モラトリアム期間と言われる大学生時代にやっておきたいこと

就職活動を前にすると、「これをやっておけば良かった」と思うことが必ず出てきます。
就職活動やインターンシップなどの面接では、自分が今までやってきたことについて様々な角度から質問されます。よく、「大学時代はモラトリアム期間。思いっきり遊んでおけ」というようなことが言われますが、それは「何もせずにボーッと過ごしていればいいのだ」という意味ではありません。「好きなこと・面白いことを時間がある大学生のうちにやっておいた方がいい」ということです。それが、社会人になってから様々な場面で生きてくるからです。
就職をした後は、大学生ほど自由な時間を持つことは難しくなります。学生のうちだからこそできる、やっておくべきことをご紹介します。

大学キャンパス

モラトリアムとは

モラトリアムという言葉には様々な定義がありますが、ここでは学生などが社会に出て一人前の人間になることを猶予されている状態のことを指しています。もともとは心理学者のエリクソンによって導入された概念で、「大人になるために必要で、社会的にも認められた猶予期間」という意味です。
社会に出て働く前の準備期間である大学生。「こう過ごさなければならない」ということは決まっておらず、自分の好きなように過ごすことができます。その期間に何をすべきなのでしょうか。社会人になってから思う、大学時代にやるべきことをご紹介します。

すべきこと①学問に没頭する

「あの時勉強しておけば良かった」「なぜ自分は遊んでばかりいたのだろう」
社会人になると、意外とこう思うことは多いものです。大学時代に勉強することは社会に出ても役に立たないと感じるものばかりです。しかしそれは、学問は即効性がないものだから。今役に立たないように思えるものも、教養として身につけておくかおかないかで、社会人になると大きな差が生まれてきます。そして意外と侮れないのが、レポートや論述式の試験で鍛えられる「論理的に述べる力」です。この力は就職活動でも重宝します。これは、適当にインターネット上の情報をコピペしたり、友達のノートを写してその場を乗り切ったりしていては身に付きません。地道に学問と向き合うことで身についていくものです。
すぐに役に立たないものを4年間も真剣に勉強するなんていう機会は大学生活を逃すともう一生ありません。ぜひ今だからできる学問に没頭してみましょう。

すべきこと②広く深く読書をする

読書はとても時間がかかる行為です。読書がもともとの趣味という人なら社会人になっても読み続けられますが、仕事をしていると「仕事に関係のある本」に手が伸びがちです。それは悪いことではないですが、どうしても知識が偏ってしまいます。
大学図書館には、多種多様な本があります。興味があまりない本でも無料で読むことができるというのはある種大学生の特権です。ぜひ時間があるうちに、いろいろな本に触れていくことをおすすめします。自分の専門以外の本をつまみ読みして、「こんな世界もあるのか。でもやっぱり面白くないな」と思うのも一つの経験です。
また、今までは手を出しづらかった哲学書や純文学の名作を読み耽ってみるのも良いでしょう。深く本を読んで自分と向き合う体験をすることは、きっと将来の糧になりますよ。それに、社会人になって「こころ」も「人間失格」も読んだことないというのはちょっと恥ずかしかったりもします。

すべきこと③1人で旅に出る

大学時代の旅は社会人になっても鮮明に記憶に残ります。ぜひ時間を贅沢に使えるうちに旅に出かけてみてください。日本でできない経験は、若い感受性に突き刺さってくるはずです。その感覚は自分にとって良い経験になります。特に、1人で旅に出る経験をしてみることをおすすめします。友達と一緒の旅ももちろん楽しいですが、1人で旅をすると自分のことを考える時間が増えます。移動の時間やご飯を食べる時など、普段はなかなか持つことの出来ない自分を見つめ直す時間になります。
また、1人で旅をすることで、現地の人と交流する機会が増えます。道を尋ねたり、駅員さんに質問したり・・・現地の人に助けてもらいながら自分の力で乗り切った経験は、将来役に立つはずです。

すべきこと④アルバイトでお金を稼ぐ経験をする

大学生にとってのアルバイトは、種類がたくさんあります。どれを選ぶのも自由ですが、社会に出る前に働いてお金を得るということはどういうことなのかを経験しておいた方が良いでしょう。お客さんからのクレームなど、嫌なことや理不尽なことも絶対に経験します。そういう時こそ、お金を稼ぐ大変さを肌で感じることができるはずです。
また、アルバイト先で様々な価値観を持っている人に出会えるというのも魅力です。社員の人、フリーター、主婦、他大学の学生など、色々なコミュニティから人が集まっています。アルバイトをすることで、自分の世界を閉じることなく価値観を広げていくチャンスを得られます。

すべきこと⑤一生付き合える友達をつくる

社会人になると、どうしても仕事上の付き合いが増えていき、利害関係がない本当の友達というのは作りづらくなります。サークルや部活などにも積極的に参加して、一生付き合える友達をつくることをおすすめします。仕事をしていて辛いことがあった時に、大学時代の友達を頼ることは多いものですよ。
しかし、友達は無理やりつくろうと思っても難しいのも事実。アルバイトなど、人と出会う場に参加する姿勢が大切です。就職活動の時のインターンシップでは、同じ業界に興味を持っている(価値観の似通っている)人と出会えるので参加してみるのも良いでしょう。

まとめ

「モラトリアム期間と言われる大学生時代にやっておきたいこと」をご紹介しました。 社会人になると、「大学時代にこれをやっておけば良かった」「大学生に戻りたいな」と思うものです。就職活動が本格的になる前に、モラトリアム期間でやりたいことを思いっきりやっておきましょう!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ
内定者のES(エントリーシート)&選考レポート一覧

内定者のエントリーシートと選考レポートの一覧です! 金融、マスコミ、総合商社、メーカー、外資コンサル、通信やITなど各業界の人気大手企業や急成長中のベンチャー企業など、250社以上の内...

続きを読む
就活エントリー締切カレンダー

人気企業の応募・エントリーシート(ES)提出等の締切日を日付順にまとめています。 まだまだ18卒の秋採用などのエントリー締切もありますし、19卒も外資系などの早い企業はエントリー受付開...

続きを読む
インターンシップ体験談一覧

インターンシップに実際に参加した学生の体験談を掲載しています! 参加した理由やきっかけ、参加に向けて準備したことや選考内容、そして実際に体験した内容とそこから得たものなど、気になる情報をま...

続きを読む
19卒必見!厳選インターンシップ締切カレンダー2017年版

厳選された人気企業のインターンシップ募集締切日をカレンダーにまとめました。2019卒の大学3年生対象の短期インターンや内定直結の外資系企業サマーインターン、学年不問のおすすめインターン等...

続きを読む
就活イベントまとめ【合同説明会、就職セミナー】

全国の就活イベントを日付順にまとめました。 全国で色々な就活イベント、合説が行われているけれど、いつどこで何のイベントが行われているのかわからない方、調べるのが面倒という方、必見で...

続きを読む