アルバイトより稼げる?学生でもできる副業とは

一般的な時給制のアルバイトだけでなく、パソコンやスマホを使って家にいながら好きな時間にできる副業や、単発で比較的高収入が得られるバイトでお金を稼いでいる大学生が増えているようです。ここでは大学生でもできる、おすすめの副業をご紹介します。

sideline-job-for-students
目次

副業するならリスクのない安全なものを

副業と一言にいっても様々なものがあります。手っ取り早く高収入を得たいのが本音かも知れませんが、やはり安全第一です。リスクの大きい投資や、怪しい副業は避け、地道に稼げる副業、稼ぎながらスキルアップや知識を増やせる副業などを選びましょう。

大学生におすすめの副業

大学生が気軽に始められる副業にはどんなものがあるでしょうか?ここでは始めるにあたってハードルが高くなく、大学生活に影響の出なそうなものをご紹介します。

アフィリエイト

アフィリエイトととは紹介料のことです。自分のサイトやブログに広告を貼り付け、そこから誰かが商品を購入することで、紹介料が収入として入ってくる仕組みです。そのためには、まず自分のサイトやブログを開設し、そこにある程度の閲覧者が集まらないと始まりません。

そのため、アフィリエイトで稼ぐには、極めている趣味や特技、専門的な知識がある人が向いています。それに特化した情報を発信することで、ある程度の数の閲覧者を獲得できます。自分にはこれがある!と思う方は始めてみてはどうでしょうか。インスタなどSNSのフォロワーが多い方なら、フォロワーを誘導するのも効果的なようです。

ただ、人気ブログやサイトであっても、閲覧者が集まり、広告収入が得られるようになるまでには半年~1年以上はかかるようなので、ブログの執筆やサイトの更新を楽しむ中で、収入も入ってくればいいなというスタンスで続けないと長続きしなそうです。

Webライター

文章を書くのが好きでPCがあれば誰でも始められるWebライターも、大学生に人気の副業の一つです。

Webライターのよいところは、好きな時間に好きな場所で作業できることです。待ち合わせまでの時間や、講義の空き時間など、ちょっとした隙間時間に作業を進めることができるので、ストレスなく続けられそうです。また、執筆する内容を調べることで新しい情報が得られたり、触れる機会のなかったジャンルにも興味が持てたりと得るものが多いのもこの仕事のメリットだと思います。詳しいジャンルがある方なら、専門ライターとして単価の高い記事を書くこともできます。
給与体系は、一文字〇円、一記事〇〇〇〇円などの出来高制を採用している場合が多いので、頑張りに応じて収入が得られます。時間を上手にやりくりすればまとまった収入を得ることも可能です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、企業や個人が不特定多数の人に対して業務を発注する仕組みです。クラウドソーシングのマッチングサイトに登録し、自分のやりたい案件に応募して、条件が合えば在宅で仕事ができます。

仕事の内容は、Webライティングやデータ入力、テープ起こし、名刺デザイン、プログラミング、アンケートへの回答、モニターなど非常に幅広いため、自分にもできそうだという仕事がきっと見つかると思います。仕事の期間も単発や短期・長期などいろいろあるので、自分の都合でできるのも魅力です。

単発の仕事の場合、まとまった収入を得るためには継続して新規の仕事を受注し続ける必要があります。自分に合った長期の仕事を見つけられると安定した収入が得られやすいです。

フリマアプリ

メルカリやラクマなどに代表されるフリマアプリも、大学生が稼ぎやすい方法の一つです。自分の不用品はもちろん、実家にある不用品(結婚式の引き出物、ブランド物のバッグや財布)などを売って、うまくいけばまとまった収入を得ることも可能です。ただ、売るものがないと収入にはならないので、長期的に安定した収入は見込めなそうです。

治験バイト

治験バイトとは、新薬の開発時などに、薬にちゃんとした効き目があるのか、副作用はないのかなどを試すバイトです。この治験で効果の出たものが新商品として世に出るため、社会貢献できる仕事とも言えます。事前に健康診断を受ける必要があるため、自分の健康チェックができることと、高収入なのが魅力です。

ただ、自分の身体を使ってのことですので内容をきちんと理解し、納得できない場合や不安なことがある場合は控えましょう。

収入に応じて税金の申請も忘れずに!

副業をする上で忘れてはいけないのが税金の申請です。自分が親の扶養に入っているか否かで税金のかかる収入が変わるので確認してください。

扶養に入っている場合

扶養に入っているなら、一年間の収入が103万円以下であれば申請は必要ありません。103万円を超えると確定申告の必要があります。

扶養に入っていない場合

扶養から外れているなら、一年間の収入が38万円を越えると確定申告が必要になります。

申請し忘れて、何年後かにまとめて税金を徴収されると大変なので、確定申告の必要があるかどうか、きちんと確認しましょう。

最後に

副業を経験することで、自分でお金を稼ぐスキルが身に付きます。また、様々な副業を調べたり、経験したりするなかで、新しいビジネスや、自分で会社を興すなどの着想が得られることがあるかもしれません。副業は経験のひとつとしてとてもいいと思いますが、大学生活とのバランスを考えて取り組みましょう。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ