JX石油開発【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

JX石油開発株式会社内定者のエントリーシート

JX石油開発 2020卒,エンジニア内定者エントリーシート

ゼミ・研究室での研究内容あるいは卒業(修⼠)論⽂など、⼒を⼊れて勉強しているテーマと内容を、初めて聞く⼈を想定して、 わかりやすく簡潔に説明してください。(研究内容、卒業(修⼠)論⽂等のテーマが決まっていない場合は、これまで学んできた ことや、これからやろうと思っていることを題材にしても構いません。)

石油開発において、油田から取れる石油の回収率を上げることは重要な課題である。この背景のもと、私はバイオテクノロジーを用いた石油の回収率上昇(EOR)に関する基礎研究を行っている。現在私はファージと呼ばれるウイルスの一種に着目している。ファージはサイズがナノスケールであり油層内の孔隙に侵入しやすく、特定のファージは表面疎水性であるため油と付着しやすい。このことから、石油表面に付着して油層内の石油の流動性を高めるファージが存在することが予想され、EORに寄与するファージを見つけることを研究テーマとしている。現在はファージの中でも疎水性が高いMS2ファージに焦点を当てており、MS2の表面特性を実験により調べている。今後は、MS2が水と油が混合した状態であるエマルジョン形成に寄与するのかを調査し、MS2のEORへの応用可能性をさらに追及する予定である。

あなたの強みだと思うことはどんなところですか? また、その強みが今までのあなたの⽣活にどのような影響を与えてきたかを教えてください。

私の強みは、長期的かつストイックに努力出来る点である。在学中に打ち込んだボルダリングというスポーツでは、週4回程度のジムでのクライミングに加え、毎日の摂取カロリーの制限、体脂肪率低下のためのランニング、前腕に特化した筋肉トレーニングを1年間以上継続させてきた。この強みは、その後も継続的な努力が求められる場面で常にプラスに働き、自身の成功を支える大きな特質であると考えている。

当社を志望される理由を教えてください。

以下の2つの理由から貴社を志望している。1つ目は、国の成長を根っこから支えるという大きな使命感のもとで働くことに、誇りと魅力を感じるからだ。エネルギー供給の大黒柱を担う石油の確保は国の発展に大きく寄与する。この大いなる責任感のもとで働き、

社会に貢献したいと考えている。2つ目は、インターンシップやOB訪問等をを通じて出会った社員さん方の優秀さと熱意を肌で感じ、自分もこのような人たちと共に切磋琢磨しながら働きたいと感じたためだ。貴社のエンジニアは少数精鋭であり、みなが内に熱い思いを秘めながらチームで働いているという印象を持っている。私もこのチームの一員として活躍し、社会への貢献・自分の成長を目指していきたい。

当社に⼊社してどのように貢献したいか、どのような役割を果たしたいかについてお聞かせください。

ファーストキャリアとしては、開発の中でも重要な油層分野のエンジニアとして活躍し、技術的観点からプロジェクトをリードする人材となり貴社に貢献したい。石油開発のプロジェクトは不確実性が高いうえに数十年単位の年月を要するため、技術者には多くの知識や経験、忍耐力が求められる。そこで、私の強みである「長期的なストイックな努力」を活かし、誰よりも深い知識と経験を獲得し、プロジェクト成功に不可欠な技術者となりたい。将来的には会社の意思決定に携わり、会社の将来、ひいては日本のエネルギーの未来を支える人材となれるよう邁進したいと考えている。

これまでに海外へ渡航したことはありますか?渡航経験がおありの⽅は、その経験を具体的に教えてください。

海外旅行が趣味であり、在学中に17か国訪れた。旅先での非日常体験はもちろんのこと、価値観の異なる海外の方とのコミュニケーションに大きく魅力を感じている。したがって旅先では各国からの旅行者(バックパッカーなど)が集まる宿泊所に好んで滞在し、多様な考え方、価値観を味わえる環境に身を置いている。

あなたにとって「働く」とはどういうことですか?

私にとって働くことは、「自身の幸せを構成する大きな1ピース」だ。私は働くことを、会社に貢献するという大前提のもと、自身の幸せを掴むための手段だと考えている。現在の私が考える社会人としての幸せは大きく2つに分けられ、「仕事に誇りを持ち、日々の業務を楽しめること」「趣味、家庭などのプライベート面を充実させること」である。前者に関して、石油開発では、日本のエネルギーを支えているという大きな誇りのもとに働くことが出来る。また、インターンシップや研究を通じて石油開発の面白さを知り、貴社のエンジニアとしての仕事に熱中できると確信している。後者に関しては、趣味や家庭が充実されている社員の方々と出会う機会が多くあり、貴社には私が望むようなライフスタイルを歩まれている方が多いと感じた。このことから、貴社の技術者として働くことで仕事とプライベートの両方を充実させ、自らの幸せを実現できると考えている。

志望している業界・企業をお書きください。

石油開発業界に最も関心があり、貴社以外では国際石油開発帝石株式会社に興味を持っている。また電力・ガス供給などのエネルギー下流業界や、一部製造業も視野に入れている。

内定者プロフィール

会社名JX石油開発株式会社
学校名東京大学大学院
学部系統工学系研究科
職種エンジニア
卒業年度2020
内定日2019年4月1日

選考フロー

ES・webテスト→面接2回

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

エントリーシートは手書きなので、丁寧な字で書くことは意識した。また記入項目が多いので、数日かけて日を置きながら文章を推敲した。

就活生へのアドバイス

日本の石油開発業界ではトップクラスの企業です。しっかり業界研究・自己分析等を重ねたうえで挑戦してください。

JX石油開発 2020卒,掘削技術者内定者エントリーシート

研究室での研究テーマと内容を初めて聞く人を想定してわかりやすく簡潔に説明してください。

研究テーマは、「○○の開発」である。逸泥と呼ばれる掘削トラブルへの処置に毎年数千億円もの費用がかけられている。そこで近年、○○の開発と実用化が進んでいる。○○とは砂粒状の固形物であり、逸泥が大規模化する前に逸泥発生源であるき裂を塞ぐことができる泥水添加剤である。しかし○○が坑井周辺に与える影響は解明されておらず、添加する○○粒子の最適な粒径決定手法は確立されていない。そこで、上記テーマのモデルを開発した。学部では、そのモデルを用いて○○が坑井周辺に与える影響を解析した。その結果、逸泥発生源であるき裂を○○によって塞いでも、次々と新たなき裂が発生する可能性が示された。そこで修士では、き裂の生成・伸展を動的に解析可能なモデルへと拡張する。

あなたの強みだと思うことはどんなところですか? また、その強みが今までのあなたの生活にどのような影響を与えてきたかを教えてください。

強みは、周囲を巻き込む力である。学部三年次に○○部の二軍リーダーを務めていた際にこの強みが活きた。当時、チームの士気の低さに悩んでいた。そこで次の三つの施策を実行した。一つ目に、メンバーと個別に面談した。なぜ入部したのか等を問い、入部当時の熱かった思いを呼び覚ますことで士気向上を狙った。二つ目に、自分自身が一軍を目指して本気で努力した。当時二軍に在籍していた上級生の数は少なく、下級生と比較して残された時間が少ない中で必死に上を目指してもがく姿を見せることで心を動かすことを狙った。三つ目に、

一軍との定期入れ替え戦を開催した。話し合いの中で、士気低下原因の一つは一軍昇格のチャンスの少なさと時期の不明確さであると判明した。定期戦の存在により、チャンスが明確になることで士気向上へつなげた。結果的にチームの士気は改善し、一軍に昇格する選手も増え、部全体の活性化に貢献した。

当社を志望される理由を教えてください。

石油開発の不確実性、規模感を最前線で体感できることに魅力を感じるため、掘削技術者として働きたい。その中でも貴社を志望する理由は三点ある。一点目は、貴社ではオペレーター業務を経験できる点である。自らが計画した井戸の掘削や、トラブルへの判断に対する責任はオペレーター業務でしか経験できず、魅力を感じる。二点目は、貴社のインターンに参加させていただき、憧れを抱いた点である。仕事に誇りを持つ社員の方々や、様々な国籍が集うオフィスでの業務、高層マンションでの生活などどれもが自分の目にはかっこよく映った。三点目は、貴社のグループとしての安定性である。貴社はグループ全体として上流から下流までを担っており、不安定な油価に対して、柔軟に対応できる点に魅力を感じた。

当社に入社してどのように貢献したいか、どのような役割を果たしたいかについてお聞かせください。

安心・安定な掘削を強みとした掘削技術者になることで貴社に貢献したい。安定な掘削を続けることは貴社の信頼にもつながるため、貢献できると考える。そこで次の二点を意識しながら経験を積みたい。一点目は問題解決力の向上である。掘削作業ではトラブルをいかに予防し、早く解決するかが経済性、安全性に大きな影響を与える。トラブルを具体的にイメージできるようにするためにも現場作業で使われる重機や道具、作業工程をしっかり学びたい。二点目はマネジメント力の向上である。掘削作業は、多くのサービス会社と協力して行う。安定した掘削を行うためにはチーム間の密なコミュニケーションとモチベーションの維持が必須である。ささいな気づきでも気軽に報告できるような現場環境を作りたい。

あなたにとって「働く」とはどういうことですか?

自分がやりがいを感じつつ、社会貢献することである。○○でのアルバイト経験がきっかけでこの考えに至った、。毎日大量の荷物が営業所に届き、それらを担当地域の個人宅やオフィスへと配達する。それら全ての荷物を、営業所メンバーと協力して指定時間中に配達し終えた際にはやりがいを感じる。そして、荷物を心待ちにしているお客様の笑顔を見れた際には貢献性を感じる。その結果上記の考えに至った。石油開発に掘削技術者として関わり、自分が計画した井戸が無事に掘削され、原油が出てきた際には今までにないやりがいを感じることができると考える。そして、その井戸から出てきた原油が町を灯す光や、様々な製品に姿を変えて世界中の人々の生活を豊かにすることは、私にできる最大の社会貢献となると確信する。

内定者プロフィール

会社名JX石油開発株式会社
学校名早稲田大学
学部系統創造理工学研究科
職種掘削技術者
卒業年度2020年
内定日2019年3月29日

選考フロー

エントリーシート→テストセンター→一次面接→最終面接

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

技術者採用では適性が見られていると思うので、そこでうまくをアピールし続けた。

就活生へのアドバイス

面接までに社員の方々と触れ合う機会は多いので、そこで技術者ごとの性格的特徴を大まかにとらえ、自分にはそこに適性があるんですよということをアピールすることが大事だと思う。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


インフラ(交通・エネルギー)業界のESの記事一覧
大学生おすすめコンテンツ