【例文あり】就活の自己PRで「笑顔」をアピールする方法とは?

接客業や営業など笑顔が大切な職種では、自己PR欄で笑顔をアピールしたいと考えている人も多いと思います。しかし、「笑顔」をアピールする効果的な書き方はあるの?アピールする際にはどんなことに気をつければいいの?と悩んでいる方もいるでしょう。

ここでは、就活の自己PRで「笑顔」をうまくアピールするコツをご紹介します。書類上からでも「この人に会って笑顔を見てみたい!」と思ってもらうことのできる、自己PR文を仕上げましょう。

【例文あり】就活の自己PRで「笑顔」をアピールする方法とは?
目次

「笑顔」は就活の自己PRで使える?

そもそも自己PRとは

企業の担当者が自己PRを聞くのは、「自社にマッチする人材か」「自身を客観的に分析できているか」などの判断材料とするためです。選考は企業と自分の相性をしっかりと見極める場なので、嘘をついたりせずに正直に自分の強みをアピールしましょう。

自己PRできることがないと悩む方も多いですが、アピールポイントは飛び抜けて優れている必要はありません。あなたらしさが伝わるのが良い自己PRなので、笑顔が強みだと思うなら自信を持ってアピールしていきましょう。

「笑顔」が評価される理由

笑顔が素敵な人は第一印象が良く、就活の選考でも高評価となることが多いです。いつも笑顔でいる人の存在は次のようなプラスの効果があります。

・笑顔が周囲の人に伝染する
・職場の雰囲気が明るくなる
・従業員同士のコミュニケーションが増える

笑顔が多い人が職場にいると自然と周囲の人も笑顔が増えます。コミュニケーションが取りやすくなり、仕事もよりスムーズに進められるでしょう。笑顔は人間関係を良くしたり、仕事にも影響を与える武器となるのです。

自己PRとして文章で笑顔をアピールするには

書類上で、自己PRの「文章」として笑顔をアピールするのは難しいと感じるかもしれません。しかし、以下の2つのポイントを押さえることで、自分の笑顔を採用担当者に想像してもらうことができると同時に、その企業にどのように役に立つかをアピールし、次の面接に進むことができるようになります。

具体的なエピソードを記載しよう

「私は笑顔が自慢です」といくら書いても説得力はありません。必ず、笑顔によって相手に影響を与えた具体的なエピソードを添えるようにしましょう。

アルバイトもしくは友人に対して、またどのような場面で、などのストーリーを盛り込むのが有効です。あなたが笑顔になる前と後で誰がどのように行動を変えたのかも書けるとさらにいいでしょう。

仕事で笑顔をどう役立てるのか

さらに、あなたのその笑顔が志望している職種や職場で、どのように役に立つのかまで触れるようにしましょう。

ただ「笑顔が素晴らしいと言われた」「笑顔のおかげでピンチの場面の空気を一転させることができた」といったエピソードだけでは不十分です。

「この持前の笑顔で御社では接客を通じてお客様に居心地の良い空間を提供したいです」といった内容に落とし込むことが必要です。

自己PRで「笑顔」をアピールする例文

それでは、各場面別で自己PRとして文章で笑顔をアピールするための例文をご紹介していきます。あなたのアピールしたい内容に合わせて、合うものをアレンジしてみるためのイメージに役立ててくださいね。

接客業のアルバイト

私はファミレスで4年間アルバイトをしています。家族連れのご来店が多いファミレスですが、たまにクレームだけでなく理不尽なご要望をおっしゃるお客様もいます。状況により、対応方法は変わりますが、初期段階で理不尽なご要望をおっしゃる方に対しては、私は笑顔で接することを心がけています。

「どうかされましたか?」と普段どおりの笑顔で接した際、あるお客様から「あそこの子どもたちがうるさいから文句を言おうと思ったんだけど、きみの笑顔に癒されたから、もう大丈夫」と言われました。さらに、お帰りの際に「明るい声と笑顔でずっと接客していて、仕事で嫌なことがあったんだけどなんだか元気が出たよ」と言って頂くことができました。以来、それまで以上に笑顔での接客を心がけています。

御社に入社後は1年間は店舗での接客業務に従事することとなりますが、このアルバイトの経験を活かし、笑顔でお客様に「この店に来てよかった」と思ってもらえるお店づくりをしたいと思います。その後はそういった想いを持ってお店に立つ従業員の育成に携わりたいと考えています。

辛いときにも自分を律することができる

私はどんなに辛いときでも、笑顔でいることを大切にしています。昨年祖母を病気で亡くしましたが、親戚の方やサークルの友人などは私がおばあちゃんっ子だったことを知っているため、とても心配して腫れ物に触るような気遣いをしてくれました。

しかし、周囲の方にそういった気遣いをさせてしまうことがとても心苦しく、辛いという気持ちはひとりでいるときだけ解放し、人前では常に笑顔でいることを心がけました。そうすると、辛い気持ちも少しずつ軽減され、また日々のストレスも乗り越えることができるようになりました。

社会人になってからは営業としてときに嫌なこともあるかもしれませんが、この経験を糧に、常にお客様に対しては笑顔で接することのできるよう心掛けたいと思います。

サークルでのまとめ役

私はサークルで幹事長を務めており、常に代表の私が笑顔でいることが大切だと考えています。

サークル内での意見の食い違いがあった場合にも、「まずはお互い冷静に話そう」と声をかけることで険悪な雰囲気にならないように心がけています。時には私自身も冷静さを欠いてしまいそうになりますが、常に「冷静で笑顔でいること」を自分に言い聞かせるようにしています。

医療機関では冷静な判断力と、患者様への安心感を与えることが大切だと思います。私の「笑顔で対応する力」で患者様の不安をできるだけ軽減し、冷静な処置を行いたいと考えています。

自己PRで「笑顔」をより効果的にアピールするために意識すべきこと

なぜ「笑顔」でいるのか

「笑顔が得意」「周囲に笑顔を褒められる」というだけでは、自己PRとしては弱いです。「なぜいつもで顏でいることを心がけているのか」も書くようにしてみてください。

「場の空気を明るくしたいから」「コミュニケーションを円滑に進めたいから」などの理由を付け加えることで、説得力が高まります。

「笑顔」を他の言葉で言い換えてみる

「笑顔」をアピールする就活生は少なくありません。「笑顔」という言葉では、面接官に「また同じような自己PRだな」と思われてしまう可能性があります。

別の言い方の例では、次のようなものがあります。

・明るい性格である
・ムードメーカーとして場の空気を和ませることができる
・いつもいい気分でいることを心がけている

他の自己PRと差別化するために、自分なりの言い換え表現を考えてみてください。

証明写真も「笑顔」で

自己PRで「笑顔」をアピールするなら、証明写真も笑顔のものを使いましょう。無理に大げさに笑うよりも、口角が少し上がっている自然な笑顔が好印象です。

「自己PRと写真が矛盾している」ということにならないよう、素敵な笑顔の写真を撮ってみてください。

就活の自己PRで「笑顔」をアピールする時の注意点

笑顔のアピールが逆効果にならないよう注意

「笑顔」は誰からも好かれるポイントのように思われていますが、どんな職場でも必ずアピールになるとは限りません。緊張感を持って仕事をすることが重視される職場で笑顔をアピールすれば、「仕事を十分に理解できていない」「企業研究をしていない」とマイナスの印象を与えることもあります。

接客業・サービス業など人と接する仕事や、人間関係・コミュニケーションが重視されている職場では笑顔は効果的なアピールとなりやすいです。しかしスキルの高さが重視されるような職場では、別のアピールポイントを探した方がいいかもしれません。

就活の自己PRでは、企業の特徴・文化・社風などを理解して、それらにマッチした強みをアピールする必要があります。より効果的なアピールにするために、企業研究をしっかり行いましょう。

「笑顔では弱い」と考える人も

笑顔は就活の場でのアピールとしては少し弱い、と考える採用担当者もいるかもしれません。「笑顔以外に他のアピールはありませんか?」と聞かれた時にすぐに答えられるよう、もう一つくらいアピールポイントを用意しておくといいでしょう。

笑顔は効果的に

面接は笑顔をアピールする絶好の機会ですが、ずっと笑っているよりも、ポイントを抑えて笑顔をアピールする方が効果的です。終始笑顔でいると、熱意や真剣さが伝わりにくくなることがあります。

志望動機や将来の目標などは真剣な表情で伝え、雑談のようなフランクな話題では笑顔で答えるのがいいでしょう。初めと最後の表情は印象に残りやすいので、面接の初めの自己紹介のタイミングと、最後にお礼を言うタイミングでも笑顔を意識するといいでしょう。

どうアピールする?ESの自己PR・ガクチカ例文集

面接に進むことができたら笑顔で面接を受けて

就活の自己PRで「笑顔」をアピールする方法をご紹介しました。具体的なエピソードを添えて、あなたの笑顔をイメージしてもらうことができる文章を心がけましょう。面接に進むことができたら、たとえ緊張していても、必ず笑顔で面接を受けることを忘れないでくださいね。



自己PRの記事一覧
大学生おすすめコンテンツ