就活でSNSをやっていないと不利になることってあるの?

面接などでSNSをやっているか聞かれることはよくありますが、チェックされたくなくて「やっていません」と答えたい就活性も多いでしょう。そこで就活でSNSをやっていないことで、選考にどのような影響があるのかご紹介します!
SNSは便利なITツールですが、言動次第では悪い印象を与えてしまうので、ネットリテラシーを持ち上手く活用しましょう。

就活でSNSをやっていないと不利になることってあるの?
目次

SNSは合否に直接影響を与えない

SNSのフォロワー数が多いから就活に有利になったり、SNSをやっていないからといって不利になったりするわけではありません。企業によっては多少有利になるところもありかもしれませんが、合否を大きく決めるのは面接での受け答えやマナーです。面接に向けて入念な準備をして、採用担当に良い印象を与えられるようにしましょう。

言動次第で悪い印象を与えることも

就活をやっていないことが選考に大きな影響はありませんが、言動次第では面接前に悪い印象を与えてしまうこともあります。過激な内容の投稿や動画・画像が人事に発見された場合、面接を始める前にモラルがない、情報漏洩しそうなどの悪い印象を与えてしまうことがあります。悪ふざけの動画が炎上し、内定が取り消されるなんて事例もあります。SNSは自分の考えを自由に発信できる場ではありますが、それが悪い方向に転ぶこともあるので、SNSを利用している・これから利用しようとしている人は投稿する内容に十分注意しましょう。

SNSをやるメリット

面接前に悪い印象を与えてしまうこともあるSNSはやらない方がいいのでしょうか。確かにモラルに欠けた投稿などは就活に悪影響を及ぼしますが、正しく利用し、やましいことをしていなければ、就活に影響はありません。SNSを広告戦略等で利用するところもあるので、仕組みは理解しておいた方がいいです。 SNSを利用するメリットもあるので、正しい知識を持って活用しましょう。

情報収集ができる

就活生の中には情報収集するための就活専用アカウントを作成している人もいます。
多くの企業がSNSのアカウントを作成しており、そこでイベントや説明会の告知をすることがあります。大手就活情報サイトに掲載されていない中小企業などを新たに見つけることもできるのがSNSの長所です。
SNSで発信する情報は企業HPに掲載されているものより理解しやすく、要点がまとめられた情報を入手しやすいです。

流行やトレンドを把握できる

消費者の流行やトレンドを把握することはマーケティング職などにおいて重要なことです。SNSをやっていないことで流行に興味がない印象を与えてしまうこともあるので、注意が必要です。
SNSは様々な人が利用しており、普段自分と関わりのない層の間でどのようなことが流行っているかなども知ることができます。広告戦略でSNSを活用している企業も多いので、志望職種次第ではSNSを始めることを検討してみてはいかがでしょうか。

最後に

いかがでしたでしょうか。採用担当が就活生のSNSをチェックすることはよくあることですが、SNSをやっていないということで選考に落ちるということはありません。
マーケティング職など流行を把握する必要がある職種を志望している人は、SNSを始めるといいでしょう。
SNSを利用している人は正しい知識を持って利用し、就活に活用しましょう!


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ