みずほフィナンシャルグループのインターンシップ体験談

みずほフィナンシャルグループの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2019卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名みずほフィナンシャルグループ
参加期間5日間
参加時期大学3年生の2月
大学名、学部名早稲田大学、政治経済学部
卒業予定年2019年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私はもともと金融に関心があり、メガバンクのインターンには行きたいとは思っていました。特にみずほは、メガバンクの中でも「One MIZUHO」戦略を掲げており、銀行・証券・信託間の人材交流が盛んという事を説明会で聞き、将来的なキャリアプランも面白そうだと考え、参加を決意しました。また、説明会の後に社員さんに個人的に話しかけに行ったさい、社員さんの雰囲気がメガバンクの中で一番穏やかであったこともきっかけだと思います。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

ガクチカの掘り下げ

ES、面接の内容

面接では「学生時代に頑張ったこと」を聞かれました。自分がしたことに対する成果ではなく、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2018卒,冬)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社みずほフィナンシャルグループ
インターンシップ名REAL BANKER'S INTERNSHIP
参加期間5日間
参加時期大学三年生の冬
職種法人営業
大学名、学部名早稲田大学
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

インターネット上でインターンシップ参加により選考が有利になるという情報を見たのがきっかけ。その後調べていくうちに、銀行の法人営業が総合的な金融コンサルであることを理解した。そして実際にその現場に触れてみたいと思ったのが実際に話した志望理由だった。また、私自身の就活の軸としてあった大企業や知名度、福利厚生などが担保されている大企業であったため志望度があった。銀行以外でも業種に限らず多くのインターンシップを見ていた。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

自己分析、業界分析、志望理由

ES、面接の内容

基本的な学生時代頑張ったことなどが聞かれた。目を見てはきはきと話せれば良いと思う。業界研究を深堀というよりかは、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2018卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社みずほフィナンシャルグループ
参加期間5日間
参加時期大学3年生の2月
大学名、学部名慶應義塾大学商学部
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

銀行業界の業務の体感が出来るという基準でインターンシップを選びました。中でもメガバンクに関心があったのでインターンシップに参加しました。他には金融業界を中心にメーカーを受けました。
エントリーシートについては端的に分かりやすく書くことが必要で、グループディスカッションや個人面接では論理的な思考力が求められました。参加者は60人ほどのため、金融業界や特にメガバンクに興味のある学生は参加して欲しいと思います。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

エントリーシートの添削をしました。

ES、面接の内容

エントリーシートの設問は4つで、インターンシップに応募した動機について、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2018卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社みずほフィナンシャルグループ
参加期間5日
参加時期大学3年生の2月
インターンシップ職種総合職
大学名、学部名早稲田大学社会科学部
卒業予定年2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

就職活動が本格化するまえに、多くの学生が受けるという銀行業界への理解を深めたいと思いました。また、ほとんど面接やグループディスカッションをしたことがなかったため、練習にと思い受けました。実際、インターンシップに参加している学生の多くは金融業界を幅広く検討していて、そのなかの一つとして銀行にも興味がある人が多かったように思います。銀行業のなかでは、三菱は選考に有利にならない事、三井住友は冬のインターンを行っていなかった事からみずほのインターンシップへの参加を志望しました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

自己分析を行い、なぜ銀行業界・みずほに興味があるのかを理由づけました。

ES、面接の内容

ESの内容は志望動機・みずほに対する印象・みずほについて知っている事・力をいれてとりくんだ事、

みずほフィナンシャルグループのインターンシップ(2017卒,2月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社みずほフィナンシャルグループ
参加期間1週間
参加時期2月
大学名、学部名慶應大学文学部
卒業予定年2017年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

就職活動に対して真剣な態度を取っておらず、私自身、就活に不安を抱いていました。
周りの友人がインターンシップに数多く参加していたので、焦っていました。そんな中、私もインターンシップに参加してみようと思い、とにかく聞いたことがある企業にエントリーして実際に面接を受けてみました。その過程でみずほファイナンシャルグループという企業が存在し、私自身良く耳にしていたので参加することを決意しました。インターンシップに参加する学生の中には強い志望動機を持っている人もいますが、私は就職活動に対して明確なイメージが抱かなかったので参加してみようと思った次第です。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

グループディスカッションがあったので友人と協力して、経験を積みました。

ES、面接の内容

エントリーシートでは、みずほのインターンシップに対する志望動機やみずほの印象について問われました。また、


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ