アクセンチュアのインターンシップ体験談

アクセンチュアのサマーインターン、短期インターンシップ体験談です。
サマーインターン、短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!
インターンシップ体験談一覧

アクセンチュアインターンシップ体験談

アクセンチュアの「戦略コンサルタント育成プログラム」(2018卒,8月①)インターンシップ

インターン、学生情報

企業名 アクセンチュア
インターン名 戦略コンサルタント育成プログラム
参加期間 3日間
参加時期 大学三年の8月(サマーインターン)
職種 コンサルタント
大学名、学部名 東京大学法学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

知人が働いており、就活を始めたばかりの私にコンサルティング業界も検討してみてはどうかと勧められたから。その際、規模が大きく国内での存在感もあるアクセンチュアがどのようなことをしている会社なのかを、夏の段階で知ることで、コンサルティング業界を知る/コンサルティング業界を志望している他の学生について知る一助となると考えた。また、ウェブテストやグループディスカッション、面接などに慣れておくことにも意義を感じたため。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にないが、インターンシップの体験談や過去のグループディスカッションの様子などをネットで調べて選考の流れを確認した。ウェブテストについては特段の準備はしなかった(事前準備ではないかもしれないが、指定のブラウザなどがあるためテスト受験の締切日時からは余裕を持って受験をするべきだと感じた)。選考過程で不明な点や不安な点が出てきたらすぐに新卒採用担当の方に聞くようにしていた。自分自身と同様に、グループディスカッションや面接がほとんど初めての人ばかりなのであまり気構えずに行った。

インターンシップで体験した仕事内容

グループ分けをされた上で、同じお題について各グループで分析し答えを出した。グループにはそれぞれ必ず女子が1名いた。(逆に言うなら、女子が2名や0名ということはありえないようになっていた)プログラム自体は3日間だが、毎日どこかしらのタイミングで「新入社員の働き方」や「次世代に注目すべき業種・業界・技術」や「コンサルタントとしての基本的な考え方のフレームワーク」などのセミナーが用意されていたため、実際にワークだけに集中することのできた時間は限られていた。コンサルタントが日頃行う業務を模した問題設定であり、「○年後までに目標額は幾ら」ということは指定されていたが、どの国や地域にどのような戦略のもとで注力していくのか、また、どのような製品や技術を売りにしていくのか(同時に、それらはなぜ優位性を持つのか)やかかるであろうコストはどの程度なのかを実際に概算した上で論理を組み立てていくことが求められた。

インターンシップで得たものや成長できた点

この、アクセンチュアでのインターンシップが初めてのインターンシップ経験だったため、そもそも選考の流れやグループディスカッションの進行方法も知らない状態からたくさんのことを学んだ期間となった。企業の業績を実際に読み解くことや、それらをわかりやすくExcelにまとめること、ホワイトボードを有効に使ってグループ内の話し合いを円滑に進めることなどは、同じグループにいた他の学生から大いに学んだ点だった。同時に、Excelの習熟などは独力で時間をかけるべきだと痛感した。

インターンシップ参加後の現在興味がある(決まっている場合は就職予定の)業界、その理由について

アクセンチュアとは別のコンサルティングファームの内定を得ており、そこへ就職する予定。アクセンチュアのインターンシップを通じてコンサルティングファームの業務や雰囲気、また違和感や疑問点を少しづつ得ることになったため、インターンシップ終了後に他のファームも検討した。

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

特に早期就活と呼ばれる、5月から8月ごろの期間のインターンシップは選考と直結している企業もありますし、就活を始めたばかりでは不安なことやこの先自分が一体どうなっていくのか全く見当のつかない怖さがあるかと思います。しかし理不尽なことは起きませんし、企業の担当者さんも周りの学生も助けてくれることと思います。早い時期には皆手さぐりで、かつまだ時間はたくさんあると考え、あまり気負わずに、その業種を見学に行くくらいの気持ちでいるほうがいいのではないでしょうか。

アクセンチュアの「戦略コンサルタント育成プログラム」(2018卒,8月②)インターンシップ

インターン、学生情報

企業名 アクセンチュア株式会社
インターンシップ名 戦略コンサルタント育成プログラム
参加期間 3日間
参加時期 大学3年生の8月
職種 戦略コンサルタント
大学名、学部名 慶應義塾大学経済学部
卒業予定年 2018年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

私が戦略コンサルタントのキャリアに魅力を感じる理由は3つあります。 1つめは、自己成長の質が高く、速度が速いことです。コンサルティング業界では短期間でプロジェクトを多数経験するので、他業界よりも速い速度でインプット・アウトプットを繰り返す機会が多く、またプロジェクトを通して経営の根幹に関わる、影響力の大きく質の高い経験を積むことが出来るため、質速度共に自己成長の速度を速める結果に繋がると考えています。2つめは、社会への影響力です。プロジェクトを通して数多くの企業の戦略や変革に関わり、多種多様の業種や業界に関わることで、経済界にビジネスの方面から大きなインパクトを与えることが出来ると考えます。戦略コンサルタントは一個人の力で大きな影響力を社会に与える点で魅力に感じます。3つめはやりがいが大きいことです。私は近年、社会が非常に複雑な状況になっている中で、多角的な見解を持ち問題を解決することの重要さを感じております。戦略コンサルタントとして、多次元的な目線や論理的思考から生まれるアイデアひとつで企業や社会の未来を大きく左右することができれば、大きなやりがいを感じられ自信につながると考えます。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

WEBテスト、GD対策

ES、面接の内容

【ES】 1.戦略コンサルタントの仕事・キャリアに興味をお持ちの理由をご記入ください。(400文字以上500文字以下)
2.戦略コンサルタント育成プログラムでは主にグループワークを通じて学びを深めていただきます。あなたがどんな風にグループワークに貢献できるか、過去の実績を元に説明してください。(400文字以上500文字以下)
【WEBテスト】
玉手箱形式
【GD】
学生8人、面接官1人で、鉄道の混雑解消策について30分、その後簡単に発表
【面接】
ケース筆記15分、その後面接官と1対1でケースについて発表10分+志望動機、逆質問20分

インターンシップで体験した仕事内容

1グループ5人×6グループで、ある企業の売上増加戦略を考える。
資料はその企業の有価証券報告書、アニュアルレポートが配布され、1グループに1人現役コンサルタントのメンターがつく(多忙な社員の場合は複数名で交代のこともあった)。
1日目、2日目は講義+グループワーク、3日目はマネージャークラスの前で20分程度で発表する。ワークでは大量の情報に目を通し、業界全体の動向なども考えながら戦略案を考えなくてはならないため、時間的余裕がなかった。グループによっては作業時間後もカフェなどに集まってプレゼン準備をしているところもあった。
プログラムでは論理的、定量的かつスピーディにアウトプットすることが常に求められ、コンサルタントという職業の特色などがよく分かる内容であった。また参加学生は他の難関と呼ばれるインターンにも参加するような優秀な人が多く、そのような高いレベルの中でワークを進めることは良い意味で刺激的だった。

会員登録してインターンシップ体験談を見よう!
これより先をお読みになる場合には会員登録/ログインが必要です。
ログインbox背景

facebookでシェア twitterでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
大学生おすすめコンテンツ