【例文あり】アパレルの志望動機の書き方のポイント

高卒、大卒問わず、学生から人気の高いアパレル業界。職種別採用を行っている場合が多いことから、志望動機を考えるときは、ファッションが好き、そのブランドが好きという思い以外にも、なぜその職種を選んだのかという動機が欠かせません。

ここでは、アパレル業界の主な職種を紹介し、職種別の志望動機の例文を紹介します。履歴書・ES(エントリーシート)の作成や面接にお役立てください。

【例文あり】アパレルの志望動機の書き方のポイント
目次

アパレル業界について

アパレル業界とは

アパレル業界とは、服のデザインや製造・販売・物流などを手がける業界です。主にデザインと製造を手がけるアパレルブランドと、既存商品の販売とショップ運営を行う企業、企画・デザイン、製造、販売までを一貫して行うSPA(製造小売業)と、企業によって手がける業務が異なります。

そのため、業界の中でもどういった仕事を行う企業に就職したいのか、どの職種を目指したいのか、ということを明確にして就活に臨む必要があります。

アパレル業界で求められる人材・スキルは?

ファッションセンスがあることはもちろん重要ですが、トレンドに敏感であることも求められます。常にアンテナを張って、最新のトレンドや流行をキャッチしておくようにしましょう。

アパレル業界の仕事をするなら、コミュニケーション能力も重要です。これはお客様や取引先と接する機会が多い、販売職や営業職だけではありません。

本社勤務の企画職や製造の仕事でも、多くの人と連携しながら仕事を進めていくため、コミュニケーション能力は重視されます。

アパレル業界の主な職種

アパレル業界にはどんな職種が存在するのでしょうか?ここでは主な職種を紹介します。

企画

・マーチャンダイザー
商品開発・予算管理・販売計画など、ブランドを全体的にプロデュースする仕事です。消費者の動向を分析する力、トレンドを予測する力などが問われます。

・デザイナー
ブランドのコンセプトに沿って、洋服をデザインする仕事です。ブランドのターゲット層の求めるもの、トレンド、流行する色や素材などを加味してデザインを一から考えます。

製造

・パタンナー
デザイナーのデザインをもとに型紙を作る仕事です。着用時のシルエットや着心地を考えて裁断や縫製方法などを決めるので、勘のよさや経験値が問われます。

・生産管理
自社もしくは提携する生産工場と連携して、生産スケジュールや品質管理のやりとりを行います。

販売

・バイヤー
店頭に並べる商品の買い付けを行います。ブランドコンセプトに合い、かつトレンドや売れ行きを予測して、海外から買い付けることもあります。販売員を経てなることが多い職種です。

・販売員
店頭に立ち、陳列、在庫管理、接客、ディスプレイ、発注、清掃など、店舗運営に関わる全てを行います。アパレル業界に就職すると、多くの場合販売員からのスタートとなります。

事務

総務、営業事務、経理など、一般企業と同じように事務職もあります。アパレル企業であっても、ファッションに直接的に関わる業務はありません。

営業

自社製品を小売店や百貨店などに紹介し、陳列スペースを設けてもらうのが主な仕事です。自社製品を売り込むという点においては、他業界の営業職と変わりありません。

他には在庫管理の仕事があります。売れる商品、色、サイズなどを見極めて品切れが発生しないように発注する必要があります。

志望動機の書き方のポイント

志望動機を書くときは、必要な要素を入れつつ、分かりやすく書くことが大事です。以下、盛り込みたい要素を紹介しますので、志望動機を書くときの参考にしてください。

アパレル業界と該当企業を目指した理由を書く

どの業界、企業への志望動機にも欠かせませんが、業界とその企業を志望した理由は必ず書きましょう。

アパレル業界を志望する理由は、「アパレル業界に興味を持ったきっかけ」や「アパレル業界でどんな仕事がしたいか」という観点から考えてみてください。

該当企業への志望理由は、競合他社とは異なる特長や、企業が注力している取り組みなどを挙げるとよいです。

志望職種を選んだ理由を書く

アパレル業界では、職種別採用を行っている企業も多いので、志望職種をなぜ選んだのかという理由も盛り込むようにしましょう。

志望するに至ったエピソードがあれば盛り込む

志望動機を書くときには、具体的なエピソードがあると、説得力が増すうえ、思いが伝わりやすくなります。自分がこの業界や企業を目指したいと思うに至ったエピソードがあれば書くとよいでしょう。

入社後、貢献できることをアピールする

入社後にどんなふうに自分が役立てるかアピールできるとよりよい志望動機になります。その際は、アルバイトなどの過去の経験で身についたスキルや、自分のアピールポイントと絡めるとよさそうです。

アパレル業界の志望動機の例文を紹介

アパレル業界の志望動機の例文を、職種別に紹介します。

例文①「企画職」を目指す人の志望動機の例文

私は服の力で、人を幸せな気持ちにするお手伝いがしたいと思っています。

小学3年生の時、初めてのピアノの発表会がありました。人前にでることが苦手な私はとても緊張していましたが、発表会が近くなったある日母がドレスを買ってきてくれました。大人っぽく素敵なデザインで一目で気に入ってしまい、発表会も楽しみになり当日は堂々と演奏することができました。

その経験から、「人の気持ちを変える」という服の力を知り、ファッションに興味を持つようになりました。なかでも明るい色と華やかな柄を用いた御社の服が大好きで、人を幸せな気持ちにする服作りに自分も関わりたいと考えるようになりました。

大学時代に学んだマーケティングの知識を活かし、市場の動向を読みとくマーチャンダイザーとして活躍したいです。

例文②営業職」を目指す人の志望動機の例文

私は、魅力的な洋服を多くの人に広めて、着る喜びを知ってもらう仕事がしたいと思っています。

大学時代はアパレルショップの販売員のアルバイトをしていました。お客様と積極的にコミュニケーションを取り、自ら提案したコーディネートをお買い上げいただくことにやりがいを感じていました。

この経験から、アパレルの営業職として、カッティングや縫製に優れた御社の魅力的な商品を売り込む仕事がしたいと思うようになりました。

アルバイトで培ったアピール力やコミュニケーション力を活かして、御社のさらなる発展に貢献したいと考えています。

例文③「事務職」を目指す人の志望動機の例文

各部署が円滑に機能しお客様によりよい商品をお届けできるように、事務職という仕事から会社を支えたいと思っています。

私は御社のバッグが大好きで、日頃使うバッグから、特別な日用、旅行用、就活用まで、すべて御社のバッグを使っています。手頃な価格ながら凝ったデザインで、丈夫で使いやすく、どのバッグも長年愛用しているので、思い出がたくさん詰まっています。

多くの人に御社のバッグを使ってたくさん出かけてもらい、たくさん思い出を作るお手伝いができればと思っています。

私は、人前でコミュニケーションを取るよりも、細かいことをコツコツと行う作業が好きです。大学時代に学んだ簿記のスキルを活かし、御社で経理として働き業務が円滑に進むために貢献できればと思います。

アパレルの志望動機を書くときに注意すべきポイント

アパレルの志望動機作成でありがちな間違いやマイナスポイントについて解説します。

「好き」だけではダメ

そのアパレル企業を志望した理由として、「好きだから」「ファンだから」という気持ちがもとになっていることは多いと思います。もちろん「好き」という気持ちは大切ですが、志望動機に書くにはこれだけでは不十分です。

志望動機では「働く」という意識をしっかりと持っていることをアピールしましょう。「会社にどんな貢献ができるか」「仕事でどんな結果を出したいか」ということも必ず書くようにします。

ブランドイメージや人材ニーズを理解する

アパレルブランドにはそれぞれのイメージがあり、求める人材も異なります。ブランドや企業が求めている人材のイメージを見誤らないように注意してください。

志望動機の内容がブランドイメージに合っていなかったり、間違ったアピールをしてしまうと、「うちのブランドでなくてもいいのでは?」と思われてしまいます。

ブランドイメージや企業理念から、どんな人材が必要とされているのかを見極める必要があります。実際にショップに足を運んで、働いている人を観察してみるのもいいでしょう。

業界別!難関企業内定者の志望動機集
ダウンロードする(無料)

最後に

職種別採用を行っている場合は、業界、企業への志望動機に加え、職種への志望動機も説得力のあるものを用意しましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ