食品メーカーの業界研究、就職活動対策

就活生に人気の高い、食品業界。扱うものが「食品」という身近なものだけに、人気が集まるのも頷けますね。ここでは、食品業界に就職を希望している学生が、知っておくべき基本的な業界知識をお伝えしていきます。

まずは、業界の現状や動向、課題などを理解することからはじめましょう。また、どんな職種があるのか、どんな人が向いているのか、志望動機作成の際のポイントなども解説しています。業界研究や就職活動の対策に活用してください。

食品メーカーの業界研究、就職活動対策
目次

食品業界について知ろう!

食品業界の概要

食品業界は、よく「安定している業界」だと言われます。食べ物は、生きていく上で必要なものですから、旅行や嗜好品のように、景気変動のあおりを受けて、売上高が大きく上下することが少ないためです。
また、食品メーカーといっても調味料や飲料、菓子、冷凍食品のメーカーなど多岐にわたります。企業によって扱う製品も違うので、企業研究をする際はどこが競合なのか取り扱い商品を確認して判断しましょう。

では、食品業界の基本的な知識として、売上高ランキングや市場動向などを見ていきましょう。

売上高ランキング

日本経済新聞によると、2018年1月時点の食品業の売上高ランキングは、以下の通りです。

1.JT(日本たばこ産業)2.14兆円
2.キリンホールディングス 2.08兆円
3.アサヒグループホールディングス 1.71兆円
4.サントリー食品インターナショナル 1.41兆円
5.明治ホールディングス 1.24兆円
6.日本ハム 1.20兆円
7.味の素 1.09兆円
8.山崎製パン 1.04兆円
9.伊藤ハム米久ホールディングス 0.79兆円
10.森永乳業 0.59兆円

一度は社名を聞いたことのある企業がほとんどですね。

市場動向

食品業界はここ数年原材料輸入にかかるコスト高の影響で、各社とも値上げせざるを得ない状況が続いています。商品の値上げは、消費者の購買意欲にも大きな影響を与えているようです。

また、少子高齢化、人口減少などから、国内の需要は長期的に見れば縮小傾向にあるため、食品メーカー各社は海外にその活路を見出そうとしています。

例えば大塚製薬の「ポカリスエット」は、イスラム教徒の断食月である「ラマダン」に商機を見出し、ラマダン明けのドリンクとして、浸透しつつあるといいます。大手企業を中心に、すでに海外展開を進めている企業も多く、すでに国内の売上よりも海外の売上の方が高い企業もあります。

業界の課題

食の安全問題

ここしばらくはあまり話題に上っていませんが、数年前までよく取りざたされた「食の安全問題」。産地偽装や賞味期限の改ざんなど、不正は後を絶ちません。

消費者は食品メーカーを信じて購入するしかない中、業界全体への不信感が拭いきれたとは言えない状況です。消費者の信用をどのように得ていくか、が課題と言えるでしょう。

海外進出

上記でも述べたとおり国内市場の縮小から、企業は「商機は海外にある」と考えています。しかし、海外展開のノウハウを持たない企業にとっては、どのように進出をしていくか、それ自体が課題です。海外でなじみのない食品を扱う企業であれば、なおさらでしょう。

利益率の低さ

相次ぐ値上げで消費者側からすれば「消費者にコスト高の影響を押しつけている」と思われがちな食品業界ですが、海外の食品メーカーと比べると利益率は低いのだそうです。

1つ1つの利益が薄いためたくさん売ることで利益を得るという「薄利多売」の状況も、食品業界の課題と言えるでしょう。

どんな職種がある?

ここまでは、食品業界の概要についてお伝えしてきました。それでは、実際に食品業界に就職するとなった場合には、どういった職種があるのでしょうか。代表的なものを挙げてみました。

商品企画・マーケティング

市場調査をして、売れる商品を企画する仕事です。販売経路の開発なども行います。消費者のニーズやトレンドに敏感な感覚が求められる職種です。

研究・開発

商品の開発や、味や品質の改良、原材料の基礎研究などを行います。研究の成果を活かしつつ、高品質で安全な商品をコストを抑えて製造できるよう開発していきます。新商品の開発だけでなく、既存商品の改良も行います。食材や食品加工に関する専門知識が求められるため、研究職として募集されることが多いようです。

製造

実際の製造ラインで商品製造を行います。商品の生産だけでなく、品質保持・衛生管理なども担います。

生産管理

需給の調整や、製造計画を立てる仕事です。無駄なく商品を流通させるために、市場の動向などを正しく読み取る力が必要です。

営業

できた商品を小売店や商社、外食業などに売り込む仕事です。高いコミュニケーション能力と提案力がもとめられる職種です。その他、人事や総務、事務、経理、経営企画など、どの企業にもある職種もあります。

どんな人が向いている?

食品業界で働くには、どのような資質が必要なのでしょうか。どんな人が向いているのか、4つの観点から解説していきます。

食に興味のある人

当然ながら、食に興味があることは基本です。「食べられれば何でも良い」と考えている人よりも、「よりおいしくて安全なものを届けたい」という思いをもって働ける人材が求められています。

また、商品開発の仕事について言えば、味覚も非常に大切です。味は甘味、塩味、酸味、苦味、旨味で構成されています。味に敏感でないと、商品の味を調整することが難しいため、味覚も重要だと言えるでしょう。

アイデアや提案力のある人

特に企画職には、他社と差別化ができる、よりよい商品を生み出すためのアイデアが必要です。今市場にない商品を生み出す、また、その商品が売れるであろうとプレゼンする能力も必要となるでしょう。

営業職には、どうしたら自社の商品を買ってもらえるか、使ってもらえるかを考えるアイデアが必要です。特にスーパーなどの小売店に商品を納入する営業職は、いかに自社の商品を大きく取り扱ってもらうかが売上に直結するので非常に重要であり、そのための提案力も欠かせません。

誠実に人や仕事に向き合える人

「食の安全」が叫ばれている昨今だからこそ、誠実さも非常に大事です。人が口に入れるものを作る企業だからこそ、もしも安全でない食品を消費者に届けてしまった場合、健康被害や、命の危険に繋がる場合もあります。

食品に携わる仕事をする者として責任を持ち、仕事や商品と誠実に向き合える、信用のおける人を企業は求めています。

志望動機作成のポイント

志望動機では、どんなことをアピールするのがいいのでしょうか?食品業界で注目されるアピールポイントをいくつかご紹介します。

メーカーや商品への愛情をアピール

大手食品メーカーになると、毎年数万人が採用選考を受けます。「御社の商品がとても好きで」「子どもの頃から御社の商品を食べていて」といった理由を挙げてくる就活生は多いのですが、企業側は「それならば顧客としていつまでもファンでいてほしい」と思ってしまいます。

他社でなく、その企業でなければならない理由を明確にする必要があります。「他のメーカーや商品ではなく、なぜそのメーカーや商品が好きなのか」、ということについて具体的に説得力のある説明ができるようにしておきましょう。

海外経験や語学力をアピール

食品業界は多くの企業が、海外市場の開拓に積極的です。海外市場の開拓には語学力が必須なので、外国語に堪能だと大きなアドバンテージとなります。また、海外向けに商品を開発する場合は、留学など海外で暮らした経験がとても役に立つでしょう。

語学や海外経験をアピールする際は、「自分がその経験をいかしてどんなことで貢献できそうか」という点と絡めてアピールすると説得力が増します。

解決したい課題をアピール

食品業界が扱うテーマは非常に幅広く、「健康」「美容」「ダイエット」「美食」などがあります。自分がどんなテーマや課題に問題意識を持っているのか、どんな社会問題を解決したいのかを語れるといいアピールになります。

具体的な体験やエピソードなどを盛り込んで、「食」を通じてどんなことを実現したいのかを語れるようにしておきましょう。

インターンシップに参加してみよう

より業界理解を深めたり、説得力のある志望動機を作成するためにインターンシップに参加することをおすすめします。インターンシップに参加し、社員と交流することで会社の雰囲気や業務への理解を深めることができます。
また、人気企業ではインターンシップの選考で適性検査や面接を実施するところもあるので、本選考前に面接や適性検査に慣れる練習をすることもできます。
インターンシップに行くことで就活で有利になる企業もあるので、積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

最後に

食品業界は人気の業界なので、しっかり業界研究・企業研究をした上で選考に臨むことが大切です。これまでお伝えしてきた業界についての知識はもちろんのこと、各企業のホームページなどをくまなく見てみましょう。

商品情報だけでなく、IR情報なども見ることでその企業がどういう方向性を目指しているのかを知り、他の就活生と差をつけていきましょう。食品業界を目指す皆さんを応援しています!

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!



業界研究の方法の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ