤続年数は(3+6+12)/3=7年となります。

「長く働ける会社であるかどうか」の指標として捉えられていますが、平均勤続年数の数字だけを見てそれを判断することはできません。

平均勤続年数

平均勤続年数の調べ方

会社が公式に情報を公開している場合もありますし、有名企業の場合は「社名 平均勤続年数」でGoogle検索すれば就活生や転職希望者向けのサービスなどで情報が見つかる場合が多いです。
公開していない場合は、OB・OG訪問などで質問する手もあります。平均勤続年数が短い場合は、理由も併せて聞くようにしましょう。次章で解説しますが、平均勤続年数が短いか長いかだけでは会社の実態は見えてきません。どんな理由で短いのか、あるいは長いのかを確認しましょう。

平均勤続年数が短いとブラック?他に見るべき指標とは

平均勤続年数は企業のことを知る指標の1つですが、他の情報と合わせないとその数字の意味することは理解できません。
平均勤続年数と一緒に見るべき指標として次のようなものが挙げられます。

企業の年齢

企業の年齢が若ければ当然平均勤続年数は短くなります。
例えば10年前に創業して急成長したベンチャー企業であれば、その社員の勤続年数は最長で10年ですから、平均勤続年数が2〜3年程度になることも普通です。しかし、もしかするとその企業の経営はすでに安定しており現在勤めている社員の多くは今後長く勤めるかもしれません。
このように、最近できたばかりの企業については平均勤続年数が短くなるのが当然であり、昔から存在する企業と平均勤続年数を単純に比較して長く働ける会社であるかどうかを判断するのは無理があります。

企業規模のこれまでの推移

昔からある企業でも最近成長して新卒をたくさん採用したという場合は若手社員が多く平均勤続年数は短くなりますし、逆にここ数年業績が悪くて新卒採用を減らしていれば平均勤続年数は長くなります。このケースだと平均勤続年数が短いことは会社が成長していることを意味し、平均勤続年数が長いことは会社が衰退していることを意味します。企業規模や売上がこれまでどのように推移しているかという情報にも着目しましょう。

企業の離職率

これは1年や3年など一定期間に離職した人の割合を指し、先述の企業の年齢や規模の推移の影響をあまり受けずに「どれくらいの人が辞めているか」の指標になります。やめずに長く働く人が多い会社に入りたいなら、離職率が低い会社を狙うのが良いでしょう。

起業や転職志向の社員が多いか、主な転職先や転職理由

ベンチャー企業や外資系企業に多いのですが、初めから長く勤めるつもりはなく起業や転職してキャリアアップしようという志向の社員が一定数いるという企業もあります。
こういう企業は平均勤続年数は短くなりますが、長く働きたい人にとって長く働きにくいとは限りません。優良と言われる大手企業の中にも、社員の企業や転職を好ましいこととして捉えて推奨しており、かつ長く働く社員も大事にするような会社もあります。この場合はネガティブに捉える必要はありませんね。

退社している人がリストラや激務などで長く働けなくて退社しているのか、キャリアアップなどポジティブな理由で退社しているのかをOB・OG訪問などで質問してみるのも良いですね。

結婚して辞める人が多いかどうか

一般的に女性の方が結婚して退社する割合が多いので、女性比率が高ければ平均勤続年数は短くなる傾向にあります。本人の希望で退社しているケースが多ければ、平均勤続年数が短くても気にする必要はありませんね。企業間の平均勤続年数や離職率を比較するとき、女性比率や寿退社が多いかどうかも調べてみると良いでしょう。

平均勤続年数が長い企業、短い企業の特徴

あなたは1つの企業で長く働きたいと思っていますか。それとも、転職も視野に入れて働こうと考えていますか。また、どんな雰囲気、制度の会社で働きたいと考えていますか。どんな企業が良いかというのは一概にはいえず、あなたがどんな働き方をしたいかによって変わってくるのです。平均勤続年数の長い企業、短い企業のそれぞれの特徴を見てみましょう。

平均勤続年数が長い企業の特徴

長く働いている人が多いのだから、長く働きやすい会社であるというのはほぼ間違いなく言えます。具体的には、
・経営が長い間安定している
・長く働くほど賃金が上がっていく
・極端な激務ということはない
・待遇が悪くない
といった良い面があると考えられます。1つの企業で長く働くなら、これらは大きなメリットになるでしょう。

悪い見方をするなら、
・良い条件で他社に転職できるようなスキルがつかない
・年功序列が厳しく、若手は意見を言いにくい
・年配社員が多いため管理職候補が詰まっていて出世しにくい
といったことが考えられます。転職も視野に入れてどんどんキャリアアップしたい、若いうちから活躍して出世したい、という人にはこれらはデメリットとなるかもしれません。

平均勤続年数が短い企業の特徴

平均勤続年数が短い企業によくある特徴を挙げるなら、上記の裏返しとなりますが、
・経営が安定していない(急成長中ということもあり得る)
・激務などで離職率が高い
・年功序列があまりない、実力主義
・転職しやすいスキルがつく(IT業界などは全体的にこの傾向)
・若手社員が多いため風通しが良く、結果を出せば出世しやすい
といったことが考えられます。もちろん上記はよくある特徴を挙げただけなので、当てはまらないこともあるでしょう。一般論ですが、若いうちから出世したい人にはこのような環境も合っているかもしれません。

インターンで企業の雰囲気を覗いてみよう

実際に企業がどのような雰囲気であるかを知るには、実際に企業に訪問して自分の目で見たり、社員の方に質問するのが1番です。大学4年生になる頃には大学生向けの会社説明会も多く開かれますが、1〜3年生のうちはあまり説明会は開かれません。そこで、インターンシップへの参加がおすすめです。
インターンシップとは企業で実際に仕事を体験できる制度で、多くの企業にて実施されています。数ヶ月など実際に仕事をして給料ももらえるような長期インターンシップもあれば、1日〜数週間程度で気軽に参加して企業の雰囲気を知ることができる短期インターンシップもあります。どちらも学年を問わず参加できるものが多くありますので、平均勤続年数などの数字だけではわからない企業の中身をもっと知りたいと思ったら、インターンシップに参加してみてはいかがでしょうか。企業のことを知るだけでなく、就活に有利になるなどのメリットもあります。

まとめ

・平均勤続年数とは、現在その会社に在籍している社員の勤続年数の平均のこと
・会社の公式情報やネット検索で調べられる情報などでチェックしよう
・企業の年齢や規模の推移、退職者の理由など別の指標と合わせてチェックしよう
・自分が将来どんな働き方をしたいかと照らし合わせながら平均勤続年数を読み取ろう

いかがでしたか。平均勤続年数は企業を知る上で重要な情報ですが、一概に平均勤続年数の数字だけで企業の価値を判断せずに、他の指標や自分の志向とも合わせて読み取るようにしましょう。数字だけでわからないことは、OB・OG訪問や会社説明会で質問してみるのが一番です。

自分がどう働きたいかを考えながら企業研究を進めて、自分に合った企業を見つけましょう!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ