バリュークリエーションの短期インターン体験談

デジタルマーケティング会社でありながら自社で化粧品も提供している異色のマーケティング会社、バリュークリエーション株式会社の短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

バリュークリエーション インターン体験談

バリュークリエーション短期インターンシップ<考動成長期>体験談

インターン、学生情報

企業名 バリュークリエーション株式会社
参加期間 2日間
参加時期 大学3年生の10月
職種 総合職
大学名、学部名 明治大学 商学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

インターンシップに参加したきっかけは大学でマーケティングを専攻して学んでおり、それを実際にどこまで学べているのか試す機会としてインターンシップに参加しようと思いました。 バリュークリエーションを選んだ理由は友人が前にここのインターンシップに参加してすごくためになったし、楽しかったと言っていたからです。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

インターンシップ参加前の選考ではグループディスカッションとグループ面接を行った。 グループ面接はグループディスカッションのすぐ後に行われます。 グループディスカッションのテーマは『「考える前に動く」か「動く前に考える」のどちらか一方を選びその理由をチームで考えて発表せよ』というものです。 面接は特に対策が必要なく雑談形式で行われます。

インターンシップで体験した仕事内容

〇全体の流れ
インターンシップは全2日間全体を通じグループに分かれ、ゲーム形式で行われます。
1日目:午前中はアイスブレイクをします、午後は商品のプロモーションを考えます、夕方から新製品提案を行います。
2日目:制限時間までにフィールドワークと昨日の新製品提案の改善案を提出するという2つの課題を達成することを要求されます。時間配分は各班に一任されています。

〇グループワークに関して
アイスブレイクは体を使う課題から模擬裁判まで多岐にわたります。
商品のプロモーションは実際にバリュークリエーションが解決した課題を追体験する形のものです。
新製品提案についてはぶっ飛んだ設定をどう現実的な案に落とし込んでいき、納得感のある提案をするかが勝負の分かれ目になります。ここではバリュークリエーションの社員がメンターとして1チームに1人つきます。 フィールドワークでは詳しいことは言えませんが会場周辺を歩き回り、あるものを集めます。
チーム編成は6名の班が6つありました。

インターンシップで得たものや成長できた点、感想など

このインターンシップを通じて得たものは貴重な仲間です。 10月にインターンシップをしたのですが、今でもその時に仲良くなったメンバーと連絡を取り合っていますし、飲みにも行きます。 全体を通してとても楽しく、会社の雰囲気がいい意味でよくわかるインターンシップになっています。
このインターンシップに参加すると後日、本選考の案内が届きます。

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の業界、その理由について

バリュークリエーションはWEBマーケティングを行う会社なのですが、インターンシップを通じてWEBマーケティングの面白さが伝わってきました。 このままマーケティング業界を中心に就職活動をしていくつもりです。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

このインターンシップは就活を楽しんでみたい!という学生にオススメです。 代表取締役がこの2日間平日にもかかわらず、常に後ろで控えていることからもバリュークリエーションのインターンシップへの本気度がうかがえます。


facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
リクルーター面談とはどんなもの?逆質問は何を聞く?

就活の時期になると「リクルーター」や「リクルーター面談(リクルーター面接)」、「リク面」という言葉を耳にすることがあります。これらはどういう意味なのか、普通の選考と何が違うのか、どんな準備...

続きを読む
インテージの短期インターン体験談

国内No.1のマーケティング・リサーチを誇るデータマーケティングのプロ、 株式会社インテージの短期インターンシップ体験談です。 短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考...

続きを読む
興味のないインターンにも参加した方がいいのか?

インターンシップも含めた就活の相談を受けていると、よく出てくる質問として「知らないもしくは興味のない企業のインターンシップでも参加した方がいいのか?」というものがあります。今回は、その疑問に...

続きを読む