【例文あり】ホテル業界の志望動機の書き方のポイント

洗練された華やかなイメージがあり、就活生に人気のあるホテル業界。就活の選考でも倍率が高く、履歴書やES(エントリーシート)の志望動機は合否を分ける重要なポイントとなります。

ホテル業界への就職を目指している就活生のために、説得力のある志望動機の書き方について解説します。

【例文あり】ホテル業界の志望動機の書き方のポイント
目次

志望動機にはこの3つを書く

ホテル業界を目指す就活生が志望動機に書くべき内容は次の3つです。

①ホテル業界を志望する理由
②そのホテルを志望する理由
③ホテル業界でどのように活躍したいか

ホテル業界を志望する理由

接客業には色々な種類がありますが、その中でもなぜホテルを希望しているのかを書きます。宿泊という部分に焦点を当てても良いですし、旅行客に対して接客をしたいという切り口でもいいでしょう。

ホテルに興味を持ったきっかけはなんだったのか、思い出してみてください。実体験など具体的なエピソードとともに語るとより説得力が増します。

そのホテルを志望する理由

ホテルは日本中にごまんとありますから、なぜそのホテルでなければだめなのかを説明する必要があります。志望動機でありがちなのが、「ホテル名を変えるだけで、他のホテルの志望動機としても成り立つ内容しか書いていない」というもの。

これでは面接官には入社意欲が伝わらず、面接までこぎつけることができません。そのホテルのどんなところに感動したのか、なぜ他ではなくそのホテルに入りたいと思ったのか。具体的に明らかにするようにしましょう。

ホテル業界でどのように活躍したいか

「御社に入りたい!」という気持ちを伝えるのは大切ですが、それだけでは不十分です。ホテルに入った後どんなふうに活躍したいのかを伝えなければなりません。

志望動機には「自分のこんな特徴を活かす」「自分ならこんなサービスをする」など、就職後のビジョンを盛り込みましょう。そのホテルの理念を加味してそこにあわせていくと採用率が上がります。

ホテル業界の志望動機作成でより完成度を高めるために意識すべきポイント

ホテル業界を目指す就活生は、志望動機作成の際に次のポイントを意識してみてください。

ホスピタリティがあることをアピールする

ホテル業界で働く人には、ホスピタリティ=「おもてなしの精神」が求められます。志望動機の内容でホスピタリティがある人材であることをアピールできると好印象です。

「人のために何かするのが好き」「人が気付かないような些細なことにも気づくことができる」「いつも笑顔を心がけている」など、接客業でいかせそうな自分の長所を盛り込むといいでしょう。

丁寧な言葉遣いを心がける

ホテル業界では、丁寧で質の高いサービスが求められます。当然、「礼儀正しさ」や「正しい言葉遣いができているか」なども、チェックされるポイントとなります。

志望動機を書く際は、できるだけ正しく丁寧な言葉遣いを心がけましょう。もちろん履歴書やES(エントリーシート)に書く文字も丁寧に書くようにします。

ホテル業界の志望動機の例文

いったいどんな風に志望動機を書けばいいのでしょうか?ここではパターン別に、志望動機の例文をご紹介します。

アルバイトの経験を活かした例文

私は学生時代、ホテルでベルスタッフとしてアルバイトをしていました。その中で社員の方に「言われたことをやるだけではなく、痒い所に手が届くサービスをしなければならない」と教わりました。

初めはその意味が分かりませんでしたが、先輩方の接客を間近で学び、相手の期待以上のサービスをすることが大切だと気が付きました。

それからは「近くにいいレストラン知らない?」と聞かれたら、和食や中華などバランスよくいくつかご提案したり、「近くに観光名所はない?」と聞かれたら、お客様がシニアのご夫婦かお子様連れのご家族かなどを判断して最適と思われる場所をご提案したりと、工夫をするようになりました。そうすると「ありがとう」と笑顔で言っていただけることが増え、こんな風に感謝していただけるサービスをこれからも提供したいと思うようになりました。

御社は「お客様の想像を超えるサービス」を企業理念として掲げていらっしゃいますが、この理念こそまさに私が社会人として達成したい目標にぴったりだと思っています。「まさかここまでしてくれるなんて」と感動してもらえる、ハイクオリティなサービスを提供していきたいです。

そのホテルに惚れ込んだ理由を入れた例文

私は大学時代、アルバイト代を貯めて両親を御社のホテルに招待しました。一人暮らしを始めてありがたみを感じ、今までのお礼をしたいと思ったからです。

感謝の気持ちを伝えるためサプライズをしたいと考え、予約の際に「両親のお礼のために宿泊するので、部屋に『今までありがとう』とデコレーションで書いたケーキを用意していただきたい」と相談しました。担当者の方は快諾してくださり、安心して両親を招きました。

そして当日、部屋の扉を開いた瞬間、両親以上に私自身が驚きました。こちらはケーキしかオーダーしていなかったのですが、部屋にはケーキの他に豪華な花束が置かれており、想定していた以上に華やかになっていました。担当者の方が私の意図を汲み取り、このようなアレンジをしてくれたと後から知り、とても感動しました。

この経験から、私も自分自身が感じた驚きと感動をお客様に与えたいと考え、御社を志望しました。一流のホテルマンとして「まさかここまでしてくれるとは思わなかった」と言ってもらえるような創意工夫のあるサービスを提供していきたいです。

具体的な職種にまで踏み込んだ例文

私は大学三年生の頃ニューヨークに旅行へいき、御社の系列のホテルに宿泊させていただきました。現地についてからあるミュージカルを見たいと思ったのですが、英語があまり得意ではなかったため日本語対応のコンシェルジュの方に相談しました。

そこでミュージカルを見たい旨を伝えるとすぐに劇場に確認していただいたのですが、すでにチケットが売り切れとのことでした。私はその時点であきらめたのですが、旅行会社などにも問い合わせ、チケットが手に入らないか尽力してくださいました。結局どこも取り扱いはなかったのですが、他のおすすめの劇場情報などを教えていただき、楽しく滞在できました。

「チケットはありませんでした」という一言で終わらせるのではなく出来る限りの努力をしていただいたことに感動し、私もコンシェルジュとしてお客様のご希望に沿うように最大限の努力をしたいと感じ、御社を志望しました。

業界別!難関企業内定者の志望動機集
ダウンロードする(無料)

ホテル業界の志望動機がうまく書けない時には

「志望動機がうまく書けない」「書く内容が思いつかない」「もっと説得力を高めたい」とういう時は、次のことを試してみてください。

実際にホテルを利用してみる

志望するホテルを実際に利用してみましょう。宿泊以外でも、レストランやカフェ、ラウンジなどを利用してみるだけでもホテルのサービスの質や雰囲気を体感することができます。

実際に利用してみると、気づくことや感じることもたくさんあるでしょう。ホテルを利用した感想を盛り込むことで、志望動機の質も高まります。

アルバイトやインターンをしてみる

ホテル業界のアルバイトやインターンシップに参加して、実際にホテルの仕事を体験してみるのもおすすめです。

ホテル業界の仕事を経験することで、ホテル業界や仕事への理解が深まります。自分のやりたいことや課題なども明確になり、志望動機の説得力も増すでしょう。

インターンシップを探す

最後に

ホテルを志望する学生は、少なくありません。特に大手ともなると競争率はかなり高くなります。書類選考を突破して面接まで進めるよう、まずは志望動機をしっかりと作り上げましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ