三井住友信託銀行の就活本選考体験記(2020年卒,総合職Gコース【全国型】)

三井住友信託銀行の就活本選考体験記(2020年卒,総合職Gコース【全国型】)です。先輩の体験記を参考にして、就活を有利に進めましょう!

就活本選考体験記一覧

会社名 三井住友信託銀行
部門(職種) 総合職Gコース【全国型】
卒業予定年/卒業年 2020年
内定(内々定)が出た時期 大学4年生の5月
三井住友信託銀行の就活本選考体験記

選考フロー

エントリーシート、WEBテスト→リクルーター面談4人→面接2回

エントリーシート

提出時期

4年生の4月

提出方法

マイページから提出

設問、文字数

大学時代に最も力を入れて取り組んだことについて教えてください。(50文字以内)
その内容について教えてください。 400文字以内)
新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。 200文字以内
周囲と協力して活動した際に、やりがいを感じた経験について教えてください。 ※(200文字以内)

結果連絡の方法、日数

1週間後、電話にて社員に会うように言われる

留意したポイント、アドバイスなど

相手に自分のことが伝わるようにしっかり書いた。
また、端的にわかりやすく書くように心がけた。その中で自分らしさを出した。

筆記試験

受験方法

自宅にてWEBテスト

内容や難易度

一般的な玉手箱。ボーダーは高くない。

結果連絡の方法、日数

1週間後、電話で

一次面接

同時に面接を受けた学生の人数

1人

面接官の人数、役職など

1人、現場社員、大学のOBである。4回ほどあった。

時間

40分くらい

質問内容や進め方

リクルーター面談と同じである。


本社で集合して会議室で面談。
まずは社員が自分のしてきたこと、プロフィールについて話してくれる。そこから逆質問がメイン。
そして、学生時代にがんばったことやどの業界を志望しているかを聞かれる。

雰囲気

和やか。リクルーター面談と一緒のため、色々ときける。

留意したポイント、アドバイスなど

和やかであるが、これはれっきとした選考である。そのため、気を抜かずにしっかりと話した。また、事前に三井住友信託銀行について調べておいた。

結果連絡の方法、日数

1週間後、電話にて人事部面接に呼ばれる。

二次面接

同時に面接を受けた学生の人数

1人

面接官の人数、役職など

1人、人事部社員

時間

60分程度

質問内容や進め方

まず、別室に待機させられる。その後、名前が呼ばれて一緒に面接部屋についていく。
面接の内容はエントリーシートに書いたことがメイン。
学生時代にがんばったこと
その深掘り
・なぜそれをやったか
・苦労したことは何か
・それをどう乗り越えたか
三井住友信託銀行を志望する理由
深掘り
また、信託銀行に関する理解を問う質問もあった。

雰囲気

すこし堅い。しかし、しっかりと私の話を聞いてくれて、話しやすかった。深掘りがとても深く聞いてくるところもあったため、そこはピリついた。

留意したポイント、アドバイスなど

自分らしさを出せるようにした。
また、信託銀行に関する理解は問われると思っていたため、そこの理解は深めた。
ライバルである三菱UFJ信託銀行ではなく、三井住友信託銀行を志望する理由をしっかり考えた。

結果連絡の方法、日数

その場で口頭。

三次面接(最終面接)

同時に面接を受けた学生の人数

1人

面接官の人数、役職など

1人

時間

60分程度

質問内容や進め方

まず、別室に待機させられる。その後、名前が呼ばれて一緒に面接部屋についていく。
面接は志望の熱意がはかられている。
具体的な質問内容は
最初にエントリーシートに書いた深掘り
その後に
・入社後にどんな働き方をしたいか
・なぜ信託を志望するのか
・なぜ三井住友信託銀行なのか(なぜ三菱UFJ信託銀行ではないのか)
・入社後の仕事はキツいけど大丈夫か(キツい仕事にも耐えられるか)
など
また、内定を通知したらくるかも聞かれた。

雰囲気

堅い。すこし圧迫気味で本当に三井住友信託銀行にくるかをはかられているように感じた。

留意したポイント、アドバイスなど

三井住友信託銀行が第一志望ですと何度も伝えた。
この面接では志望動機や入ってから何がしたいかといった入社への熱意がはかられているように感じる。

結果連絡の方法、日数

3日後に電話で内定通知

内定後

同じ部門の内定者数は何人くらいか

辞退したため不明。友達の話では、全体で200人くらいいると聞いた。

内定後の拘束状況

6月1日は拘束されるらしい。

OB訪問

内定先企業にOB訪問したか

した

内定先企業にOB訪問した場合は方法や選考への影響、感想など

リクルーター面談が大学OBである。また、座談会などもある。

インターンシップ

内定先企業のインターンに参加したか

参加しなかった

この企業の選考全体を通して

企業研究をどのように行いましたか?

三菱UFJ信託銀行のインターンシップに参加していたため、信託銀行に関する理解は深まっていた。その中で三井住友信託銀行の特色ややりがいを座談会やリクルーター面談を通して聞いた。

選考で重視していたと思われる点は何ですか?

入社への熱意。第一志望かどうか。
特に何回も第一志望かどうかを聞かれて、なぜかを何回も説明した。第一志望と伝えれば大丈夫であると思う。

この内定先の社員や内定者にはどんな人が多いと思いますか?

様々な人が社員にはいた。しかし、あった人は頭がいい人が多いなとは思った。

おすすめの選考対策、アドバイスがあれば教えてください。

三井住友信託銀行に関しては、第一志望であると伝えることが重要です。そして、なぜ第一志望か、どこに興味や関心を持っているか、入社してなにがしたいかなどを相手に対して論理的に話す必要があります。
信託銀行に関する理解も深めて、頑張ってください。


大学生・就活生イベントランキング


金融業界の就活本選考体験記の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ