就活の二次募集ってどんな企業がやってるの?募集時期や対策方法も併せて解説!

就職活動でどこからも内定がもらえなかった場合、絶望的な気持ちになってしまうかもしれません。しかし、まだあきらめるのは早いです。企業によっては「二次募集」をしているところもあります。しかし、この「二次募集」というのはどのようなものなのでしょうか?どんな企業が何を目的に行っているのでしょうか?

就活の二次募集ってどんな企業がやってるの?募集時期や対策方法も併せて解説!
目次

就活の二次募集はどのような企業がやるの?

一般的な就職活動のタイミングから遅れて行われる「二次募集」ですが、どのような企業が行っているのでしょうか?もしかして人が集まらないブラックな企業がやっているものなのでは……と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。「二次募集」を行う企業にはそれぞれ「二次募集」を行う理由があります。

一次募集で定員に達しなかった場合や欠員が出た場合

まずは、一次募集で定員に達せず、引き続き人材の募集を行う場合です。知名度の低い会社であったり、告知不足などにより応募者が集まらない場合や、応募者は集まり内定も十分に出したものの辞退者が予想以上に出てしまった場合などに二次募集を行うことがあります。

募集職種の適性に合う人材が不足した場合も

さらに、募集職種の適性に合う人材が不足した場合に追加で二次募集を行うこともあります。例えば、営業職と企画職と事務職を募集していたにも関わらず、応募してきた人材が営業職に向いていないタイプの学生ばかりであった場合、営業職に適した人材を追加で募集するような場合です。ほかにも急遽経営方針の変更があり採用枠が広がったというようなこともあります。

募集時期は一次募集終了後~秋ごろまで

この二次募集は、多くの場合、一次募集が終了した夏ごろから秋ごろにかけて行われます。このタイミングで、「まだ内定がもらえていない」「内定はもらえたがチャレンジしたい業界がある」場合には二次募集を行っていないかチェックしてみると良いでしょう。

二次募集の対策は?

二次募集は、一次募集での就活対策と少しだけ異なるポイントがあります。同じイメージで挑んでいては難しいかもしれません。気を付けるべきポイントを押さえておきましょう。

その企業がなぜ二次募集をしているかをチェック

まず、なぜその企業が二次募集をしているのかを可能な範囲でチェックしましょう。たとえば、「営業職の人材が不足しているから」であれば、自分が営業に向いていることをアピールします。あるいは、「想像以上に内定辞退者が出た」様子であれば、自分は内定をもらったら必ず入社する意思があることをアピールするなど、その会社の募集理由に即した受け答えを意識することは大切です。

求める人材をしっかり研究して受け答えをする

さらに、どのような人材を求めているのかを研究することも必要です。二次募集は特に一次募集を経て面接官の目も肥えてきています。業界研究・企業研究はもちろん、その会社がどのような状況でどのような人材を求めているのかまで意識して受け答えをしましょう。

二次募集での注意点

二次募集はほかにも、一次募集のときと異なり注意したい点があります。

一次募集で落ちた企業は受けない

一次募集で受けたものの、落ちてしまった企業に再度チャレンジしたいと思う方もいるかもしれませんが、それはNGです。場合によっては「一度選考を受けられた方は二次募集への応募はできません」と記載されている場合もあります。一次募集で落ちてしまったということは、その企業があなたは採用しないと一度決めているので、何度かチャレンジすればいつかは合格するというものでもありません。人事担当者の手間を増やしてしまうことにもなりますので、一次募集で落ちた企業が二次募集をしていたとしても応募することは避けましょう。

一次募集でなぜ内定がもらえなかったかを話す

二次募集を受けると、企業側からも「内定はもらっていますか」「なぜ二次募集を受けているのですか」と聞かれることがあります。どちらの場合であっても、その理由を堂々と説明できるように準備をしておきましょう。たとえば、内定はもらったけれどチャレンジしたい業界がある場合であればその理由を明確にし、どちらからも内定をもらった場合にはどうするつもりなのかまで話すことができればベストです。もしまだ内定をもらっていないという場合には、「途中で希望する業界が変わったため」「自己分析が不十分だったためだが、きちんと自己分析をやりなおした」など問題が改善できていることをアピールできると良いでしょう。

最後に

二次募集を行っている企業は、それぞれ理由や事情があって二次募集を行っています。選考に応募する際にはなぜその企業が二次募集を行っているのかを確認し、そのニーズにあった人材であることをアピールできるかが大きなポイントとなります。また、自分が二次募集を受けている理由についてもしっかり話せるようにしておきましょう。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加


大学生おすすめコンテンツ