【業界研究】観光業界の現状・仕事内容・就活対策について徹底解説!

観光業界を志望している就活生は、観光業の現状や具体的な仕事内容、就活の対策法が気になるのではないでしょうか?一方で、観光業界は範囲が広いため、どこからどこまでを観光業と呼ぶのかわからない学生も多いかと思います。ここでは細かく触れていきますので、業界研究に是非ご活用ください。

【業界研究】観光業界の現状・仕事内容・就活対策について徹底解説!
目次

そもそも観光業界って何?

観光業は多岐にわたり、旅館やホテル、航空会社から、東京ディズニーランド・水族館・動物園のようなテーマパーク、飲食店まで幅広い業種を指します。その他に国際的なボランティア、領事館や大使館での仕事も含むことがあります。そのなかでもいわゆる旅行業界・観光業界と言われているのがJTB、H.I.S.といった旅行会社です。それらは構造の大きな観光業からわかりやすく取り上げるために、就活において、旅行業界と呼ばれることが多くあります。

観光業界の現状と動向

旅行・観光業界は毎年就活生からの人気が高く、人気業界ランキングでも上位に位置することが多くなっています。一方で、志望する人が多いだけでなく、需要も高まっているのがこの業界です。その背景には2020東京オリンピック・パラリンピックがあり、現在、民間企業から政府まで国を挙げて外国人旅行客の誘致に力を入れています。今後も訪日外国人旅行者の数は伸びていくでしょう。

また、ネット予約が拡大していることも観光業のニーズの高まりに関係しています。近年、インバウンド旅行客(海外から国内への旅行客)が回復し、国内ツアーに人気が集まっているのは、ネット予約の影響が大きいようです。

旅行業界での分類

その中でも志望者の多い旅行業界は大きく2つに分類することができます。旅行商品を企画・販売する「旅行業」と、旅行業者の代理店である「旅行業者代理店」に分けられます。

旅行業

「旅行業」は主に旅行の企画を行います。業務範囲によって第1種、第2種、第3種の3つに分けられています。
まず第1種旅行業者は海外、国内を対象にした旅行の企画・実施を行います。皆さんが知っているほとんどの旅行会社(例えばJTBやH.I.S.)が、この第1種旅行業者に当たります。
第2種旅行業界は海外の募集型企画旅行は取り扱うことができず、国内のみの募集型企画旅行の企画・実施を行います。第1種より業務範囲が狭いため、登録する際の条件となる基準資産額が第1種旅行業に比べて低く設定されています。
第3種旅行業界は限られた国内の募集型企画旅行の企画・実施を行います。ただし、営業所のある市町村及びこれに隣接する市町村に設定されていることが要件となります。

旅行業者代理業

「旅行業者代理」は他社が企画した旅行商品を、他社のために代理で販売します。法律上直接旅行の企画をすることはでませんが、代理契約を行うと、旅行業者の業務の範囲内であれば、全ての業務を代理する事が出来ます。また、旅行業代理業者は上記3種のどの旅行業者とも代理契約することができますが、法的には2つ以上の会社とは契約できないことになっています。

細かい職種と仕事内容

営業系

①団体営業
仕事内容は官公庁や学校、一般企業、各種団体を対象にした営業で、修学旅行や社員旅行などを扱います。旅行商品を販売するだけでなく、顧客の希望に沿った旅の企画や手配まで行います。既に決まっている旅行商品を販売するだけでなく、顧客に合わせた旅の提案もします。

②カウンター
実際に企業などに足を運ぶことのある①とは異なり、来店していただくお客様を待ち、商品を販売します。通常業務は店頭の看板やパンフレット、CM、ホームページなどを見て来店した顧客に対する、自社が主催する募集型企画旅行の提供です。お客様に合わせて、旅行のプランを立てたり、ホテルや航空機を手配することもあります。また、対面式だけではなく電話で問い合わせをしてきた顧客に対する営業も行います。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクターとは旅行添乗員です。パック旅行・団体旅行に同行し、観光地の案内を行います。同行中はツアー客のスケジュール管理、ホテルでのチェックインのお手伝い、要望やトラブルへの対応など常に頭と体を動かす仕事です。ツアーコンダクターは主に派遣会社に所属しており、旅行会社の社員がツアーコンダクターをすることは少ないようです。

ツアープランナー

ツアープランナーはその名の通り、ツアーの企画を行います。旅行業界で人気の職種であると同時に、企画したツアーを商品として販売するために宿泊地や航空機の手配も行う大変責任のある仕事です。現地に行って視察を行うこともあるため、旅行好きにはたまらない仕事と言えるでしょう。

ツアーオペレーター

クライアントである旅行会社の委託を受けて、海外旅行の現地施設や交通機関の手配を行います。顧客が旅行会社であるため、旅行客と直接関わることはほとんどありません。交渉するのが得意な人に向いている仕事です。

就活対策

業界・企業研究

まずは業界・企業研究をしましょう。一口に旅行・観光業と言っても、パッと頭に浮かぶ旅行会社から、飲食店・ホテル、レジャー業界でもあるテーマパークまで多方面に渡ることがご理解いただけたと思います。ここでは特に旅行業である旅行会社を取り上げて説明してきましたが、例えば、ANAのように海外旅行・国内ツアーパックの提供をする、旅行会社のような航空会社もあります。そして、航空会社は航空業界で括られることも多いです。このように複雑な構造となっているため、なぜ観光業界でもその業種を選んだのか、その会社が良いのか、言語化できるようにしておきましょう。

資格を取る

資格は必要条件ではありませんが、あって損はしないでしょう。旅行・観光好きであることは大前提です。人気の高い観光業界で他の就活生に差をつけるいい武器になるかもしれません。旅行業務取扱管理者、旅程管理主任者、通訳案内士、観光英語検定といった資格がありますが、海外に関連した業務が多い業界であるため、TOEICで高得点を取得していることも有利に働きそうですね。

アルバイトをする

関連性の高いアルバイトは評価されることもあるようです。就職活動中の話題の種、動機になるだけでなく、就職後の業務に役立つかもしれません。働いてからのミスマッチを防ぐこともできますね。

インターンに行く

インターンシップでは、実際の仕事に近い業務を体験できるためおすすめです。アルバイトのように長期間働く長期インターンは業務委託を受ける旅行会社などが募集しています。大企業の長期インターンは少ないですが、短期インターンシップの募集はしています。短期インターンシップでは業務内容の説明やグループディスカッションに加えて、働いている社員の方と話せる良い機会ですので、積極的に参加しましょう。

最後に

観光業界は構造が大きく、わかりにくく感じた方もいるかもしれません。しかし、その分自分に合った業種や職種が見つかりやすい業界でもあります。興味のある方は、自分の経験や特技を生かせるものがないか照らし合わせながら業界研究をしてみるといいですね。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ