ポーラのインターンシップ体験談

ポーラの短期インターンシップ体験談です。
短期インターンシップへの参加を検討している学生は、ぜひ参考にしてみてください!

インターンシップ体験談一覧

POLA
目次
  • ポーラのインターンシップ(2022卒,12月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等
  • ポーラのインターンシップ(2020卒,1月)体験談
  • ├インターン、学生情報
  • ├インターンシップに参加した理由、きっかけ
  • ├インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと
  • ├ES、面接の内容
  • ├インターンシップで体験した仕事内容
  • ├インターンシップで得たものや成長できた点
  • ├インターンシップの報酬
  • ├インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について
  • ├このインターンはどんな学生にオススメ?
  • └インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

ポーラのインターンシップ(2022卒,12月)体験談

インターン、学生情報

企業名株式会社ポーラ
インターンシップ名
参加期間1日
参加時期大学3年の12月
職種
大学名、学部名名古屋市立大学・人文社会学部
卒業予定年2022年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

サークルの先輩からポーラのインターンシップのエントリーシートは設問の量と1つ1つの文量が多いから、深い自己分析が求められると聞きました。そのため、今後の就職活動を見据えた時に今以上の自己分析が必要であると考え、ポーラのエントリーシートを書こうと思いました。特に化粧品業界に興味があったわけではなかったですが、作成していく中で企業研究をしていき、次第に事業に興味を抱いたので、インターンシップ自体にも参加したいと思いました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

自己分析。友人やキャリアセンターにも頼って、深い自己分析をしました。

ES、面接の内容

エントリシートの設問は以下の7点です。
①学生時代あなたが人を

巻き込んで挑戦した事にタイトルをつけてください。(30字)
②取り組んだことの背景と目指す姿があれば教えてください。(400字)
③取り組んだこと、その過程でどんな方を巻き込み、何をしたのかを具体的に教えてください(400字)
④その結果どんな価値を創出しましたか?(具体的な成果や結果等)(400字)
⑤その取り組みから得られたことや学んだことは何ですか?(400字)
⑥今世界であなたしかもっていないアイディアはありますか?※実現可能性や大小問わず、あなたがわくわくする新しいアイディアを教えてください。
⑦上記アイディアの詳細を教えてください。そのアイディアは何にどんな影響をもたらしますか?

インターンシップで体験した仕事内容

新型コロナウイルスによって対面販売が困難になっている現状に対してお客様との新しい関わり方を考えるグループワークを行いました。お客さまとの対面販売に強みを持っているポーラが今後、どのようにしてお客さまと接点を持ちながら顧客のために働くかを考えることが求められます。簡単に言えば新規事業の立案を行います。
ワーク自体は1時間で、途中に人事以外の社員の方からフィードバックを貰う時間があり、そのフィードバックを参考にしながら残りの時間のグループワークを進めていきます。学生を5つのグループに分け、各グループごとに案を詰めていく。グループワーク終了後にプレゼンを各グループ5分で行う。発表後に人事部長からフィードバックを貰える。
ホテルを作る・ジムを作るなど化粧品ビジネスだけに留まらない幅広いフィールドに事業を展開しようと思案するグループが多かったです。エントリシートの設問で「世界中であなただけしか考えていないこと」についての記述欄があったので、社会に対しての関心があるかどうか・広いアンテナを持ち、何事にも自分なりの考えを持っているかを見られていると思います。ワークでも独創性が求められるので、独自視点で物事を捉えられる人が評価されると思います。

インターンシップで得たものや成長できた点

終始「個性を大事にする」という姿勢は強く感じていて、会社のvisionであるSALのLoveでもひとり1人を想うことが掲げられていたり、100周年に向けて『誰もが「美しく生きる」ことができる社会』の実現を目指している点、本選考時にも私服での参加が求められるなど形式にハマらない自由な風潮は感じることが出来た。また前例踏襲はせず、常に新しい価値を創造することに注力している点を社員の話から伺うことが出来た。

インターンシップの報酬

本選考時のグループディスカッションが免除される。

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

素材メーカーに就職する予定です。
元々社会基盤を支えたいという想いがあり、素材はどの製品を作るうえでも必要であるため、幅広く多様な領域で活躍できると考えました。自分の働きが可視化しにくいが、その反面縁の下の力持ちとして活躍できる点に魅力を感じました。

このインターンはどんな学生にオススメ?

同社の企業研究をしたい人、独創性のあるものを生み出したい人

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

グループワーク後にチーム全体だけでなく、個人に対してもフィードバックがあったので自身の言動を客観的に分析することが出来ました。また、競合他社と比べた際のポーラの特徴が数多く説明されていたので、企業研究にとても役立ちました。
また本選考時に優遇されるので、志望度が高い学生は参加するべきです。また何事にも自分の意見を持っておくとエントリーシートの通過率、グループワークでのアクティブさが高まるのと思います。

ポーラのインターンシップ(2020卒,1月)体験談

インターン、学生情報

企業名POLA
インターンシップ名総合職Scienceコース
参加期間2days
参加時期修士1回生の1月
職種総合職
卒業予定年2020年

インターンシップに参加した理由、きっかけ

化粧品会社に興味があったこと、エントリーシートだけで選考が完結すること、また冬期の開催で他のインターンシップ選考が落ち着いていたことなどが応募理由です。もともと志望度が高かったわけではないものの、業種の可能性を広げてみたいと考えていました。また、独自の方向性の研究力やコンセプト力に魅力を感じており、志望しました。加えて、インターンに参加すれば本選考の早期ルートがあることもメリットのひとつとしてありました。

インターンシップ参加のための選考や参加に向けて準備したこと

特にありません

ES、面接の内容

あなたを商品化したとします。あなたの商品名と売り文句を教えてください。(100字以内)その理由を教えてください。(300字内)その他

ポーラに対する意気込みや伝えたい想いのある方は自由にご記入ください。

インターンシップで体験した仕事内容

隔日で2日間にわたって行われます。1日目と2日目の間の2週間ほどの期間には、個人ワークとして調べ物をしたり、アンケートを取ったりといったことが求められます。 1日目には企業説明が行われた後、自己紹介を行い、その後GWのテーマが発表されます。2時間ほど話し合ったあと、個人ワークの分担をして解散します。2日目は朝からGWを行いますが、現場社員の方(営業や販促、マーケティング)が2グループにつき1人つき、メンターとしてアドバイスをしていただけます。そして最後に、メンターの社員さんや人事の方に向けて、パワーポイントを用いて発表を行います。それぞれ質疑応答が行われ、社員さんからのFBもあります。
テーマは「POLAが約10年後に目指すべきビジョン案とそれに沿った新商品案、新事業案を考案せよ」というものです。企業説明においてPOLAのDNAをレクチャーされるので、その上に積み上げるものとして何がふさわしいか、新しいものを提案せよというお題です。

インターンシップで得たものや成長できた点

FBがあるので、普段社員の方々がどのような考えをもって仕事をされているのかということを垣間見ることができ、企業理解が深まりました。2daysなので劇的な成長が得られるわけではないですが、単に説明会に参加するよりはよい機会になったと思います。他社インターンのGWよりも抽象的なお題を、少し変わったプロセスで考えていかなければならないのでその点について苦労しました。あう、あわないがあると思うのでそれを見極める場として活用できると思います。

インターンシップの報酬

なし

インターンシップ参加後の現在興味のあるor就職予定の仕事、その理由について

食品業界への就職を決めました。化粧品は利益率が高く、感性や技術力を結集して付加価値づくりを行えることが魅力的でしたが、一方で消費者層が限定的であることと、社員さんの雰囲気がなんとなく合わないと感じたことなどから、あまり志望していませんでした。

このインターンはどんな学生にオススメ?

POLAについて知りたい人、志望度の高い人

インターンシップに関する後輩へのアドバイス等

POLAは未来感のようなものを大切にしています。ユーザーのボーダーレス化を進め、理想を追求するためのおもしろい研究や商品作りを数多くおこなっています。そのため、今回のテーマであるビジョン策定においても、何ができるか?ということではなく、どうしたいか?を大切にしながら議論するように何度も指示されました。今の価値観や実現可能性にとらわれたビジョン案はありきたりで、6チームが発表すると似たようなものばかりという印象でした。常識にとらわれない視点で考えることが大切です。


facebookでシェアtwitterでシェアこのエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ポーラに関する情報


メーカー業界のインターン体験談の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ