インターンの選考でもWebテストはあるの?対策はすべき?

最近では、インターンの選考でもWebテストを実施する企業が増加しています。そのため、早い段階でWebテストの概要や対策方法を知っておく必要があります。
そこで今回は、インターン選考ではどのようなWebテストが実施されるのか、そしてWebテストの対策はどのように進めれば良いかについて解説します。

webテスト
目次

インターン選考でもWebテストはある?

大企業のインターンでは実施傾向あり

大企業のインターンではWebテストが実施される傾向があります。
人気がある大企業のインターンには多数の応募者が集まります。その1人1人にじっくり時間をかけて選考することは難しいため、「Webテストの点数」という客観的な指標で選ぶ方法を取っているのです。
「足切り」が目的となっているため、基準点以上は得点できるよう対策しておかなければなりません。

企業全体を見ると少数派

大企業では取り入れられつつあるインターンのWebテストですが、企業全体で見れば少数派です。
1人1人と向き合う余裕があったり、「テストの成績よりも人柄を重視したい」という社風の企業だったりすれば、Webテストは実施されない傾向にあると言えるでしょう。

インターン選考で実施されるwebテストとは?

玉手箱

「玉手箱」は日本SHL社によって開発された総合職適性テストです。
玉手箱には言語・非言語という視点から問題が出される「GAB形式」と、言語的な問題を中心とする「IMAGES形式」の2つの形式が存在します。
1問にかけられる時間が制限されており、スピード感をもって解いていくことが求められます。問題のパターンは多くないため、対策しておけば素早く解くことができるでしょう。

WEBテスティング

リクルート社が開発した「WEBテスティング」は自宅で受検するSPIのことを指します。これは言語分野(国語)と非言語分野(数学)の2つで構成されています。
言語分野では、熟語の成り立ち・文節の並び替え・長文把握などの問題が出題されます。一方の非言語分野では、連立方程式・確率・図表の読み取りなどの問題が出題されます。

TG-WEB

ヒューマネージ社が開発したWebテストが「TG-WEB」です。
これまで紹介してきた玉手箱やWEBテスティングが国語や数学などの「基礎学力」を問うものだったのに対し、TG-WEBでは暗号を解読したり、登場人物の証言から嘘つきを探したりと、「発想力」が必要となる問題から構成されています。
高難易度の問題が出題される「従来型」と、低難易度で数多く出題される問題を解く「新型」の2パターンが用意されており、それぞれに対策が必要です。

Web-CAB

日本SHL社が開発したWeb-CABは、暗算・法則性・命令表・暗号という4つの能力試験と性格診断から構成されています。 暗算では素早く計算をこなしていくことが必要ですが、その他の問題では図を見ながら、その変化を頭でイメージしつつ解くことが求められます。
「論理的思考力」を重視した内容であるため、IT業界や金融業界で用いられることの多いWebテストとなっています。

インターン選考でのwebテスト対策

問題集を利用する

インターン選考でのWebテスト対策では、問題集を利用して繰り返し解くことが大事です。
Webテストの多くは出題される問題自体はそこまで難易度の高いものではありません。しかし、独特な出題形式や時間制限によって、実力を十分に生かし切れずに終わってしまうことがあるのです。
それぞれのWebテストに対応した問題集は数多く出版されています。自分の志望するインターン先が過去にどんなWebテストを出題していたかを調べ、適切な問題集を入手しておきましょう。

キャリアセンターや就活塾の対策講座に参加する

玉手箱やWEBテスティングのように、多くの企業で実施されているWebテストの場合は、大学のキャリアセンターが対策講座を主催していることがあります。
また、多くの就活塾でも対策講座を開催しています。「どうしても自分1人で対策するのは不安がある」という時にはぜひ参加してみましょう。

Webテストの体験サイトも活用しよう

Webテストは「パソコン」を使ったテストです。そのため、本番で慌てないように操作方法を確認しておくことも大切です。 最近ではWebテストを体験できるサイトがたくさんあります。もちろん、全ての問題形式に触れられる訳ではなく、ほんの数問の体験もありますが、パソコンで入力する感覚を確かめるという意味では十分役に立つでしょう。

最後に

就活ではインターン選考だけでなく、本選考でもWebテストを受検することになります。
そのため、インターン選考で早めにWebテストの対策をしておけば、本選考には少し余裕をもつことができるでしょう。また、インターン選考でうまく行かなかった場合でも、本選考までの期間に弱点を解消することで合格率を高めることもできます。
時間のあるうちにぜひWebテスト対策に取り組んでみてくださいね。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ