阪神高速道路【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

阪神高速道路株式会社内定者のエントリーシート

阪神高速道路株式会社 2020卒,事務系総合職エントリーシート

あなたが特に阪神高速道路を志望する理由は何ですか。また、あなたは阪神高速道路で何をしたいのか教えてください。

私は関西の発展に貢献でき、多くの人を支える仕事に携わりたいと考えています。インターンシップを通じて貴社は、効率輸送・輸送量という点から影響力が大きく、少数精鋭で社員間の距離が近いため、お互いに協力し高めあっていける社風であり、また命にかかわる大きな責任が伴うやりがいのある仕事だと知り、魅力的に感じて志望しました。私は貴社で、直近の目標として交通管理・交通企画など、実際に高速道路に近い立場で事故の調査・分析・や啓発活動を行い、その情報をカラー舗装や案内標識・合流方法の変更に活かし、さらなるCS向上に向けて取り組みたいと思います。その後は経験を基に、

阪神都市圏の高速道路網の完成と維持を目指し、急務である大規模更新工事などの維持修繕、大阪湾岸道路西伸部などのミッシングリンク解消に向けて、総務や広報といった立場から現場・チーム全体のことを理解・把握できる社員として、円滑な進行を支えることで多くの人を支えたいと考えています。

あなたがこれまでに最も打ち込んだことは何ですか。具体的に教えてください。なお、表現方法は自由です。

運営の代表という役割分担のもと、私は新歓活動・合宿などの各行事を円滑に進めることに尽力しました。改善点としては最近2年間で部員数が急増したことにより、作業方法の変更を行いました。具体的には部員を部門に分け、各部門代表者を決めて指揮系統を作成し、組織力を高め、効率化を図ることによって、練習時間・学業への支障を最小限に抑えました。個人では各行事の統括や旅行会社との打ち合わせ、行程の作成など行い、予算管理を担当しました。これらの出来事から私は粘り強く議論を重ね、調整を行う折衝力と組織の代表としての責任感と考え、動く「考動力」を得ました。

内定者プロフィール

会社名阪神高速道路株式会社
学校名関西大学(非公開希望)
学部系統経済学部
職種事務系総合職
卒業年度2020年
内定日2019年5月16日

選考フロー

エントリシート 郵送で4/3必着(送付してから1~2週間で連絡) キャリアワークショップ 4月中旬(1次選考)→ほかの志望者の話を聞いていると梅田の貸会議室で開催されたようで連絡もウェブ上であったらしいが、インターンシップに参加していたからか早期の日程に参加してほしいと電話連絡があり、また場所も本社内で開催された。 社員面談① 5月初旬(2次選考)2~3日で電話連絡 社員面談② 5月中旬(3次選考)→内々定 役員面談  6月初旬

面接、ES作成にあたり頑張ったこと、工夫した事

ほかの大手企業と違い手書きで郵送ということもあり、丁寧に書くことを心掛けました。 また、しっかりと企業研究をして学内・学外での企業説明会で自ら質問に行くなど積極的性を見せ、インターンシップ・交通管制センターへの見学への参加などで人よりも志望度を高く持つようにしました。

就活生へのアドバイス

雑談や選考に関係ないと思われることもしっかりとはきはきと答えることが重要です。対策できることはあまりありませんが、仕事を通じてどのようなことを実現したいかはっきりしておくことが大切だと思います。 私は辞退しましたが、その際も採用担当者の方は表向きだけかもしれませんが、私の選んだ道を応援してくれました。会社としても良い会社だと思いますし、選考を通じてもそう感じました。とても受けて欲しい会社です。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


インフラ(交通・エネルギー)業界のESの記事一覧
大学生おすすめコンテンツ