EYアドバイザリー&コンサルティング【内定者のES(エントリーシート)&本選考レポート】

内定者のエントリーシート&選考レポートを参考に、内定を勝ち取りましょう!
ESに加え選考フロー、選考アドバイスも見ることができます!
内定者のES一覧

EYアドバイザリー&コンサルティング

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング 2021卒,ビジネスコンサルタント内定者エントリーシート

コンサルティング業界、またはEYに興味を持った理由について記述してください。(400字以内)

コンサルティング業界を目指す理由は2点ある。1点目は、社会への貢献度が高い仕事であることだ。コンサルティング業務では様々な業界に広く携わり、大企業である顧客の経営戦略に関わることで、企業を起点として社会全体に大きな影響を与えられると考える。私は学生団体で代表を務めた際、部員に感謝されることが嬉しくて自発的に様々な活動を行うことができた。そのため、将来は、「人のため」という大義のもとに働きたい。2点目は、若いうちから多様な経験ができることだ。自身の職務適性は実際に働くことでしか知ることができないと考える。私は将来自分の適職で力を発揮し、社会に大きく影響を与えたい。若いうちから多様な経験をすることで、自分の適性を知るとともに飛躍的なスピードで成長することができ、適職を見極めつつその後のキャリア選択の幅を広げることができる。この2点から私はコンサルティング業界を志望する。

大学/大学院での専攻、及び過去の経験を元にEYACC(EYアドバイザリー&コンサルティング)でどのような貢献ができるか記述してください。(400字以内)

私は、チームでメンバーそれぞれの能力を発揮させ、アウトプットを最大化させることで貴社に貢献できる。アルバイト紹介団体の代表として、日本最大級の大学祭「三田祭」に出店し、利益を上げ成功させた。その際、部の結束を強めることを目標とし、部員に楽しんでもらうために次の2つのことをした。1つ目は、執行代10人全員に、火器責任者、シフト調整係などの役割を与えた。これにより業務量の偏りを無くすと共に、

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング 2020卒,経営コンサルティング業務内定者エントリーシート

コンサルティング業界、またはEYに興味を持った理由について記述してください。

「地方から日本経済を回復させること」と「一人のビジネスパーソンとして国内外問わず活躍すること」を成し遂げたいからです。二度の留学を通し、多くの外国人が日本の文化や産業に対して興味・関心を持っていることを実感しました。このような日本が世界に誇ることができる分野を、自国の社会問題によって廃絶させたくないと思ったことから起因します。東京五輪を控えた日本では、都市部の開発が著しく進み、全国的に地方は転出超過の状況になっています。今後も大都市圏への人口流入が止まらず一極集中化が進めば、地方経済の衰退に歯止めがかかりません。そう考えた時、社会の抱える課題を解決するためにはコンサルティング会社で行政の資源に合わせた官民連携が必要不可欠だと感じました。異文化の中で身に付けた多様性を受け入れる力や行動力を生かし、多くの社会課題にアプローチしていきたいです。

大学/大学院での専攻、及び過去の経験をもとにEYACCでどのような貢献ができるか記述してください

私は大学時代、日本の観光産業について学びました。大学にて開講された「ツーリズム産業論」は日本観光振興協会による寄付講座であり、観光業界で活躍されている方を客員講師として毎週招聘し、今後の地方の観光地が取り組むべきことを考えていきました。特に「観光活性化による町おこし」というテーマに関心を持ち、2018年秋に福井県敦賀市で初めて開催された「敦賀国際文化交流フェスティバル」の告知映像を制作しました。イベントと敦賀市の魅力を引き出すために、

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング 2020卒,コンサルタント内定者エントリーシート

コンサルティング業界、またはEYに興味を持った理由について記述してください。(400字以内)

相手の抱える悩みを解決し、より活躍するための手助けをしたいと考え、コンサル業界を志望している。こう考えたきっかけは、アルバイトで、離職率が高いという課題を彼らの視点に立って解決したことだ。この経験で、効果的な問題解決により、相手が困難を克服し、本来持つ才能を発揮して活き活きと働き、価値を生み出すようになる姿を見られたことに充実感を感じた。こうしたことから問題解決に加えて、結果に責任を持つ仕事をしたいと考えるようになった。金銭面やシステム面だけでなく、顧客に最も近い距離で問題解決に取り組み、ソリューション実現まで総合的にサポートできるのはコンサルティング業界のみであると考え、顧客、さらには顧客のさらなる活躍による社会全体の成長に貢献したいと考えている。また、貴社の業務を拡大させ続ける姿勢と、若い時から多くの仕事に現場レベルで取り組め、スピード感を持って成長できるという点に魅力を感じている。

大学/大学院での専攻、及び過去の経験を元にEYACC(EYアドバイザリー&コンサルティング)でどのような貢献ができるか記述してください。(400字以内)

さらなる高みを目指す、という点で貢献ができると考えている。具体的には、留学中にリーダーとして学生団体を運営した際にこのような力を発揮した。団体の主な活動内容は、企業に依頼して日本人留学生の為の講演イベントを開くというもので、

EYアドバイザリー&コンサルティング2019卒 コンサルティング職エントリーシート

あなたが考えるコンサルタントのイメージはどのようなものですか。また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。

私は、「クライアントの現状と理想のギャップに対し適切な問題提起を行い、幅広い知識から取捨選択して、最善の解決策を考え実行し結果を残す」ということがコンサルタントの仕事だと考えてます。誰もが気づけないような潜在的で本質的な課題を見出すことは特に重要だと考えます。 その上で、私が考えるコンサルタントに必要な要素は2つあります。 1つ目は、「論理的に優れた課題発見力」です。クライアントの要求に対して、現実とのギャップを生む要因を多角的に的確に分析して、顕在化している課題だけでなく潜在的な問題を発見し問題提起していくことが、コンサルタントにしかできないことであり、最高なコンサルタントの必須条件だと思うからです。このような力をつけるためには、普段から当たり前のことにも考える癖をつけて、


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加


コンサルティング業界のES(エントリーシート)の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ