出版業界のインターンって何するの?時期や選考、業務内容について

編集者になって作家さんと仕事がしたい、子どもが読みたくなる本を作りたい、個性的なファッション誌を手がけたい...など、出版業界に就職したい学生は多いのではないでしょうか。そんな願望を実際に体験し、学べるのがインターンシップです。しかし、出版業界のインターンシップは応募者が多く狭き門だと言われています。そこで本記事では、倍率の高い理由からインターン実施内容、選考時期や対策までを解説していきます!

出版業界のインターンって何するの?時期や選考、業務内容について
目次

出版業界インターンシップの倍率が高い理由

長期にしても、短期にしても、出版業界のインターンシップの倍率は非常に高くなっています。このような傾向が見られるのはなぜでしょうか。

学生から人気がある

出版業界は毎年、就活生から高い人気を誇っています。1990年代末から言われている出版不況が止まることはなく市場は縮小し続けていますが、学生の人気と相関はないようです。不動の学生人気は、倍率を高めている大きな要因の一つと言えます。

募集企業が少ない

出版業界は、インターンシップを実施する企業が少ない傾向にあります。理由としては、業務が複雑で難しいこと、ある程度のスキルが必要な作業が多いことなどが挙げられます。仕事を体験するにしても、短い時間では再現しにくかったり、逆に長期になると責任ある業務を学生に任せられなかったりする問題が出てきてしまうのです。加えて、出版社のそもそもの母数が少ないことも関係しているでしょう。こういった募集数の少なさが、出版社インターンを狭き門にしていると考えられます。

出版業界のインターンは何をするのか

出版業界のインターンシップの具体的な業務内容をご紹介します。

1Day・短期インターンシップの場合

1Day・短期インターンシップでは、まず始めに「編集の仕事とは?」「出版業界について」といった基本的な知識を学ぶところから入ります。その後は1Dayインターンであれば、編集者や映像プロデューサーの業務に繋がる簡単なワークショップ、事業説明などが行われることが多くなっています。2〜4日間程の短期インターンだと、雑誌/書籍の企画立案の体験や、編集から営業・Webプロモーションまで実務に近い体験ができるかもしれません。

長期インターンシップ場合

長期インターンシップでは、編集アシスタント、ライター、メディア担当、営業アシスタント、運営サポート事務、というように特定の役割を任されることになるでしょう。出版社の業務で代表的な「編集」に携われることはあまり多くないですが、例えば営業アシスタントや事務といった仕事でも、出版社の空気感や書籍が作られるまでの流れなどを学ぶことはできます。
どうしても「編集」のインターンがしたいという学生は、大手企業に絞らず、中小企業やベンチャー・スタートアップ企業、また紙媒体でなくWebメディアを運営する企業のインターンも視野に入れると見つかりやすくなります。

選考について

出版業界はインターンシップの募集時期、選考の内容に特殊な傾向があります。

募集する時期

短期インターンシップについては、他業界の大半の企業も募集を開始する「夏」や「秋」に、同じように参加者を募り始めます。その一方で異なる点は、募集期間が長いことです。そのため、開催する時期は「夏の終わり頃から秋にかけて」、または「冬」までずれ込む形になっています。
長期インターンシップについては、時期を限らず不定期で募集がかけられています。始めに触れた通り募集企業はあまり見られないため、各社のホームページやインターンシップサイトを定期的に確認する必要がありそうです。

選考対策

出版業界のESや面接では、「企画力」を必要とした質問がなされることが多いようです。全ての企業が当てはまる訳ではありませんがインターンシップの選考であっても、具体的にどんな本を作ってみたいのか、好きな作家を売り出すためにどんな企画を立てるかなど踏み込んだ質問を受けることが予想されます。普段は中身にばかり目がいってしまうところを、表紙のビジュアルやタイトル・見出しの文章にも意識を向けてみたり、実際に写真を切り抜いて雑誌を作ってみたりして、企画作りに慣れておくと有利かもしれません。
また、幅広いジャンルの書籍を読むことをおすすめします。出版業界のインターンシップ選考を受けるにあたり、「書籍」に興味があることは前提になっていると言えます。小説だけ、マンガだけというように特定のものばかり読むという人は、その他のジャンルも積極的に読んでおきましょう。面接官が尋ねるどのジャンルにも反応できる準備をしておけば、楽しく会話ができ、好印象を持ってもらえます。

最後に

出版業界のインターンシップは倍率が高いかつ、選考の時期や内容も特殊です。計画的に応募することや、日頃から作り手視点を持って様々な書籍に触れることが選考通過の近道ではないでしょうか。

インターンシップを探す

facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ