【企業研究】日本製鉄の年収ってどれくらい?平均年収や働き方について徹底解説!

日本製鉄は国内最大手の鉄鋼メーカーです。就活生に人気の高い日本製鉄ですが、年収はどれくらいなのでしょうか。平均年収や日本製鉄での働き方など企業研究に役立つ様々な情報を徹底解説します!

目次

日本製鉄の概要と魅力

日本製鉄株式会社とは

日本製鉄株式会社とは東京都千代田区に本社を置く、日本最大手の鉄鋼メーカーです。また国内第1位、世界第3位の生産量を誇っています。新日本製鉄と住友金属が統合した新日鉄住金が2019年4月に商標を変更し、現在の日本製鉄となりました。

日本製鉄グループはは製鉄事業を中核として、鉄づくりを通じて培った技術をもとに、 製鉄、エンジニアリング、ケミカル&マテリアル、システムソリューションの4つの分野で事業を推進しています。日本製鉄は製鉄事業の中核を担っており、原材料を調達・各地の製鉄所で商材を生産し販売しています。日本製鉄は顧客の求める製品をオーダーメイドで提供しています。

日本製鉄の魅力

日本製鉄は、世界的にも高い評価を得ているトップクラスの技術力が強みです。日本を代表する業界のリーディングカンパニーで働けるのは大きな魅力でしょう。

日本製鉄がメインで扱っている鉄は、ビル・鉄道・自動車の素材として使われるなど、現代社会に欠かせないものです。人々の生活を支え社会の役に立っていると実感でき、仕事を通してやりがいを感じられることも多いはずです。

日本製鉄は海外投資を積極的に行っており、海外事務所・現地法人18カ所 生産・販売拠点43カ所と世界中に流通ネットワークを築いています。海外での大規模なプロジェクトも多く、グローバルな環境で仕事をしたいと考えている人には魅力的な環境です。

日本製鉄の年収について

平均年収、職種や役職ごとの年収の具体例、競合他社の年収の比較などを交えて日本製鉄の年収について解説します。

平均年収と初任給

日本製鉄が公開している2019年度の有価証券報告書によると、平均年間給与は6,126,023円と報告されています。つまり日本製鉄会社全体の平均年収は612万円ほどということです。

初任給は公式採用サイトで公開されています。他の企業と同様に最終学歴ごとに初任給に差があります。

・高専卒 190,000円 ・学部卒 213,000円
・修士了 238,000円 ・博士了 302,500円

具体的な役職と年収の例

転職サイト・オープンワークの口コミなどから具体的な役職・職種と年収の例をご紹介します。

・設備技術 在籍10~15年 男性 年収620万円ほど
・技術職 在籍3~5年 男性 年収650万円ほど
・営業職 在籍10~15年 男性 年収800万円ほど
・総合職 在籍3~5年 女性 年収500万円ほど

給与は年功序列型で年々上がっていく仕様になっています。海外勤務になると一気に給与が高くなるという口コミもありました。

競合他社と比較

日本製鉄の競合他社であるJFEホールディングス、神戸製鋼と比較します。各企業の有価証券報告書で報告されている会社全体の平均年収は以下のようになっています。

・日本製鉄 6,126,023円
・JFEホールディングス 10,970,000円
・神戸製鋼 5,696,000円

日本製鉄の福利厚生

独身寮や社宅が嬉しい

日本製鉄の福利厚生については、独身向けの寮や家族向けの社宅に恩恵を感じている口コミが多く見られます。

すべてが新築のきれいな物件というわけではないようですが、格安で住むことができるので、一般的な相場の家賃を払うことを考えるとかなりお得だと感じている人が多いです。

様々な支援制度

育児・介護、医療・健康増進のための「ワークライフサポート制度」があり、一年度につき3万円の支援があります。

体育クラブや施設が充実しており、体育館・グラウンド・球場・プール・トレーニング施設などを利用できるのも運動が好きな人にとっては嬉しい福利厚生です。

出産・育児支援が充実

産前6週間以内・産後8週間以内の休暇の取得が可能で、育児中の社員は時短勤務・在宅勤務制度の利用などが可能となっています。

君津・八幡・大分・名古屋・広畑の製鉄所には24時間対応の保育所があり、今後さらに他の地域にも展開する予定とのことです。

日本製鉄での働き方

実際に働くとしたら年収以外にも、その企業で社員がどのような働き方をしているのか知っておきたいところです。ここでは日本製鉄の働く環境や制度などをご紹介します。

激務の改善、社員を支援する働き方改革

日本製鉄は残業が多く激務であるというイメージが強いと感じる人も少なくありません。しかし近年は残業時間の削減や年休取得の推進など、働く環境の改善を行っています。

大企業らしく福利厚生は整っていて、年休取得が義務付けられているので休みも取りやすくなってきています。最近は社会情勢の影響もあり、テレワークも推進され働き方改革が進んでいます。

国際化教育など充実した研修制度

日本製鉄は「世界最高の技術とものづくりは、人づくりから」という理念のもと、充実した教育・研修制度を備えています。先輩社員がマンツーマンでサポートするコーチャー制度やビジネススキル研修、技術者として各分野の専門的な技術の習得を目指す技術教育プログラムなど様々です。

海外拠点が多いこともあり、国際化教育を目的とした留学派遣制度など海外研修も用意されています。語学スキルや技術研修だけでなく、海外ビジネスを行う上で基礎となる一般的な異文化理解や特定地域の文化・習慣などを学ぶ研修なども利用されています。

大手企業に就職したい!日本製鉄の就職活動対策

日本製鉄は就活生に毎年人気が高く、内定を得るのも難易度が高いです。日本製鉄に就職するために実践すべき選考対策をご紹介します!

選考に直結する日本製鉄主催のイベント参加必須!

プレエントリー後日本製鉄主催又は学内セミナーで選考前にイベントが開催されます。このイベントは日本製鉄を知る場であるとともに、リクルーター面談に繋がるチャンスでもあります。

日本製鉄の選考はリクルーター面談が重視されるので、プレエントリー後は積極的にイベントに参加するようにしましょう。

鬼門のリクルーター面談対策、企業研究と自己分析を徹底的に

日本製鉄の選考では本選考前のリクルーター面談が重要です。複数回行われ人によっては6回も面談を行ったなど、学生の理解を深めようという目的があります。

ESを基に学チカや志望動機をかなり深掘りされるので、企業研究と自己分析を徹底的に行い対策する必要があります。緊迫した雰囲気でも堂々と答えられるように質問の対策をしっかり行いましょう。

日本製鉄のSNSをフォローしておく

多くの企業がSNSで企業情報や就活情報などについて発信をしているので、企業のSNSアカウントがある場合はフォローしておくのがいいでしょう。

日本製鉄も2021年1月から公式のツイッターアカウントでの発信をスタートしており、「鉄の鉄学」というテーマで鉄に関する豆知識や環境への取り組みについて発信しています。

日本製鉄の公式Twitterアカウント:鉄の鉄学(@te2_no_te2gaku)
URL:https://twitter.com/te2_no_te2gaku

身近でありながら詳しくは知らない鉄の魅力などが伝わる投稿がメインとなっています。鉄についての理解が深められるので、業界研究など就活にも役立つと思います。

インターンシップに参加する

日本製鉄はインターンシップを実施しているので、企業や仕事内容についての理解を深めるためにもぜひ参加してみてください。
文系コースと理系コースに分かれていて、内容は社員との座談会やグループワークなどがメインとなっています。

企業を比較するためにも、志望企業だけでなく同業他社のインターンシップにも参加してみるのがいいでしょう。企業の特徴や強みがわかり、志望動機など作成しやすくなります。

最後に

日本製鉄の年収は612万円ほどでした。日本製鉄のような大手企業に就職するには選考までに、より企業理解をする必要があります。日本製鉄ではどんな人が働いているのか、どのような働き方なのか、実際に社員の人から話を聞くとより良い企業研究に繋がります。企業研究としてインターンシップに積極的に参加しましょう!

インターンシップを探す

インターンシップガイド会員登録の特典

  • 検索

    厳選インターン情報

    短期、長期、学年不問などの全国のインターン募集情報を探せる!

  • カレンダー

    締め切りカレンダー

    人気インターン締め切りや就活イベントをカレンダーでチェック!

  • テキスト

    先輩の体験記

    企業毎のインターン体験談や内定者のエントリーシートが読める!

  • メール

    企業からの特別招待

    企業から交通費や選考免除等の嬉しい特典の招待が届くことも!

日本製鉄株式会社(新日鐵住金)の新卒・インターン関連募集
日本製鉄株式会社(新日鐵住金)に関する情報


人気企業の年収の記事一覧
大学生おすすめコンテンツ