インターンの説明会の服装は何にすべき?私服でもOK?

インターン説明会とは実際に働く社員の声やインターンの内容、詳しい事業内容を聞くことができるイベントです。スーツ指定の場合も多いですが服装に指定がない場合は、スーツやオフィスカジュアルが適した服装といえるでしょう。インターン説明会での服装のポイントを解説します。

目次

インターン説明会とは

学生が企業の業務を体験できる「インターンシップ」。企業研究を進められるだけでなく、選考に有利になることもあるためたくさんの学生が参加しています。そんなインターンシップを紹介するのがインターン説明会です。複数の企業が合同で行うことが多く、それまで知らなかった企業と出会える場でもあります。

具体的には、「企業説明」「業界説明」「インターンの募集要項・日程」について聞くことができます。企業ごとのブースが並んでおり、20分程度のサイクルで説明が行われます。1日でたくさんの企業の話を聞いてまわることができて、空いた時間に社員の方にインターンやその企業について質問をすることも可能です。

インターン説明会の服装は?

インターン説明会に適した服装とはどんなものでしょうか。一般的に説明会の服装は「スーツ着用」「私服OK」「服装自由」とされていることが多いです。ただし「私服OK」「服装自由」という場合でも企業側は普段着ではなくオフィスカジュアルを想定していることが多いので注意が必要です。

スーツかオフィスカジュアルがベスト

インターン説明会では、リクルートスーツかオフィスカジュアルを着用するのがおすすめです。服装自由の場合でもスーツで参加する学生は多いため浮くことはありません。就活の一環であることを忘れずに、清潔感を意識した落ち着いた服装にしましょう。

迷ったらスーツが無難

服装に迷った場合は、リクルートスーツで行けば間違いありません。新型コロナウイルス流行によるオンライン化により、対面の大学イベントや就活イベントが減っています。あまりスーツを着る機会がなかったという学生も少なくないと思います。

よれよれのスーツだと清潔感がないという印象を与えてしまいますので、ここでスーツのマナーを確認しておきましょう。

【男女共通】
・折り目をしっかりつける
スーツは着る時間が長いとプリーツや折り目が緩くなってしまいます。アイロンを使ってしっかり整えておきましょう。

・ほこりや毛は取っておく
リクルートスーツは黒なのでほこりやペットの毛などは目立ちやすいです。

・ポケットにモノを入れすぎない
スーツはシルエットが重要です。ポケットが膨らんでいると見栄えが悪くなります。特に普段カバンを持つ習慣が無い人は無意識にポケットにモノを入れてしまうので注意しておきましょう。

【男性】
・1番下のボタンはかけない
ボタンの数に関わらず一番下のボタンはかけないのがマナーです。よりシルエットがきれいに見えます。

・ベルトは黒かブラウン
スーツはきちんとしていてもベルトがカジュアル過ぎたり、ぼろぼろになっていると台無しです。派手すぎないシンプルなものを選びましょう。

【女性】
・ボタンは全て閉める
男性と違って女性のスーツのボタンは全て閉めるのがマナーです。

・スカートは膝丈
スカート丈は座ったときに中が見えない程度にしましょう。

・ストッキングは肌に合った自然な色
できるだけ不自然にならないように肌に合った色のストッキングを選びましょう。ストッキングは破れやすいので予備をカバンに入れておくと安心です。

髪型にも気を遣おう

服装と合わせて髪型も大事な要素です。ぼさぼさだったり髪がはねたりしているとだらしない印象になってしまいます。髪色が明るかったり目元や耳に髪がかかっているとマイナスな印象になります。男性はひげの処理、女性はメイクの濃さなどにも注意し、身だしなみに気をつかっておきましょう。

オフィスカジュアルとは

インターン説明会に適した服装としておすすめしたオフィスカジュアルですが、馴染みのない大学生も多いと思います。オフィスカジュアルのポイントとNG例をみていきましょう。

オフィスカジュアルのポイント

オフィスカジュアルとは「オフィスでの仕事にふさわしいカジュアルな装い」のことです。フォーマル過ぎずカジュアル過ぎない服装である必要があります。

基本はシャツ・ブラウス+スカート・パンツに、ジャケットかカーディガンを合わせます。女性のスカートはロングか膝丈のものがよいでしょう。靴はローヒールのものを選ぶと動きやすいですし、カジュアル過ぎません。男性はノーネクタイでポロシャツや色の入ったシャツなど襟のあるものを選びましょう。

オフィスカジュアルのNG例

・露出が多すぎる
Vネックが深すぎるブラウスやミニスカートなどは露出が多くオフィスカジュアルには適しません。男性でもショート丈のズボンは避けましょう。

・体のラインが出過ぎる
タイトスカートなど体のラインがわかるような服装も適しません。

・デニム生地やスニーカー
デニム生地の服やスニーカー、ダメージジーンズなど過度にカジュアルなものはオフィスカジュアルではNGです。だらしない印象を与えるので避けましょう。

私服指定の場合は私服で

まれにアパレル業界やベンチャー企業のインターン説明会では「私服指定」「私服でお越しください」とされている場合があります。この場合はスーツを着ていくと逆に失礼にあたるので私服で行きましょう。ただし過度の露出や派手すぎる服装は避けて、清潔感があって落ち着いた服を選ぶようにします。

最後に

インターン説明会に適した服装はリクルートスーツかオフィスカジュアルです。まだ説明会だからと気を抜かずに、マナーを意識した服装、清潔感のある身だしなみを心がけてください。



このコラムを読んだ人はこんなコラムも読んでいます
大学生おすすめコンテンツ